生きていくつまらなきこと蜜柑喰ふ(鶉)/今年やってよかったこと その1

昨日は今年最後の句会でした。
とても楽しかった! 
みんなも俳句やればいいのにー。

今夜の句会猫。のっしり。 #cat #japanesecat

@ukaukatterが投稿した写真 –


去年の話なんですが、わたくし、子宮筋腫取りましたでしょ? あれはやってよかったねぇー。去年の今頃は手術がおわったばかりで、まだ部屋の中でうぅぅー内臓がごろごろするぅーなどとうんうん唸っていただけでしたが、年が明け体調が戻ってきてからは取ってよかったなぁとしみじみ感謝することが何回か。少量の出血が3月頃まで続いていたりもしましたが、それが落ち着いてからは普通の生活に戻ることもできました。

なにが一番って、あなた、わたし、「お腹が出てなかった」んですよ!!! 

3年ほど前、筋腫の大きさが増していく途上でジーンズを1本新潮しました。。履いているとお腹の出っ張りとボタンが擦れて痛く、ベルトの穴も目いっぱいな感じで「あれー、私ってもしかして体重以上にお腹が出てるのかなー」としばらくお蔵入りさせておりました。

それがですね、アレを取ってからは「なんだよこのゆるゆるジーンズは」という次第。あの頃、「がんばって出産してね!あなた希望の星よ!」と外国人旅行者から電車の中で席を譲られたこともありました。あの旅行者の眼には、高齢出産の妊婦に映っていたんでしょうね、私ってば・・・ふふっ・・・我が家に鏡がないわけじゃなかったのに・・・ふふっ・・・私ってば全然現実を直視してなかったんだね。

それが手術により洋服が楽しく着られるご身分になりまして大変満足しております。クオリティ・オブ・ライフとはこのことだったのですね。まぁ、体型が変わって見えるほどに筋腫を成長させることもないんですけれども。