ホストの地獄道

昨夜遅く、TBSで低迷するホスト業界の内幕についてドキュメント番組をやってました。丁度DVDを見終わってテレビにチャンネルを切り替えたときに番組が始まりまして、見たくて見たわけじゃないんだが、こういうチャンネルもなにかしらのつながりを感じましてのぅ。
【ドキュメント・ナウ】
東京歌舞伎町・客足遠のく・ホストクラブの悲鳴!
日曜に華やかで景気よさそうな話を聞いたあとだったのに、「歌舞伎町の火は消えた」「諸々さっぴかれて(月給は)手取り4000円ですね」「店をたたもうと何度も思った」といったセリフを聞くと、日曜のはなんじゃったろうか、と。
ひとつだけいえるのは、日曜に出演していた男の子たちは、鼻息が荒くて実際に目の前にいたら水ぶっかけたくなるような生意気そうな子ばかりだったけど顔立ちはまぁ綺麗だった。昨夜見た男性たちは、年齢も年輪もそれなりに感じられて、なおかつ中学校のときにちょっとかっこいいかもーと思っていたのに高校に入ったら急に色あせて見えてしまうような、そういうタイプの顔立ちの子が多かった。ホストにもいろいろあるんじゃね。
まぁ言えるのは、何の世界でも見知らぬ人の財布からお金を出させるっちゅうのは大変なことじゃね。

悪夢のグローバリゼーション「ダーウィンの悪夢」

7月は激動の一ヶ月でした、いろいろが、こう見えても。昨日も激動。あたしなりに激動。ところでグロちゃんってグローバー義和さんのことよ。しかしATMで50万円しか下ろせないのって本当に不便ね。先月買った携帯電話が大ハズレでした。ちゃんと動作テストとかしてあるのかなー?
ダーウィンの悪夢ヴィクトリア湖に放たれた「ナイルパーチ」という肉食魚をめぐって起きた悲劇を描いたドキュメント映画「ダーウィンの悪夢」を見る。ナイルパーチは、EU・日本に多く輸出されており、日本では「クセのない白身魚」として人気の魚だそうだ。以前は「白スズキ」という名前で流通していたが、法規制のため「ナイルパーチ」という名前で売られているようです。身近なところではフィッシュバーガーなんかにも入ってるんでしょうな。
映画で描かれた負の食物連鎖は目を覆いたくなるもの。ナイルパーチは肉食魚なので湖の魚は食べつくされ、生態系は激変、固有種も激減(琵琶湖や各地の湖でもブラックバスによる被害が深刻ですが)、食用魚としての加工処理場は潤っているが、そこで加工された魚肉は地元の人の口には入らない。蛆虫のわく残飯処理場のような所に捨てられた処理の終わった魚の残骸をかき集める。その仕事に従事している女性の右目はアンモニアガスにやられて無くなっていた。その肉を調理して地元の人のために売るのだが、経済的に困窮しているので多くの人は食べられない。子供たちはナイルパーチの梱包材を燃やして、あらゆる恐怖や悲しみから逃れるため、その気体を吸いドラッグを楽しむ。しかしそれはあまりにもひどいものなので死に至る子供もいる。ナイルパーチは空輸されるわけだが、EU諸国から空荷の飛行機がやってくるわけもなく、積荷をアフリカ大陸のどこかに下ろしてからタンザニアへやってくる、その中身は各地の紛争に使われる武器弾薬。なんだ、このグローバリゼーションは! 悲しくなるよ。蛆虫だらけの残骸処理場の上を、ぼろぼろの服を身にまとい裸足で働く人たちの暮らしの上に、私たちの食生活が乗っかっているのかと思うと悲しくなった。
この映画を見て日本中に放流されたブラックバスやブルーギルのことを考えた。実は私は糸井重里さんがちょっと苦手なんだけど、それは十年くらい前彼がバスフィッシング愛好者だったことに起因します(今はどうだから知りませんが)。えぇー、この人ってバスフィッシングという目先の快楽につられちゃう人なんだ、そのまわりのことって目に入らないんだー、と驚いたものです。まぁ人は変わるものだから、そろそろ忘れてやってもいいんだけど。
中途半端じゃない田舎出身の人間としては、都会暮らしの人たちがいう「ロハス」や「エコ」という言葉の胡散臭さや薄っぺらさをどうしてもキャッチしてしまうのです。了見が狭くなっていけないわねー。

広島に行きたい

広島に行ってスラィリー君とデートしたい。
スラィリーのデザインは『セサミストリート』のキャラクターデザインを手がけたハリソンエリクソン社(アメリカの会社)なんですって。なるほど、あのクオリティの高さはそこらへんからきてるのね。

またドアラが必要以上にかわいこぶりやがって・・・

トラッキー、ちょっと図々しくない? 私が見慣れてないだけかもしれませんが、楽天のクラッチの影が薄いのが気になります。ジャビットは眉毛があると親しみが沸くんじゃないかしら? オリックスのキャラの髪型は折口会長のようですね。マリーンズのマー君、あどけなさすぎ。日ハムとソフトバンクは身体能力が高そうなビジュアルです。顔が白い西武のは意外と目立たないね。顔の容積ではホッシーが一番ですな。
それにしても、一番かわいいのはつば九郎だよね、みなさん異論はございませんよね? あぁつば九郎かわいいよー。つば九郎ブログもゆるくていいよぅ
※広島東洋カープホームページから勝手に転載。
私信:テンションあわせてやったのよ、フフン。バカっ、バカっ、グロなんて好きじゃないんだからねっ! 

好きな先輩に告白する

淡いグリーンと紺のたて縞の駒上布と、麻の水色の帯。
絹織物の駒上布というものを初めてきましたが、軽い! 本当に軽くて羽のよう。気持ちいい着物です。男前に着られているといいなぁ。
私は顔立ちがぼんやりしているので、濃い色の着物のほうが顔立ちがはっきりするようです。うーん。あの薄ピンクのやしろぎさんのお召し、濃い色に染めちゃいたいなぁー。いまいち顔がはっきりしないような気がするの。どうでしょう?
好きな先輩に告白したいのに勇気が出なくて「おねがい、スガ、ついてきてー」と頼まれるようにして、タワレコで行われたジャクソンバイブのインストアライブに行ってきました。いやー、ギターの橋本君ことケンドー君、清々しくって好きー。
Jackson Vibe、売れてほしいなぁ。「カサや、ソウルフラワーユニオンはね、デビュー当初はニューエストモデルというバンドで、そのときはソニーレコードが強烈にプッシュしてくれたんですよ。その流れでファンになったあたくしのような人間がですね、いまだにファンとして健在しているからいいんですよ。えぇそりゃソウルフラワーというバンドになって去っていったファンもいるこたいますがね、それでもソウルフラワーのファンの多くはバンド初期に勝ち取った人が殆どだと思うのよ。いわば推進力はもうないけど、摩擦がない限りこのロック街道をすべっていくことができるわけです。グロちゃんたちもそういうファンがガンガンつくように、ガンガン売れやすいタイアップしてもらえるといいわねぇ」と銀座の居酒屋でくどくどとかきくどいた。売れろ、ジャクソン! グロちゃんもそろそろ三十路だしな!
※上の情報若干間違いがあります。ニューエストの被プッシュの歴史については、当記事のコメント欄を参照してください。