二本立てでいこう!

 
さて、ブログのタイトルも『プロ野球2009 風と雲とキモノと』と2009年度版になりましたが、今年もあと二十数時間、勝間和代さんの魅力に抗いきれず、勝間和代手帳(茶)2009年度版も買ってしまいました。別に年商を10倍にしようなどという大それた思いは持っておりませんが、私は、自営業のくせに、お勤めの人に比べたら何倍も自由に使うことのできる「時間」をうまく活用できておらず、その点がすごくもったいないと自覚しています。このグダグダな年末の過ごし方だって、あぁばかっばかっ! 11ヶ月がんばって最後の一ヶ月でガソリンが切れた感じで、どうもグダグダしてしまい反省。だいたい私と同い年で、お勤めで、お子さんがいて、なんて人たくさんいるのに、なんてぇていたらく!、と思っちゃうわけです。だから来年は時間をもっと大切に使いたい、♪ やればできるは魔法の合い言葉。
高橋手帳で小金をためて、勝間手帳で時間を貯める、と来年はそんな二本立てで行こうと思います。
その他気になった本。

テッパン男
ぱらぱらっと立ち読みしただけで、「かっこいいオレ(私)を演出しようとすることは、なんてかっこわるいことなんだろう」というテクストが目白押し。あぁっ、ぱらぱらと立ち読みするだけで、羞恥心にまみれて本屋をじりりと後ずさり。

そのオトコ、いくら好きでも別れなさい
これもまたパラパラと読んで、あんぎゃーとなることたくさん。表紙のイラストとあいまって、ちょっと楽しく、そして自分をも振り返ることのできる一冊やも。
こちらは買いました。

手ほどき七緒
キモノ着たい女子一般を多角的・総合的に助けてくれる七緒さんが、「手ほどき七緒」というムック本を出してくれました。月に何度か着物を着てはいるけれど、なにか釈然としない自分の着付け、かっこよく決めたつもりだったけれど後日写真を見て愕然とする自分の着物姿、そんな悩める初級・中級者向けの最強着付け本です。お正月、着物を着るとき、鏡の前に一冊おいておくといいかも。おすすめです。基本って大事!
【七緒別冊Vol.1 手ほどき七緒 永久保存版】
本屋の新刊本まわりをみていて思うのですが、「手っ取り早く富らしいものを手に入れる本」がすごく増えましたねー。10年前は「年収一千万」「FXで月100万」「アフィリエイトで月10万」などと、具体的な数字がはっきり書いてある本はそんなになかったような気が・・。まぁもちろんFXもアフィリエイトも10年前はそんなに一般的ではありませんでしたけれども。段階を経ず、すぐさま成果を出したい、というのが主流なんですかね。その横で、なんたらの品格なんてえタイトルの本が並んでるっつーのもなんだかなぁ。

暴走する国家 恐慌化する世界―迫り来る新統制経済体制の罠 副島 隆彦、佐藤 優 
ぎゃぁぁー濃い面子ぅぅぅーーー!!
あとAdobeから「これからもAdobe使いたかったら、あなた、94000円払うアルね!」という脅迫状が・・・。この宗教高くつくなー。