「困ってるひと」大野 更紗

大野 更紗
ポプラ社

¥ 1,250

(2011-06-16)

 
資本主義の魔の手から隔絶された福島の田舎町「ムーミン谷」でのんびりしたムーミンパパとムーミンママに育てられた町一番の優等生の筆者が、フランスに憧れて上智大学に入学、入学後、ミャンマー難民問題にぶちあたり、NGOに同行して国境地帯に行ったりフィールドワークしている間に、難病発生! 1年間も診断がつかず、最後に「オアシス」と彼女が呼ぶ病院で1ヶ月検査を受け、ようやく病名がわかる。プラの容器に味も素っ気もないご飯を出す普通の病院と違い、陶器の器で心のこもった料理を出してくれる天国のようなその病院は、”大難病リーグ養成ギプス学校”でもあった・・・・
カサイさんが「おすすめだよー」と貸してくれたので読んでみました。こんな人生の子がいるんだ、多分、それも私の今住んでいる家から半径5km以内に・・・。こちらに、「困ってるひと」のまえがき全文が掲載されているので、ご興味がある方はどうぞ。

作中、彼女は社会保障制度の「なんじゃこらぁ!」さ加減に辟易しながらも、最後にはたくましく立ち向かっていきます、ロンロンで買った杖をつきながら、1984年生まれのうら若き難病女子が! 
現在、彼女はTwitterもやってるし、精力的に活動もしているみたいです。さきのまえがきが掲載されているサイトで、活動の内容も知ることができます。重松清さんとの対談は、本好きな人々が口に出したかったけどうまく文章にすることができなかったことが満載で、うんうん。いや、なんかもう、こんなこといっちゃなんだけど、面白かったです・・・・・。イラストは能町みね子さん。