大阪へ!超高速慶長期/真田丸 第36回「勝負」 第37回「信之」 第38回「昌幸」

NHK大河ドラマ 真田丸 オリジナル・サウンドトラック II 音楽:服部隆之

第36回「勝負」
信幸と別れた昌幸・信繁親子は第二次上田合戦へ。沼田城へ立ち寄った二人は、稲ちゃんの「ここは徳川のお城ざます!」攻撃にあい、「見上げたもんじゃ」と真田家・徳川家双方が思ったものでした。ちゃんちゃん。じゃなくて、初陣の星野・秀忠・源は、本多正信を従えて上田に向かうもののいろいろあって不首尾に終わる。『がはははは、徳川なんざ敵じゃないわ、がははは』と祝宴を張る真田家の座敷に佐助がやってきて衝撃の知らせを届ける。愕然とする昌幸・信繁! そして愕然とするお茶の間のみなさん! ナレ死につづいて、まさかのナレ関が原が実現してしまうとは!!! オープニングのかっこいい合戦風景はいつ見られるのですかー!

関が原がなくて一番がっかりしたのは、ツイッタの石田三成さんですよね・・・。残念!

 

第37回「信之」
関ヶ原で負け、徳川に降伏することになった西軍のみなさん。さんざ煮え湯を飲まされた家康は、信繁・昌幸に苛烈な罰を与えようとする。信幸は舅の本多忠勝とともに助命嘆願を繰り返し、なんとか命だけは助かったこの親子(秀吉だったら全員殺してたよね)。
信繁いわく、家康により「我らに死よりも辛い目に」遭わせられることになった親子は、和歌山県の九度山に流罪となったのでござる。
家康は「親父を助けてやるから縁を切れ」と迫られ、「信幸」から「信之」へ改名、書き方を変えても読み方は変えなかった信之は「俺の意地だ」と言い放つ。やだ、大泉洋かっこいい! 上田に残ったひとたちってば結構のんびり暮らしてて九度山チームとの落差が激しい! そして明かされる治部様と形部様の死に様。治部様!

ドラマでは触れてないけど、宇喜多さんが八丈島に流されたことを思うと、なんてたって本州の中だし、みかんはなるし、高野山も近いし、京都だって近いし、全然いいですやん、上田ほど寒くないだろうし。これが本当に死よりも辛いのかしらんと感じられます。九度山で昌幸パッパは、木彫りの犬とか彫ってたみたいですし、本当に暇だったであろうことは想像がつくのですが。

【今週の退場者】
大谷吉継(片岡愛之助) 大谷さまの和装での所作は美しいのでそういう人が画面から消えるのはちょっとさみしいですね。
石田三成(山本耕史) 『新選組!』の近藤勇並によい死に笑顔でございました。ふえーん、最終回の信繁はどうなることやら!

 

第38回「昌幸」
紀州九度山に幽閉の身となった昌幸・信繁家族。信之は何度も助命嘆願をするものの、「もうその話は聞きたくないわ」と家康・秀忠親子に一蹴されてしまう。
そうこうしてるうちに家康は着々と政権基盤を固め、秀忠までもが征夷大将軍に。徳川家の慶事があるたびに「いまこそ恩赦のチャンスだ!」といきまく昌幸をなんともいえない表情で見守る信繁や家臣たち。信繁妻の春ちゃんはヤンデレだってことがわかるし、だけど男児も恵まれ、やっぱり死よりも辛いといわれても・・・な境遇の真田家のみなさま。
やがて月日が経ち、死期を悟った昌幸は、将来起きるであろう徳川と豊臣の戦の策を信繁に授け、この世を去るのでございました。

【今週の退場者】
本多忠勝(藤岡弘、) 頼もしいお舅様が! ナレ死。
加藤清正(新井浩文) 漫画「あずみ」だと船の上であずみにやられるんだけど、大河では服部家にやられるのね。ナレ死。いずれにしろ徳川家に殺されたという見解は一致しているわけですけれども。
真田昌幸(草刈正雄) あぁ、毛皮を羽織ったイケイケの田舎の親父様が! いつまでも心のなかに武田信玄がいた昌幸パッパが今回退場。寝込んだ昌幸の顔が草笛光子にそっくりで、偶然だとは思うのですが、二人並んで実の親子と言えばいえなくもない雰囲気でした。

【今週の新登場】
豊臣秀頼(中川大志) 凛々しく聡明な若武者として描かれている秀頼様。上の草笛・草刈親子のキャスティングを踏まえると、今後登場する大野治長役の今井朋彦さんとちょっと似てるわよね・・・も・・・もしやそこまで見越しての!?
 
秀頼様と会ったときの家康の狼狽っぷり、あれではまるで「若き王様へ謁見する年老いた田舎侍」ではないですか! 内野聖陽さんって本当によい家康像作ってらっしゃいます。すてき! 笑ってはいけない伊賀越えレベルの名シーンとなることと存じます。

おにいちゃんおにいちゃんがいて真田丸/真田丸 第34回「挙兵」 第35回「犬伏」

真田丸 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

第34回「挙兵」
この夏の「ダメ人間!」は三成だったー!!!
家康暗殺に失敗し謹慎することになった石田・山本耕史・三成。事態は沈静化するかと思ったが「腹を割って話そうー」とばかりに加藤・新井浩文・百円の恋・清正らは三成襲撃を計画する。その襲撃話をうっかり聞いてしまったきりちゃんの機転により、その武力衝突は回避されたが、きりちゃんはそのままなんでかガラシャ夫人のもとに。きりちゃん、そろそろ気がついて、あなたがいるところが死亡フラグの立つところなのよ! 
信繁は信幸とともに三成を守ろうとする。家康のところには直江状が届き、「あぁ、直江兼続を演じる村上新悟さんは、この直江状を朗々と読み上げるために配役されたのよねぇ、ふぅっ」と日本中のお茶の間でため息をついたところで、開戦が迫ってくるのでした! 村上さんのあのノリノリな直江状は永久録画事案でございます。

今週の新登場:後藤又兵衛(哀川翔)
今週の退場者:前田利家(小林 勝也)

第35回「犬伏」
今週の大物ボンクラ二世の称号は、徳川秀忠様に☆ 
家康討伐の機運が高まる中、いろいろな人が「ここが最後の賭けの場面」とばかりに様々な決断を下す。重病の大谷吉継も、断捨離苦手の着物を選びきれない薫様も、細川ガラシャ夫人も、稲姫も、それぞれの人生に見合った選択をしていく。上杉討伐の軍に加わっていた真田家の三人の男たちも、次の時代を見据えてひとつの選択をするのでした。

今週の新登場:江(新妻聖子)
今週の久々登場:堀田作兵衛・与八(よはち) 与八役の今野浩喜さんが今後どんな活躍を見せるのかしら! 楽しみだわ!!!!

ふむふむ、犬伏というのは佐野市なのね、メモメモ。

真田丸もシン・ゴジラみたいに絶叫ハイライト上映会やればいいのにねー。年末に企画されないかしら。

秋の夜そして誰もがいなくなる/真田丸 第33回『動乱』/五輪のはなし

真田丸 完全版 第壱集 [Blu-ray]

秀吉の遺言を無視しして、どんどん勢力を広げる家康。三成は伏見の家康屋敷を襲うことを企画☆ そんなおり久しぶりに顔を出した板部岡江雪斎様、信繁は再会の偶然を喜ぶが、彼は実は本多正信が放ったスパイじゃった! 家康暗殺計画が漏れ、大方の大名は家康方に付くことに。大谷刑部にも諌められた三成は「あれがおったわ」と細川忠興(矢柴俊博)のところに干し柿を持って「我が方についてくれるよね?」とのこのこと。忠興は「こんなもので人が釣れると思うのか!」と干し柿を投げつける。うん、わたしもそうするかな。。清正は「おまえ、振り上げた拳をどうしたらいいか迷ってるだけなんだろ?」と諌めにくるが、それにもうまくのることができないコミュ障・三成! 北条様と一緒で、何度も何度も命が助かる場面があったのに、ばかー、三成のばかー! 追い詰められた三成を脇で見ていた信繁はおとうちゃんにお願いをする。そしてこの騒動が終わったかと思ったとき、景勝のまさかのホニャララ宣言が!!!!

つまりはこういうことでした。三成がんばって!

宇喜多さんって八丈島に流される宇喜多さんだよねぇ。宇喜多秀家さんを演じている高橋和也さんが六児のパパとしって、いま「くらぁっ」となったわ。


五輪雑感。

初戦敗退の悔しさを味わった石川佳純ちゃんが、予選敗退の悔しさを味わった桐生くんが、団体戦ではメダルをとることができて本当によかった。
シンクロの日本、素晴らしい出来でした。それにしてもロシアの一糸乱れぬ演技ときたら!これはやはり、ドー…ピーーーーーーー(※音声が消されました) ングッ(※クチにモノを詰め込まれる音)、いえいえいえ、なんでもありません、ゲフンゲフン。
競歩の荒井さん、まさかのといっては失礼ですが、まさかの銅メダル! 素晴らしい! わたしは走る荒井さんに中日の山井が重なり、荒井さんと接触したカナダ人選手に達川の姿が重なりました。選手同士は遺恨もなく、お互いのプレーを讃えていたようでなによりでした。

通夜パーリー治部様にあり黒歴史/真田丸第32回『応酬』

真田丸 完全版 第壱集 [Blu-ray]


秀吉が亡くなった! だけど出浦様は生きていた、ほーらね! 上杉景勝や宇喜多秀家などによる政権運営が早速始まる。最初からキシキシしているこの会議、「You、政権奪っちゃいなYo」とまたもやそそのかされた家康たん、積極的に接待攻勢開始! 「なにやら家康が怪しげな動きを・・」などと信繁が心配してるさなかから、ザ婿養子・信幸が「あー、おれ、今日、その宴会に呼ばれてるんだけど・・・行っちゃやばいの?」的な反応を。とはいえザ婿養子・信幸、のこのこと出向いてみると相当盛況な宴会のご様子。それを聞いた信繁・三成、「うっ、うちだって接待してみるもんね!!」と企画した、招いた、開いた、宴会場覗いてみた、宴席が埋まってなかった!!! ガガーリン! 遅れてやってきた加藤清正は「ま、人は少ないけど、殿下を悼んで飲もうぜ」と三成を誘うが、「俺は仕事があるから失礼する」などと。ばかっ! なにっ! その空気読めなさっぷり! その読めなさをこじらせると、城を失い、闘いに負け、友達の命も巻き添えにし、自分も死んじゃうのよー! ばかー! 治部様のばかー!!! そんな中、あせる三成は「わかった、もう、俺やるわ、あれをやるってことだわ」とある決意をするのだが・・・

今週の退場者:たぶん無し

今週の見所:三成開催の寂しい宴会

今週のお漬物:塩漬け秀吉たん・・・いーーやぁーーーー!!!

あの寂しい宴会のシーンを見て、「退任する牧師様のために村人たちがワインを一瓶ずつ持ち寄り樽に詰めた。牧師は楽しみにワインの入っている樽を開けた。しかし中に入っていたのは透明な水だけだった。『自分ひとりごまかしたところでバレはしまい』という村人の浅ましさやいかばかりのものか!」という寓話を思い出して涙した。わわーん。三成がんばれ!

星野源キャッキャウフフの夏屋敷/真田丸 第31回『終焉』

NHK大河ドラマ 真田丸 オリジナル・サウンドトラック II 音楽:服部隆之

小日向・秀吉・文世の死期が近づく。治部様三成が大谷・愛之助・吉継に確認とりながら遺言状をしっかりと練り込む。受理した徳川家では「これでは内府殿のでどころがないですなー」と本多正信がそそのかす。番をしていた且元の制止を振り切り、寝所に押し入った正信・正純・家康、別の遺言状を瀕死の秀吉に書かせる。それを知った三成、ガッデーーーム! 「殿、もう一度書き足すのです!」「やだー眠い・・・」「眠くないっ!」、三成の中に潜むドSの振る舞いにしびれる日本中のお茶の間のみなさんでした・・じゃなくて物語はもうちょっと続きます。

茶々殿は秀頼を秀吉になかなかあわせようとしない。「だって、あんな死にそうなおじーちゃん見せたってしょうがないでしょ?」と悪びれもせずさらりと。そうじゃねぇだろと思いつつ黙っている信繁。「殿下、死なないで!」と三成がまたもや水垢離を。しかも今度はふんどし姿で全身で、なぜ、ひつようのない、下半身姿までっ! NHKのあふれるばかりの三成愛にまたもやしびれるまくる日本中のお茶の間の皆さまでした・・・じゃなくて、今回のニヤニヤポイントはまだその先に残されていたのです!

「家康、超信じられねぇ!」と三成は昌幸のところにやってきて「内府殿を暗殺してください」とご依頼を。昌幸たん、ニヤニヤしながら「えー、俺、その話聞かなかったことにするわ」とアメリカン映画でよくあるよねこういう展開な感じを演出! そんな緊迫時に信幸が、おっかねえ義父に「同時に二人生まれたとまだ言えてなくって・・・」なことを家康に相談中! どうでもいいわ、その悩み!、などとやってる最中に星野源と大泉洋が織りなすニヤニヤポイントが!!!!

ふぅっ、忙しかった・・・・今日の真田丸もすごく盛りだくさんだった・・・

今日の退場者:豊臣秀吉(小日向文世)

あの寝顔! あの暗闇のような口をぽかんと開けたのあの寝顔!! あの老人メイク! 歯茎だけ黄色くしてほかを白塗して老人っぷりを際立たせたあの老人メイク! なかなかの死に方でした。「あずみ」であのおじいちゃんが死ぬシーンくらい、「寄生獣」でミギーが死ぬときくらい、トラウマに残りそうな死に様でした。よく考えたら、物語終結まであと4ヶ月! いやー、このあと高野山とか関ヶ原とか大阪冬の陣とかあるのよね! いやー!! 今年もあと5ヶ月!! いやー!!!!

秀吉の遺言状については丸島先生の特設コンテンツができてたよ! みなさまもぜひー!