踏み入りて五月の森と息を合はす 藤原たかを/猫展の絵をゲットしましたよ、とても素敵な作品だよ!

一昨日会期終了となった猫展で購入した絵をゲットしてきましたよ! なんて可愛らしくふてぶてしく愛らしい猫さんと、素晴らしい景の作品なんでしょう。この窓の向こうの美しい森は、リンドグレーンの「五月の夜」の森につながっているに違いない、と思いながら。

親指こぞうニルス・カールソン (リンドグレーン作品集 (16))

壁に窓が増えたみたい! そして私はミドリスキー!

ちょっと驚いたおはなしを。
猫展に出展してた私の友達がこの絵の作者さんと話す機会があったそうで、作者さんがいうことには「猫展で黒い猫の絵を買ってくれたってブログ読んでて、まさかウカやんの飼い主さんが買うことになるなんてー」とのこと、ひぃぃぃ、まだ見ぬ作者さんが拙宅のウカちゃんをご存知でしたとは! ウカちゃま、いくらでもモデルになりますし、オールヌードもやぶさかではありません、ぜひぜひ作品を描いてもらわねば!!!

それにしても猫って思わぬ奇跡をもたらしてくれるわよねぇー、ヒグマのちからには遠く及びませんが。