衣替て居て見てもひとりかな 小林一茶/鈴木智彦「ヤクザ専門ライター 365日ビビりまくり日記」

尾崎放哉より侘しさ倍増! さすがの一茶、そこに痺れる憧れるぅ!


冬物を片付けた。ブーツとかダウンコートとかかさばるものがたくさん。
コートというものは買ったときの金額が高いものだから、古い形になってもなかなか手放す踏ん切りがつかない。今シーズンもクローゼットの中に吊るして「次のシーズンで最後にしよう」とココロに決めたりする。決めたりするけど、実際に袖を通すことは少ない。手放したい、心の中では手放したいと思っている。しかしこんな軽やかな良い素材のカシミヤのコートを、今後の人生で買う機会がくるようにも思えない。でもカシミヤ、着るのか? このあとの人生で着るのか? 軽くて温かい素材のものがこれだけ流通した世の中で、カシミヤって着るのか?

 

お洋服に関しては現在、大変な迷走中。筋腫でお腹がせり出していたときに買ったデニムがサイズが合わなくなっていたり(当たり前だ)、形が合わなくなったブラウスやスカートが多数。

最近では「ウカやん、そのジャケットにそのスカートは短すぎるよ」というセリフを二度聞いた。一人は「短すぎる、純粋に短すぎる」、もう一人は「短すぎて就活生に見える」とより踏み込んだアドバイスを。長いスカート持っていたかしらんと、黒いスカートが何枚も重なっているあたりを探ってみたら、香港のアウトレットで買ったちょうどよい長さのスカートが出てきた。忘れてた。この存在を忘れてた。これも筋腫がせり出していてウェストがきつくて履くのを控えていたスカートだったのだ。おぅ、衣替え、素晴らしい。やってみるものです。しかし、自分の実際の体と、記憶のサイズ感に2年ほど時差があるのにおのろいた。若い頃の2年間は筋肉もしっかりとあるし大した誤差ではないけれど、ここからさきの「2年間」というものはライク・ア・ローリング・ストーンなのでは? そう考えると、一年中半裸おじさんでいられる御年70歳のイギー・ポップとか、ベジタリアンで健康に気を使ってる御年73歳のミック・ジャガーってほんとに偉大だわ。女性だとそういうモデルってどこにいるのかしららん。なにを目標にすればよいのか、誰か私の灯台になってください。

--
ヤクザ専門ライター 365日ビビりまくり日記

金曜の夜、お酒飲みながらつるっと読んだ。ヤクザの話も原発の話も面白かったんだけど「出会い系で出会った200人くらいの女を抱いた」「ねちっこいのをするのなら四十代が一番」などという赤裸々な記述に「のひー」とのけぞった。出会い系アプリってそんなに普通に使っているものなのか。そして200人をハンティングに行くガッツに脱帽。それって多い方なのかしら、少ないほうなのかしら、よくわからない。

最近の鈴木智彦さん、土井善晴さんと梶本レイカさんの伝道師となりつつある。「ヤクザBL」というジャンルが確立されていることも初めて知った。世界は私の知らないものでこんなに満ちていたのに、私ときたらぼんやりと猫を抱いたまま、特に新しい世界に触れることもなく、この数年を過ごしてきてしまったのだわ。まぁ、それはそういう時期だったのだ。

読みました。
悪魔を憐れむ歌 1巻 (バンチコミックス)

どうでもいいですけど、上の「ヤクザBL」に関連して「はっ!ゴールデンカムイのBLはあるのか!?」と検索してみたら、本編自体が変態すぎるためか、あまり見つかりませんでした。さみしいな☆ なにしろラッコ・・・いや、なに、ゲフンゲフン。

ゴールデンカムイ 1-9巻セット (ヤングジャンプコミックス)