神楽坂蚊取り線香あるホテル/神楽坂パルスギャラリー『猫展』/猫の絵買っちゃった

神楽坂駅よりは、JR中央緩行線飯田橋駅や南北線・有楽町線飯田橋駅が近い神楽坂パルスギャラリーで「猫展」という展示が開催されています。毎年定期的に開催されているイベントのようなのですが、今回、着物のお友達が出展するということで、ご挨拶がてらちらっと覗いてきました。場所はアグネスホテルの方面です。蚊取り線香がありそうなホテルです。ちなみに山の上ホテルには昔キンチョールがお部屋に置いてありました、昔々の話じゃて。

猫グッズ縛りの展示販売会なのですが、あのぅ、ほんとうにこういってはなんですが、こういう猫縛りの作品展示会ってちょっと微妙な絵柄のものとかあったりしますでしょ? 「うぉぉぉーファンシーすぎる」とか「素敵な布地になぜ馬場のぼる先生の絵柄の猫ちゃんが・・・」とか「こういう奥様のクラフト一直線って感じのはなぁ」ってのが多ございますでしょ? 正直、そのあたりはどうかしらんと覗いてみたのですが・・・・。

「んぎゃーん、一目惚れー、あたい、買うわ、この絵を買うわ!! 店主、赤いぽっちの売約済シールを持ってきなさいっ、さぁ早くっ!」という作品に出会いました。小振りのアクリル画ですが、近所でたまに見かける長毛種のフサミにそっくりで、あらあらフサミ、ここにいたのかい、居心地良さそうなところじゃないかい、さぁっ、店主、赤いポッチの売約済シールを早くっ! 私が即決するくらいの価格設定をしちゃう作者さんが、算数が本当に苦手なようなのがとても心配です。

※フサミってこの子。
IMG_6165

お友達はお茶をやってる方で、「iPhone6 と懐紙とティッシュを一緒に持ちたいなーって思って」と素敵な品物を古布で作ってらしたの。これはIDEEのハンカチをアレンジしたものなのだけど(リサ・ラーソンの猫かな?)、表側がこうなってまして、

中を開くと、キラーン☆な目つきの猫のところからティッシュが一枚ずつ取り出せる塩梅になってます。

あら、便利! しかもかわいい! その方は他にも素敵な「中国の布」やら「ドバイのバザールで買ってきた古い織物」とか魅力的な古布でつくった小物を多数出品してまして、世の中には古布好きというジャンルがあるのかと改めて思い知った次第。

ドバイの布はまさに乙嫁語りの時代の織物で、私も同席した別の友だちもうっとりし、「そしたら奥様たち、今度、ペルシャ絨毯見に行きません?」「行かないわよっ(即答)」「まぁ奥様、つれない・・・」「買っちゃうってわかってるから行かないのよっ」とのこと、返事のひとつひとつに強い意思を感じさせられました。

今日の鶉句 布好きも業が深くて額の花

『初夏の神楽坂 ねこ展』は6.14(火)まで。詳細はこちらから!

乙嫁語り コミック 1-8巻セット (ビームコミックス)