今日の地下鉄/締め日/ガラスの仮面


この回、じわっとくる。
トリシア田中の悲劇が喜劇すぎたとしても、だ!!
銀座線に身長168センチのサイードがいた!
大学生かな? 
かわいかった!!!
決算だったので、お金まわりをいろいろ整理・確認。
おつかれさまでしたー。明日から、また一年!
ガラスの仮面44巻を読みました。今度の月影先生は夏木マリさんです! 雰囲気あってお似合いですわ。
紅天女をどっちが演じるのか決めるこのエピソード、一体いつまで続くんでしょうか。正直、同じような踊り場を何度も下りたり登ったりしてるだけにしか・・・というか、「一年待ってまた同じ話ぃ?」というか、その、ゴニョゴニョ。今回ばかりは、痺れを切らし「ファン待望の一冊」とは呼べないわぁ、残念! あの有名なエピソードがまだ単行本に収録されていなかったことに逆に驚いたりしましたが。先生、がんばって!!! 話をぐるんと動かしてください! 是非!