夏近し女王の国からこにゃにゃちわ/COLDPLAY A HEAD FULL OF DREAMS TOUR

半年くらい前、お友達のHさんが「東京ドームにコールドプレイがやってくるんですが、乗っかりたい人いたらチケットとりますよ」と声かけてくれてので、ぜひぜひぜひとお願いして取っていただき、昨日行ってきました。風邪が治ってよかった、ほんとうに治ってよかった。間に合ってよかった。

コールドプレイはすきは好きですし、なんとなく彼らのヒット曲も抑えているつもりです。が、どちらかというと、エンタメとしてのステージを見てみたいなという動機が強かった。最近の五輪の開閉式やスーパーボウルのハーフタイムショーなどを見ていると、「このグローバル社会なご時世に世界一周のワールドツアーをやるようなバンドがただ歌って踊って「TOKYO, I LOVE YOU!!!」などといってステージを後にする・・・という単純なことをして済ませるはずがない、見せていただこうじゃござんせんか、COLDPLAY の実力とやらを、という気持ちで伺いました。が、素晴らしかった、本当に素晴らしかった。なんて盛り上げ上手のみなさんなんでしょう、礼儀正しく優しい人達なんでしょう。以下、感想を箇条書きに。

・会場の年齢層はいろいろ。明らかに「奥さんに連れられてきたけどよくわかんない」なお父さんも。がんばって! 目の前の席の丙午生まれな感じのお姉様は2時間ずっと踊ってた。多分、お茶かお花をやってる方、わかる、Tシャツにデニムのスカートだけど、あの後れ毛の処理は和装のもの。お姉さま、すごい。ファンになっちゃった。

・前座はRADWIMPS。前前前世なだけかと思ってたら、まぁまぁなんて楽曲がお上手なんでしょう。姪っ子にラインしたら「なんでーーーーー」という絶叫返信がきた。RADWIMPS、40分やってたけど、あたい、ファンになっちゃったよ。ボーカルの尾崎世界観・・・じゃなくて、野田洋次郎さんの衣装がヘムレンさんみたいだったよ。

・会場で手渡されたリストバンドはLEDつき。ライブの間、曲にあわせて光を放っていた。最初は赤で、「なんて立派な王蟲の群れ・・・」という感じに東京ドーム中が赤く。2曲めのYellowではレモンイエローに。ほんとに綺麗じゃったんよ。

・このワールドツアーは、去年の春、アルゼンチンから始まって、今年の夏にヨーロッパで終わる。ツアー詳細はこちらから。すごいよ、興行収入も会場ごとにまとめられているよ。
どこの都市でも、アジアならソウル・シンガポール・台湾でも2daysやってるんだけど、東京は1日だけ。えっ。東京は1日だけ? 日本の洋楽産業ってそこまで落ち込んでるの? 
人口が半分の韓国やシンガポールや台湾でも2日やってるのに、東京は1日だけなんだ。昨年のスコットランドのグラスゴーがやはり1日開催だったんだけど、この聴衆の数がだいたい東京ドームと近い。東京は、グラスゴーと同じくらいのマーケットなんですぜ、音楽業界にとっては(暴論)。洋楽聞かれてないんだ、音楽まで内向きになっているのか、とちょっとびっくり。フェスは人が集まるみたいなので、このあたりも時代の変化なんですかね。

・コールドプレイの皆さんは大変に礼儀正しく、お優しい方たちで、一曲終わるごとに「アリガトゴザイマス」と頭を下げる。各国で各国の言語で同じことをやっていると思うのだけど、なんて腰の低い青年たちなんでしょう。ビートルズの初来日のことをおもうと、なんていう時代の変化なんでしょう。

・どのくらい優しいのかというと、コールドプレイの演奏している姿がよく見えない席のひとたちのために、ステージの途中移動して、小さなステージの上で素朴な編成で3曲演奏してくれたりしているのです。なんてお優しい。

・ステージは素晴らしかった。まさか私の人生で、iTunesの壁紙みたいな空間に身を委ね、腕をあげて踊り狂う日がくるなんて思ってもみませんでしたよ。大変にSNS映えする舞台装置の連続で、大変にガーリー。普通にしててもインスタグラムのフィルターがかかってる状態。風船は飛ぶわ、紙吹雪は雪よりも激しく舞うわ、大型液晶にファンの姿が映し出されるわ(まぁ野球見に来るとこういうことは起きるよね)、「写真やビデオオッケーよ、SNSで拡散してね☆」というご時世です。私も好きな曲は一曲分ムービーに撮りましたよ。うふふ。よい時代。こういう感じ。

コールドプレイの皆さん、あれもまたひとつのファンサの鬼ですよ。お値段以上のライブでございました。行ってよかった、声かけてもらって挙手してよかった。たまにはよいものですねー。よかったー。

お育ちの良き人々と梅の庭/国立劇場近松門左衛門祭り「平家女護島」

人形浄瑠璃文楽名演集 近江源氏先陣館・平家女護島 [DVD]

お友達が「急用できた!代打お願いします!」と譲ってくれたチケットで。文楽見るのなんて何年ぶりかしらー。11時に始まって14時に終わるって、一体どんな演目なのかしらー、と事前知識ゼロで行ってきました。あぁ楽しかった!

現在、国立劇場では「国立劇場開場50周年記念」として『近松名作集』というテーマで興行してるざんす。第一部は平清盛と平氏打倒を企てた俊寛との一連のやり取りを描いた「六波羅の段」「鬼界が島の段」「舟路の道行より敷名の浦の段」の三部作。第二部は「曾根崎心中(そねざきしんじゅう)」、第三部は「冥途の飛脚」。どれもよく知られている名作ぞろいですが、わたくしが観賞したのは第一部の「平清盛祭り」。

「六波羅の段」は着席後15分で、ヒロインであるところの俊寛の奥様が自害して、ぎゃー! その数分後に奥様の首がかっ切られて再びぎゃー! 「清盛様ー、俊寛の嫁はあんたになびくといってますぜ」「ほんとか?でかした?嫁はどこ?」「これだよ」と奥様の首をゴロンと投げつけてぎゃー! そんな清盛邸に遅れてやってきた助っ人有王丸が派手に暴れてぎゃー! 「俺は、俺は、強かですたい!」と啖呵を切るが、能登守教経に「黙れ糞ガキ!」と一蹴されて終了。そこまでで30分。ザ急展開! そして30分の休憩。ザッツ急展開!!!

「鬼界が島の段」はその俊寛の流刑地でのお話。流刑地で寂しく惨めに暮らしている俊寛たちのもとに、都から恩赦を知らせる船がやってくるが・・・というお話。俊寛のお人形は大変にイケメンでした、線の細い関羽のようでとても魅力的。派手な舞台廻りのラストシーンではらはらと涙を。あんな切ない人形浄瑠璃ってなくってよ。

「舟路の道行より敷名の浦の段」はその恩赦の船が瀬戸内海に入ってからどういう運命をたどるかというお話。清盛と一緒の船に乗っていた瀬戸内寂聴似のお顔の後白河法皇がざぶんと海に飛び込みます。えぇ、黒子の方が放り投げるのが見えました。あわわと見ていると、それを救おうと鬼界ヶ島から一緒にやってきた海士の娘が海に飛び込みます。あわわ。法皇、海に流されていきます、どんぶらこっこ。船上の清盛は、邪魔な海士の娘が法皇を助けるのを阻止するため長い獲物で頭を押さえつけます、平たくいうと溺れさせています。あぁなんて極悪非道! なんて生き生きとした人形たちの動きなんでしょう! そんな非情なことをやり続けた清盛も、最後には精神に異常を来し、このあとの彼の運命がろくでもないものを示唆しながら物語は終わるのでした。

「敷名の浦の段」は太夫も三味線もノリノリでよござんした。ゴクリ。なまはげ祭りの生太鼓演奏会ってくらいの迫力でした。堪能しましたわ。3時間も見続けていると、舞台の上で動いているのは人形じゃなく、ああいうサイズの妖精たちではないかと思えてくるから不思議よね。繰り出される日本語がリズミカルで、日本人の言語感覚って近松門左衛門を素地にしてるところが多いんだろうなとうっとりしたり。

 

土曜日の国立劇場はなんというか、良きお召し物の紳士淑女が多ござぁして、平河町のエキゾチックレザー祭り会場でもありました。着物の方も多いんだけど、ダウンとかシルクの軽いコートじゃなくて、カシミヤとかウール、ツイードのしっとりした素材の上着を着ていらっしゃる方が多くてのぅ。「おばあちゃまが買ってくれたロエベのバッグなんです」なんかを提げてる方とかねぇ(鞄病)(私くらいの鞄病になると、ロエベ/アマゾナ/28cm/スエード/ダークブラウンで、その方のことを記憶しちゃうからねぇ)。

チケットありがとうございましたー! 堪能いたしました!

冬の星トルコの人の祈りかな/メヴラーナ旋回舞踊を見てきたよ

イブラヒムおじさんとコーランの花たち (字幕版)

大阪でセミナー見たあと、神戸まで足を伸ばしてメヴラーナ旋回舞踊を見てきました。トルコの神秘主義宗教の祈りの舞踊です。会自体は、現地の商工会の慈善イベントみたいで、良いお召し物の山手マダムがやはり良いお召し物のかわいらしいお嬢さんと連れ立って「なんかお父さんがチケットもらってきちゃって、おつきあいで行かなくちゃー」といった感じの参加者が多かった。東京からわざわざ足を運んできた人って私くらいだったんでしょうか。正直、場違い。隣に並んだでかい時計と良い生地のスーツをお召になったおじさまたち(つっても私のちょっと同世代)はずーっと喋ってて、途中で退出してくれてほんとにほっとした。

 

メヴラーナ旋回舞踏ってこんな踊り。

概要をざくっとWikipediaるとメヴレヴィー教団は日本語では旋舞教団といわれ、スカートをはいた信者が音楽にあわせて、くるくると回転をし踊るという宗教行為(セマー)で知られる。これは祈りの手段であり、回転は宇宙の運行を表し、回転することで、神との一体を図るというものである、です。

この踊りを、2003年のフランス映画『イブラヒムおじさんとコーランの花たち』で知りました。いつか機会があったら生で見てみたいものですじゃ、とそのときからずっと思っておりました。4年に一回くらい来日してるみたいで次回のチャンスもゼロではないのですが、今週は大阪でセミナーもあるし、京都の紅葉もきれいそうだし、長野でお父ちゃん入院してるし、ぐるっと関西から中部一周してくればえぇですやんとお出かけしてきました。行ってよかったですたい。

 

旋回舞踏を見ている間、こちらまで敬虔な気持ちになり、彼らの祈りと私の気持ちが同化していく。お母さん、なんで死んじゃったんだろうと思いながら踊りを見つめる。青年から中年まで、老人まで、人生を信仰に捧げた男たちが踊っている。どういう仕立てか知らないけど、ちょっとした動きで裾が水平に持ち上がるくらいにひらひらと動く。光を落とした暗い会場の中で目を細めると風に煽られて地面に落ちていく白い花が旋回している様子を見るようで、ここが神戸という街の中にいるとは思えなくなる。

・・・・思えなくなるんですけど! 途中からっ!! 茶色いお帽子と白いボレロと白いシャツ、白いスカートのおじさまのひとりに目が釘付けになる。トルコのサンタといってもいいようなポコンと出たお腹のおじさん。踊るしろくまみたい。すごくかわいい。サムソン高橋さんのマンガを読みすぎてて、私の中に「中年熊萌え」要素が植え付けられてしまったみたい! だめだめだめ、そんな後ろ暗い目線でこの舞踏を見てはだめ! ダメなんだけど、わー、宗教に関わる人たちって質素な暮らしをしてるからみんなほっそりしてるってわけじゃないの? なんでそんなおおらかでかわいい体型してるの? むぎゅーっとしたらポイーンと弾かれそう!! ポイーンって弾かれたいなー。いやいやいや、遺憾遺憾! こんな敬虔な場所ではしたなくってよ。中には「乙嫁語り」に出てきそうな眼光鋭い細い方もいましたけれどもね。全般的にみんな「くまー」「おおらかー」という感じでね、えぇ。

 

「イブラヒムおじさんとコーランの花たち」は、こんなお話。
1960年代のパリ。13歳のユダヤ人の少年モモ(ピエール・ブーランジェ)の父(ジルベール・メルキ)が突然家出する。一人ぼっちの彼を助けたのは、トルコ移民のイブラヒム(オマー・シャリフ)だった。
モモは早く経験したくってたまらないんだけど、なかなかうまくいかない。「今日こそは!」と小銭握りしめてお出かけするんだけど、イブラヒムおじさんにつかまって失敗、だけどこれをきっかけに二人は仲良くなっていき・・・というお話。イブラヒムおじさんはモモを故郷に連れていき、この旋回舞踏を見せるのです。10年以上も前にみた映画だというのに、そのワンシーンがとても美しく、深く記憶に残ってました。実物が見られてよかったです。

 

公演の最初にエルトゥールル号遭難事件からイラン・イラク戦争でのトルコ航空による日本人救出作戦など、今日に至るまでのトルコと日本の交流を描いたスライドショーを拝見いたしました。今回は熊本地震復興支援の祈りのために来日し、東京・京都で公演があったようです。神戸では、神戸大震災や其の数年後に起きたトルコ南西部地震などの支援や交流を経て開催となった模様です。「海難」のパンフレットなども置いてありました。美しく長く続く友情の国同士です。これからも仲良く手を取り合っていきたいものですね。

宝塚無音発声鑑賞会/星組公演グランステージ「桜華に舞え SAMURAI The FINAL」ロマンチック・レビュー「ロマンス!!」

句会のマダムのお一人から「鶉ちゃん(わたしの俳号)、北翔海莉さんの退団公演のチケットがあるんだけどいk」と声を掛けていただき、「行きます行きます行きます!」と挙手して行ってまいりました。

さて、今回の「桜華に舞え」は、明治維新ののち、田原坂で散った鹿児島藩士・桐野利秋のお話。西郷隆盛に憧れている少年剣士だった中村半次郎が攘夷、そして維新の波にのまれ、会津戦争では会津城の受取を執り行い東京で活躍したのち、政治闘争に巻き込まれ涙を飲んで鹿児島に戻ってきて、そして田原坂で散るお話。あたい、この演目で明治維新から西南戦争までの流れがよく理解できただよ! ありがとう、宝塚! 日本人はもっと近現代史の勉強に時間を割くべきだよね、ね!

素晴らしいステージでございました。どんなイケメンアイドルでも実際に演じるには躊躇しそうな切れ味がよく見栄えのする殺陣、「いやーん、桐野さんが死んじゃうぅぅぅー」という局面間近なのに素晴らしく格好よく見栄を切るので、客席は歓喜の涙! 後半、ぐすんぐすんと鼻をすする音があちこちから聞こえ、客席にはさざなみのようにひらひらと動くハンカチの波が。わたしも出かける前に「どんな演目か知りませんが、多分涙をながすことになりそうなので!」とゆるめの織りのコットンのハンカチを持っていきました。もちろん双眼鏡も持参しています。前から4列目、通路のすぐ隣の超絶良席だったにもかかわらず、人は双眼鏡で男役トップスターの顔を覗いてしまうものなのです! そしてハンカチはぐずぐず。退団公演の演目に、散って名を残すような物語を残すなんて、うわぁぁん、ほくしょうさーーん!!!!

続くレビューも素晴らしかった。この公演を最後に退団してしまう北翔海莉さんと妃海風さん。レビューの舞台は近世ヨーロッパだったり、50年代のアメリカだったりするけれど、二人は星組の永遠の男役トップスターと娘役トップスターなんやで、二人はどの時代に生まれても結ばれたんやで、お前ら、目ぇかっ開いて二人の姿を記憶にとどめておくんじゃぁという演出側の思いがひしひしと伝わり、涙がダバダバリ。このレビューの間も要所要所でぐずぐず泣いてしまい、もうハンカチが意味をなしてないっ! なによ、この出し惜しみのなさ! バカー! 阪急のバカー!!!

 

そんでな・・・前から4列目、通路のすぐ隣の超絶良席ででしてな、あのオーケストラをぐるりと囲む花道ございますでしょ? あそこにスタァたちが並ぶとふわぁぁっていい匂いがするの。今回はね、グランステージ(お芝居)のときにも通路使われたし、レビューのときもスタァなみなさんがわぁぁーって駆け抜けてくれたの、調子に乗ってハイタッチしてもらったりしたの。そのときね、わたしのまわりに薄桃色のふわぁぁっていい匂いがする霧がかかったの・・・・

 これがオーラなの!?

 これが宝塚のスタァたちが放つ

 オーラというものなの!!!

シンゴジラ見てる時、口を手で覆って「ひぃぃぃぃ」と身体硬直させて2時間集中して見ていたけど、今回の宝塚もそんな感じだった。わたしにはわかる、通路の反対側に座っていたボーダーシャツのあのお嬢さん、ずっとお芝居の最中、「やめてー」「こっち見ないでー」「妊娠しちゃうー」「神様はなんでこんな人をこの世に送り出したのー!」「おねがいー!」「ぎゃー花道に花道に!」「フェロモンが届いてるの、客席にっ、あなたのっ、フェロモンがっ、届いているのっ!」「このフェロモン兵器が!」「退団するくせに退団するくせに、こんなフェロモンを放つなんて!」「バカー」「やめてー(振り出しに戻る)」っての繰り返してましたもの。わたしもそれ繰り返してましたもの。恐ろしい! 宝塚というのは、みんなお行儀よく静かに見ているけど、実は無音できゃぁきゃぁ発声してる鑑賞会なんですぞえ!!!

 

見終わったあと、マダムたちとお酒一杯だけ飲んで帰りました。平たくいうとみなさんお顔つやっつや。「パリのムーラン・ルージュを見てきたけど、観光業って感じで滅多糞だったわねー」「そうよそうよ、宝塚の爪の垢でも煎じて飲むべきよ!」「この出し惜しみのなさと女性ならではのフレキシブルさが魅力よねぇ」「そうよそうよ、松竹の一万六千円のチケットは高すぎるわよ!」などと。わたしもお顔ツヤッツヤ。あの劇場から一体どんな物質が放出されているのか、毎回不思議な思いがいたします。みんなも行こう、宝塚! そして、ふわぁぁって飛び出てるあのいいにおいを嗅いでくるがいい!!!

憲法は行間読まないものなんです/明日のアーvol.2(第二回公演) 『猫の未来予想図Ⅱ』

 

明日のアー見てきた。キ●ガイっぷりに磨きがかかってました。しゅてき! 
ものすごく金のかかったチラシが美術館レベルの出来に見えます、しゅてき!
栩秋さんの身体性を惜しみなく発揮した「ネットワークビジネスの上の方」、最高でした。
大北さんのガスガスキックが楽しめる「芸術としての裸婦」、期待以上の内容でした。
「ありふれたアンドロイド」、藤原君の若々しさがまぶしかったですよ!あと土手美!

 

「明日のアー」を見る前に、急遽人と食事をすることになり「短い時間になっちゃうんですが」と前から気になってた店にするっと入ってみた、ら、控えめに言って噴飯物の合コン向け店舗で、采配の悪いエントランス、看板フォントに見合わぬ雑駁なメニュー、稚拙な盛り付け、粗雑な食器、「これで金を取るにはあまりにもアレでないですか」というお味、甘ったるい割にアルコール度数が消して低くない酔わせるためのお酒、もったいぶった接客、なんじゃこらぁ、こんなことなら失敗の少ない台湾料理屋さんにでも行ったほうが金の払いでがあったわい、不覚!! 今週の不覚!!!、と苦々しい思いで食しておりました。座ったカウンターの奥には、デートでやってきたと思しきピカピカした笑顔のヤング女子がいて、「うん、あの清らかさは私にはもうないんじゃよ、ないんじゃよねぇ」と菩薩の心で見守っておりました。正直もう逃げ出したい気持ちでおりましたら、一緒に行かれた方も「〆ましょうかね」と声をかけてくれて、一時間足らずで退店。その後、HUB的な気楽そうな店をみつけ、「口直しに」と明確に言葉にした上で、キャッシュでお酒を買って、席に運び、ぷはーっと飲んでからしばらくしてからどちらともなく「ひどい店でしたね!!!!」と。あぁあのひどさ! 思わず文章としてアウトプットしておきたくなるひどさ。ここで働いている人たちはこの店が標準になるのだろうか。まさか一休ドットコムのレストラン予約できる店のラインアップとしてあがったりはしてないでしょうね(一休ドットコムのレストラン予約は、何回か使ったけど、大事な食事のときには使っちゃいけねんだなって感じがしますが)。食べログで評価3.0以上だったりするのかしら。あぁ、こんな評価社会いやぁぁぁぁー。

 

という思いの後で観賞しましたので、なんだかそういったものがすべてバカバカしく感じられまして、肩の力が抜けるというか、面倒な事案からは距離を置いても死にはせんのやでと気楽になりました。帰りに表参道で重機ちゃんたちがイルミネーションをつけている現場を拝見することもできましたし。シンゴジラでゴジラの口の中にざばーっとアレをアレした重機が平和利用をされているのです、平和が一番タバ作戦☆