白牡丹母の遺産がまだあって/とあるアラ子「美人が婚活してみたら」

生前、母は病床から「うちはお金がない、金がない」とずーっと言っておりました。いやいや確かにお金ないかもしれないけど、父親は厚生年金で母は国民年金の組み合わせ。裕福な人はたくさんいるし上を見たらきりがないけど、家も田畑もある(固定資産税だって微々たるもの)年寄りが暮らすには十分な金額が支給されていて娘達からの仕送りも若干ある、行政の介護は手厚い。「お母さん、自分でいうほど貧乏じゃないよ。もっと大変な人もいるよとは言わないけど、少なくとも私がこれから迎える老後よりははるかに恵まれているよ」と何度も口にしたものです、それがどのくらい伝わっていたかはわかりませんが。

昨年6月に姉と「母が持っている現金ってどのくらいですのん」と調べあげた。その金額は数百万、都会のリッチなサラリーマン家庭の家の子たちからみたら本当に僅かな金額(この金額をAとしておきます)だけど、地方だとしたらちょっとよい有料老人ホームに入れさせることができるくらいの金額です。その金額を母に告げたら、「そんなにあるの?」と驚いた顔をおどけて見せてくれました。でもあの金額の話をしたために、「それだけあればお父さんが一人残ってもなんとかなりそうだし、じゃ、もういいかー」と母親なりになんだかスッキリ納得してしまったようで、その数日後にあの世に一人で旅立ってしまったのです。なにか引き金があったとしたらあれで安心させてしまったことだと今でも思います。

母が亡くなったあと、私達が把握してなかった保険や定期がまだあったことがわかりました。また各種預け金やら組合費などが戻ってきて、合算すると当初の1.5Aに。そうこうしているうちに父が亡くなり、今度は父の残したお金の受取が始まる。父は保険には入ってなかったけれど、これもまた娘達が預かり知らぬ定期にいくつか入っていて(多分母親がこっそり入れておいたものだと思う)、結局なんやかんで父母が残したお金は当初の倍の2Aとなりました。

こんなにお金があるなら(何度もいいますが、都会のリッチな-以下略-)、もっとよい老後生活を送らせることができたのに、もっと楽しい思いをさせてあげることができたのに、と心から悔しく思っています。私達にお金残さなくてよかったのに、自分たちでお金を使い切って豊かな最後を過ごしてもらいたかった。老後にお金を残すことも大事なことですが、うまく使い切って死ぬことはなかなかできない。海外に行った帰り、現地の空港での搭乗直前に、残った小銭を手頃なカフェですべて使い切る、そんな風に人生を終わらせることはなかなかできない。

自分たちも時間やお金を多少犠牲にしてきたが(犠牲という言い方もなんだけど)、これだけの現金があれば母にしてあげられたことはもっとあったのではないか、もっと要望にこたえてあげることもできたのではないか・・。
などとさめざめとしている最中、若手官僚たちが作成した未来への提言資料『経済産業省:不安な個人、立ちすくむ国家 ~モデル無き時代をどう前向きに生き抜くか~』が転がり込んできた(※この資料P24にもあるけど、うちのママンは「胃ろうなんて絶対しないから」とそこははっきり言ってましたからね、どこかでそういう情報を耳にしていたのでしょうか)。

人生とは、この時代に生きるということは! 生きるということは!

この前、好きな漫画家さんのツイートに背中押されてこの漫画を読んだけど、
美人が婚活してみたら

現実、私が今、読むべきだったのはこっちだったよね、てへ☆ 
これは紙の本で買おう。近いうちに!
マンガ 自営業の老後

その点、猫はいいなぁ。スパイごっこしてるだけで1日が終わるんどすえ。
試験も納税もない♪ いいなー。
IMG_7552

天領の村の葬儀や納豆汁 木下咲子

5月1日の昼、姉からの電話で伯母が亡くなった報せを受ける。

伯母は母親の姉。昨年11月の終わりに旦那さまを亡くした。その後、急に体調を崩してしまい、1月の私の父の葬儀には出ることができなかった。名代として年長の従兄弟が参列してくれた。父の葬儀からこっち、月に一度は実家のある土地へ帰り、その都度、叔母の家にも立ち寄っていった。もともと小さな人だったけれど、どんどん痩せていく、「もう早くあっちに行きたい」と言い出す、酸素ボンベをつけるようになる。なんてことだ。近づいている。あちらが近づいてきてしまっている。去年の夏には「私のことを母親と思ってくれていい」と言ってくれた彼女が、母親の顔にそっくりな彼女が、どんどんあちらに近づいて行ってしまっている。そんな心配をしていた矢先の出来事だった。

葬儀は連休の間に執り行われた。本当に、こんなことを言ってはアレなのだけど、この九ヶ月で同じ火葬場に三度足を運ぶことになった。叔父の葬儀にも参列した姉は四度、身寄りのない親戚の葬儀を先月執り行ったばかりの別の従兄弟は五回もその火葬場に行くことに。担当の男性たちとも顔なじみとなってしまい、粛々とした気持ちはあるもののなにか慣れのようなものも湧いてしまう。しかし拾骨のときには「こんなに小さくなってしまったのか」と膝が落ちそうになった。

慣れといえば、葬儀も随分と緊張感のないもので、葬儀屋は故人の名字を間違い、弔事は一切飾りのない型通りのもの、精進落しの場で献杯の挨拶では長老が「これからの故人のごはっt・・・」と言い間違える始末。まったくもう、慣れるもんじゃないですね。

父親の遺影もきちんと整えてない時点でこんなことになってしまった。年齢によると思うけど、七十五を超えると、先だった相手を半年以内に追って行っちゃうものなのかもね。叔母は五ヶ月で、父は半年で、相手を追っていきました。おばさんにはもう少し甘えたかったんだけどな、お母さんにそっくりだったから。

初彼岸見舞いを提げて黄水仙/男の人ってどうしていっつもそうなの?事件

土曜日、お仕事と飲み。
日曜日、各地の物産館、物産展めぐり。いろいろ言いたいことがある、ダメ出しという点で!
月曜日、お彼岸で日帰り長野。

朝6時台の高速バスで長野へ。途中のSAで下車、甥・姪の乗った姉の車に合流。買い物して実家へ。掃除、墓参。父親の遺影を所定の位置へ飾る。家の掃除をしていると、叔母と叔父がやってきてくれた。そこで初彼岸見舞いというものをいただく。四十九日を二回経て、なんとなくご縁が薄くなってしまったような気でいたけれど、二人の来訪に心強く思う。その後、昨秋亡くなった叔父の墓参りと叔母の見舞いを。帰りに姉の家の子猫を愛でて、小さな生き物のをぬくもりを存分に味わい、ガブガブされて帰って参りました。

 

三連休最終日の中央道が渋滞しないはずはなかろうと、帰りは特急あずさで。地元のコンビニで小さいボトルのイヅツワインを赤白買って、飲む気満々で乗り込む。私は通路側、窓側の席には男性サラリーマンが。

男性サラリーマン、席に着くなり靴を脱ぐ。なぜ?! なぜ!? あなたの靴下がグッドスメルマンだとでも? そして肘掛け専有、足は私側に大きく投げ飛ばす。座席の中央にある肘掛けは、他人同士が座った場合には肘掛けとして使うものではなく仕切り板だと認識しているんですけどー、なんでそんなグイグイくるの? どうして? どうして? そんなに広い空間が必要ならグリーン車へお行きなさいーーー。と、八王子あたりまで我慢してきました・・・長かったよぅ・・・。

肘掛け問題はさておき、あったりまえのように靴脱ぐのはやめておいたほうがいいんじゃないかしら。特急電車なら靴脱いでもいいという法律とかあったかしらどうかしら! なんで靴脱ぐの? 自宅? あ、そうかー、自宅かー、自宅だったら靴を脱ぐよねぇー。よく「車内で女性が化粧するのは見苦しい!」っていうけど、おっちゃんらも結構見苦しいですよ? みんな仲良く、気持ちよく、車内空間共有しよう!

桔梗ヶ原イヅツワインはおいしかったです。赤がおすすめです。
井筒ワイン スタンダード 赤 720ml × 12本 中口 [ イヅツワイン 桔梗ヶ原 ]

父さんは保険かけない人でした

母は保険や定期にいくつも入っていて、亡くなったあとの整理が大変でした。手続きの煩雑さに、お葬式代だけ残してくれればいいんやでぇと思いもしましたが、いろいろの手続きが終わったあとには、田舎とはいえ決して少なくはないつきあいに掛かる金額を子どもたちが心配しなくてもいい状態にして残していってくれたことには本当に感謝します。なんて立派な人なのか。

その点、父親は、国保だけ、生命保険も傷害保険も入っておらず(土地建物家屋を守る保険には入ってました)手続きするべきものがなにもない。せいぜい「もう年金要りませんので」と年金事務所に申し出るくらい。入院中の費用は、高額医療費制度を利用してその範囲内で賄うことができました(個室などの実費は別)。ほんとうに、高額医療費制度ってばありがたい。これで子どもたちも父親も困ることは全然なかったのでございます。

などと言ってるわたしは、共済をひとつ、障害保険に強い生命保険をひとつ、で、一昨年した入院の給付金が先ごろ還付されました。合算しますと「おぉ、一人暮らしサイズでしたら引っ越しできますやん」な金額。でもねでもねでもね、全然モトは取れてない。そりゃーいただければ嬉しいですけど、共済はいままで220万、生命保険は384万も振り込んでいて「これかい」という金額(とすると共済のが全然具合がよいではないですか!)。

保険に入っていなくて、ただ入院して、そこで出費したら全額20万の出費。
保険に入っていて、入院して、給付されても全額500万以上の出費。

とはいえNO保険だったらどうするのか、たまたま自分が健康体だからよいものの、そうでなかったらどうなのか、途中で保険を止めることが一番アホらしいと人は言う、しかし実際のところどうなのか、教えて竹川美奈子先生!、な春の日でございます。斗比主閲子さんだったら既に答えはでていることじゃろうて。

一番やさしい!  一番くわしい!  個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)活用入門