夏近し女王の国からこにゃにゃちわ/COLDPLAY A HEAD FULL OF DREAMS TOUR

半年くらい前、お友達のHさんが「東京ドームにコールドプレイがやってくるんですが、乗っかりたい人いたらチケットとりますよ」と声かけてくれてので、ぜひぜひぜひとお願いして取っていただき、昨日行ってきました。風邪が治ってよかった、ほんとうに治ってよかった。間に合ってよかった。

コールドプレイはすきは好きですし、なんとなく彼らのヒット曲も抑えているつもりです。が、どちらかというと、エンタメとしてのステージを見てみたいなという動機が強かった。最近の五輪の開閉式やスーパーボウルのハーフタイムショーなどを見ていると、「このグローバル社会なご時世に世界一周のワールドツアーをやるようなバンドがただ歌って踊って「TOKYO, I LOVE YOU!!!」などといってステージを後にする・・・という単純なことをして済ませるはずがない、見せていただこうじゃござんせんか、COLDPLAY の実力とやらを、という気持ちで伺いました。が、素晴らしかった、本当に素晴らしかった。なんて盛り上げ上手のみなさんなんでしょう、礼儀正しく優しい人達なんでしょう。以下、感想を箇条書きに。

・会場の年齢層はいろいろ。明らかに「奥さんに連れられてきたけどよくわかんない」なお父さんも。がんばって! 目の前の席の丙午生まれな感じのお姉様は2時間ずっと踊ってた。多分、お茶かお花をやってる方、わかる、Tシャツにデニムのスカートだけど、あの後れ毛の処理は和装のもの。お姉さま、すごい。ファンになっちゃった。

・前座はRADWIMPS。前前前世なだけかと思ってたら、まぁまぁなんて楽曲がお上手なんでしょう。姪っ子にラインしたら「なんでーーーーー」という絶叫返信がきた。RADWIMPS、40分やってたけど、あたい、ファンになっちゃったよ。ボーカルの尾崎世界観・・・じゃなくて、野田洋次郎さんの衣装がヘムレンさんみたいだったよ。

・会場で手渡されたリストバンドはLEDつき。ライブの間、曲にあわせて光を放っていた。最初は赤で、「なんて立派な王蟲の群れ・・・」という感じに東京ドーム中が赤く。2曲めのYellowではレモンイエローに。ほんとに綺麗じゃったんよ。

・このワールドツアーは、去年の春、アルゼンチンから始まって、今年の夏にヨーロッパで終わる。ツアー詳細はこちらから。すごいよ、興行収入も会場ごとにまとめられているよ。
どこの都市でも、アジアならソウル・シンガポール・台湾でも2daysやってるんだけど、東京は1日だけ。えっ。東京は1日だけ? 日本の洋楽産業ってそこまで落ち込んでるの? 
人口が半分の韓国やシンガポールや台湾でも2日やってるのに、東京は1日だけなんだ。昨年のスコットランドのグラスゴーがやはり1日開催だったんだけど、この聴衆の数がだいたい東京ドームと近い。東京は、グラスゴーと同じくらいのマーケットなんですぜ、音楽業界にとっては(暴論)。洋楽聞かれてないんだ、音楽まで内向きになっているのか、とちょっとびっくり。フェスは人が集まるみたいなので、このあたりも時代の変化なんですかね。

・コールドプレイの皆さんは大変に礼儀正しく、お優しい方たちで、一曲終わるごとに「アリガトゴザイマス」と頭を下げる。各国で各国の言語で同じことをやっていると思うのだけど、なんて腰の低い青年たちなんでしょう。ビートルズの初来日のことをおもうと、なんていう時代の変化なんでしょう。

・どのくらい優しいのかというと、コールドプレイの演奏している姿がよく見えない席のひとたちのために、ステージの途中移動して、小さなステージの上で素朴な編成で3曲演奏してくれたりしているのです。なんてお優しい。

・ステージは素晴らしかった。まさか私の人生で、iTunesの壁紙みたいな空間に身を委ね、腕をあげて踊り狂う日がくるなんて思ってもみませんでしたよ。大変にSNS映えする舞台装置の連続で、大変にガーリー。普通にしててもインスタグラムのフィルターがかかってる状態。風船は飛ぶわ、紙吹雪は雪よりも激しく舞うわ、大型液晶にファンの姿が映し出されるわ(まぁ野球見に来るとこういうことは起きるよね)、「写真やビデオオッケーよ、SNSで拡散してね☆」というご時世です。私も好きな曲は一曲分ムービーに撮りましたよ。うふふ。よい時代。こういう感じ。

コールドプレイの皆さん、あれもまたひとつのファンサの鬼ですよ。お値段以上のライブでございました。行ってよかった、声かけてもらって挙手してよかった。たまにはよいものですねー。よかったー。

引く鳥と星の時計のLiddellかな/内田善美「星の時計のLiddell」

星の時計のLiddell 1~最新巻 [マーケットプレイス コミックセット]

消えた漫画家と言われて久しい漫画家の内田善美さん。彼女が1980年代に描いた最高傑作「星の時計のLiddle」がこちらのサイトで全話公開されているということで懐かしく読みました。子供の頃に背伸びして読んだときは、なんとなくわかったような気がしておりました。この年令で読むと、逆にもうわからなくなったりしてるような気がしないでもないんだけど、いやそう言い切るほど心が曇ってるわけでもないし、すれてしまったとも汚れちまった悲しみとも思わないのだけれども、はてさて、はてさて!!!

そんなことよりもなによりも、わたくしは2016年という21世紀もだいぶこなれてきた今頃になって初めて、内田善美さんが女性だと知りました。なんというか弓月光的なペンネームなのかと思っていたんです・・・あんな密度の濃いイラストをまさか女性が描いているなんてまったく思いもよらなかったんざんす。「こんな男の理想みたいな女の子を描くのは、きっと童貞に違いない」などと思っていた私の眼力のなさときたら、もう、なさときたらもう!

内田善美さんの活躍時期はたったの10年。その10年で漫画として描きたかったものを、この作品で描き切ってしまったのだな、と。わたくしはこの作品で金木犀が丹桂という名前も持っていることを知りました。大人になって読み返しますと、あの資料や情報の少なかった時代によくここまで綿密な取材をし、外国の物語をリアルに描いたものだと感心するばかりです。この人の作品はすべて単行本で持っていたのに、それらを全て手放してしまった。後悔しています。あぁ。もう。amazonのマーケットプレイスで一冊6000円とかしてるんどすえ、してるんどすえーーーーーー! みなさまもぜひー。耽美派のマダムの皆様もぜひー。

いちおくえんそれってゆとりあるのかな?/老後の暮らしに必要なお金は一億円説

阿吽のおかざき真里さんがなにに感心してらっしゃるかといいますと、SMBC日興証券株式会社が、証券会社であるところのSMBC日興証券株式会社が運用してる、若者向け(多分)お金の意識改革を促すゆるふわメディアに掲載されていた以下の記事です。

マンガ家・かっぴーが老後に必要な資金額にがく然! 「僕は本を何冊売ればいいの」 | FROGGY (フロッギー)

そこではおしゃれなプレゼン資料に以下のように書かれています。

<老後とお金>
ご夫婦おふたり、60歳の旦那さまと55歳の奥さま
老後に必要な資金は、約1億円!

とはいえ、サラリーマンは厚生年金があるので全額自分で賄う必要はないんやで、貯めとけばいいのはだいたいこんなもんやで、とお話は続きます。

サラリーマンの場合、自助努力で必要な金額は、約2,500万円
ゆとりある暮らしを送るためには、約5,000万円
自営業の方は、上記に+約4,000万円必要

「いまのまま貯金しててもお金なんて増えないから株やっとこ!株!」、うんうん、ですよねぇ、わかるわかるわかります、皆様のご事情がわかります、SMBC社の狙いもよくわかります。というか、自営業の人が夫婦ふたりで老後にゆとりある暮らししようとしたらデフォルトで9000万は必要ってことなのね、あらあら大変、いきなりハードルがガン上がりしてるじゃないですか。

「夫婦ふたりで」一億といってますが、では一人だったら五千万でいいのか、と言うと、実はそうでもないのが辛いところ。あぁ辛い、とかくこの世は世知辛い。世知辛いついでに最近出版された話題のこの本、立ち読みしただけでそっと閉じたくなるほど心をえぐってきます。

マンガ 自営業の老後

しかしこの本はレビューをつけてる方たちが優秀なのが更に素晴らしい。

*小規模事業者はたしかに節税効果も見込めて良いのですが、掛け金減額すると減額前分は運用されないことも書いておいてほしかったです。
わたし、小規模企業共済を15年ほどやってますが、この情報初めて知りました・・・・あっぶねぇーー!!! 

こういう本は、私が若い頃にはなかったような気がします。それだけ不景気というか、先行き不透明になったというか。ともあれ、ひとまず、今日の総論です。減らさないってのも大事なことよね。

でも物価上昇しちゃったらいちおくなんて、それこそ雀の涙なんじゃないのか。

流血と美女と子供と走るデブ/映画「チェイサー」

チェイサー [DVD]

あらすじはeiga.com から。
04年に韓国で実際に起きた連続殺人事件をベースに、殺人犯と元刑事の追跡劇を緊張感たっぷりに描き出した犯罪スリラー。
元刑事ジュンホが経営する風俗店から、女たちが相次いで失踪を遂げる。やがて店の客だった青年ヨンミンが容疑者として逮捕されるが、証拠不十分で釈放されてしまい……。
韓国では観客動員数500万人以上を記録し、大鐘賞の作品、監督、主演男優賞など6部門に輝いた。L・ディカプリオ製作によるハリウッドリメイクも決定している。

こええよ。これが実話っていうところが本当に怖いですよ、韓国映画!!!! 2003年から2004年にかけておきた『ソウル20人連続殺人事件』を下敷きにしていま・・・すが、えーっと20人・・・連続殺人しちゃってるの・・・犯人・・・・怖いよ! ほんと怖いよ!! そしてレオナルド・ディカプリオがリメイク権を? ぬーん、君は「インファナル・アフェア」でディパーテッドな前科があるからなー。

韓国映画名物の湿度が画面からはみ出してきそうなクライムサスペンス。主演はキム・ユンソクとハ・ジョンウ。
主人公を演じるキム・ユンソクは昔は西島秀俊、今は円広志って感じのおじさんですが、ほんとに昔はきざな西島秀俊みたいなルックスだったんですよ、この映画では既に目鼻立ちのくっきりした円広志になっちゃってるんですけど。
共演のハ・ジョンウさんは韓国人らしいお顔立ちのイケのメンなんですが、Wikipediaのプロフィール写真、もう少しいい写真にしてあげてもよいのでは・・・。 最近ですと「お嬢さん」にも出ているそうですじゃ・・・あぁ見はぐりましたよ、「お嬢さん」! 
面白かった・・・とても面白かった・・・面白かったけど実話なのかと思うと楽しめない・・・。くわえて警察組織の間抜けぶりときたら君ら!!! 脚本がバタバタしてるのか、こういう狙いの脚本なのか判別しかねるほどの間抜けっぷりですよ! そして実際にも犯人を何度か取り逃がしたという、ほんとに間抜けなんだな、君ら!
女優さんたちが美人揃いなの。子役もかわいこちゃん、一番出張っている娼婦役の人も大変な美人、刑事役の彼女も爽やかで味があって美人、蓮っ葉なチョイ役の娼婦さんたちもみなさん大変すてきなおみ足の持ち主、足フェチの殿方にもおすすめできる逸材揃いです。この点も含めておすすめです!
現在、amazon プライムでしたら無料で見られます。韓国映画由来の湿度にどっぷり浸りたい方ぜひー! 

あぁ、それにしても見はぐってしまった「お嬢さん」。どこかで必ずや見てみたいと思います。
The Handmaiden

春の風邪よしながふみでお祭りを/「大奥」「西洋骨董洋菓子店」

大奥 9 (ジェッツコミックス)

えっらい風邪ひいて週末から寝込んでおりました。風邪ひいても食欲が無くならない人間なのに、珍しくなにも食べる気がせず。寝汗、頭痛、高熱、胃痛、吐き気、あぁ私はこうやって社会の片隅で死んでしまうのだ、お腹の上にやってきた猫が「ぶふーぶふー」と鼻息あらくしているのを聴きながらこの世とそっとおさらばするのだ、手を付けてない貯金山、二回しか着てない買ったばかりのブラウス、野菜庫で冷やしてあるお高いワイン、冷凍庫の中のハーゲンダッツ6個入りパック、そういったものともひっそりとお別れしていくのだ・・・・・・・・・・
・・・・・・するわけにいかねぇっつーのーーーーー(It’s JJ Style!) というわけでようやく元気になりました。健康って素晴らしいわね。

寝込んでいる最中、よしながふみの「大奥」を読みはじめました。名作です、映画化もされています、有名な作品です、私も途中までは読んでいるのです、既刊全14巻のうち9巻まではしっかりと読んでいるのです! 赤面疱瘡の感染力抑止の手がかりが出来、さぁこれからだと希望に満ちたところで、田沼意次の権勢に陰りが見え始め、平賀源内が暴漢に襲われてしまう・・そんな絶望的なシーンで終わる9巻までは読んでいたのです。発売当時に読んでいたのです。ですが、続く10巻の表紙を見たとき、あぁこの登場人物たちは全員この世を去ってしまうのだと読む前からわかってしまい、そんなのあんまりじゃないですか、とそこから先を読むのを止めていたのです。10巻の表紙はこちら。

みなさん影が薄い!!!! あの世感が強すぎる! 強すぎるよ、よしながせんせい!

大奥 10 (ジェッツコミックス)

そしてその10巻から読み直しまして、史実通りにことは運んでおり、もう幕末編が始まっておりました。物語は20巻くらいで終わるのでしょうか。水戸斉昭みたいなおっさんがいまの職場にいたら日経WOMANで槍玉に上がりそうですし、この男女逆転大奥物語、ジェンダー的にもいろいろなメッセージがありますわね。

でそのままよしながふみの世界に没頭していたくて、「西洋骨董洋菓子店」を初めて読む。1999-2002年に連載された作品、うっかり20年前! よしながさん、このときから絵柄が安定していて、今読んでも全然違和感がない、ダンダンダン! 世の中の気の利いた漫画読みのみなさんはこの作品でボーイズラブ文化というかゲイ漫画文化というかホモ漫画文化を知っていたのですね、ダンダンダン!  私が「世界一周ホモの旅」で2016年という21世紀もだいぶこなれた時期にホモカルチャー(?)に初めて接触したのに比べ、なんと洗練された出会いだったのでしょう、羨ましい限りですわ! ダンダンダン!  

というわけで、よしながふみさんに風邪を慰められた週末でございました。ありがとうございます。