ヴァン クリーフ&アーペル 「ザ スピリット オブ ビューティー展~時空を超える美の真髄」

今日の着物
・モスグリーンの結城
・ベージュ色の真綿紬の帯
今日、うっかり出会ったさる方から、うっかりと招待券を頂戴したので、時間もあったのでヒルズの52階まで登って見てきました。招待券でももらわないと見ないタイプの美術展だけど、見てよかった。なんというの、セレブリティの秘かな愉しみとでもいうのかしら、いや、あんなにでかかったら、密かになんかできやしないけど、えぇーと印象深かったものをいくつか。
・展示スタイルが斬新でステキ☆
月に降り立った宇宙飛行士が頭にかぶる透明のドーム型のヘルメットのようなものにそれぞれのジュエリーが展示されています。大人の目の高さでじっくりとみられる位置にセッティングされており、その宝石のひとつひとつを間近で見ることができます。照明は落としてあり、そのドームのひとつひとつは、白い大きな枝の上に置かれており、静かな森の中のよう。
床から天井までの高さにセットされた円筒の中にもジュエリーが吊るされる形で展示されており、これもまたステキ。とても幻想的で、ええ、実際時価にしたらこれまた幻想的プライスなジュエリーを360度の角度で見ることが出来ます。ヴァンクリーフさんちの桁違いのジュエリーを身に付けた人と間近に接する機会なんて、私には生涯訪れないでしょうから、まっこと大変な眼福経験をしたと思っちょります。
展示会場で使われているBGMも大変心地のいい、しかし、意思の有る水のような音楽で、他に客もおらず、一瞬、青白い洞窟の中で、まだ誰も目にしたことのない宝物を見つけたような気分になります。ていうか、大どろぼうホッツェンプロッツがこの会場にやってきたら、がーっと掃除機で吸い込みたくなっちゃうんじゃないかしらー。夜の警備はどうなっているのかしら? 実は全部レプリカです☆といわれても、全然気にしませんわよ、だって、見ているだけの私でさえ、警備について心底心配になってるんですから。
・数珠みたいな三連ネックレス
入ってすぐにエメラルドの三連ネックレスが展示されています。遠目で見たら翡翠かと思ったんだけど、近くで見ると石の光が違い、その時点でようやくこのネックレスの尋常じゃないことに気がつく。
えっ、全部エメラルドなの? 月山の山伏が身に付けてる数珠みたいなサイズだよ? こんなでかいエメラルド、よく見つけてきたなー。
真珠の三連ネックレスあるじゃないすか、あれの大振りのサイズで、しかも本来真珠であるべきものが全部が極大のエメラルド! エメラルド鉱山一個取り潰して作ったんじゃないかしら、ってくらいの迫力でした。つけるほうもあれは気合がいったろうなー。
・冒険のスピリット
この展示は、美の化身、自然のスピリット、エレガンスのスピリット、冒険のスピリットという4つのカテゴリで展示されてるんだけど、冒険のスピリットの展示が愉快だよ。東洋、インディアン、日本、エジプト、ロシア・・・冒険でしか行かないような土地の情緒あふれるアイコンに、ぎゃばー、なんでそんな大量のダイヤをくっつけてんの、という不思議愉快デザインのジュエリーが並んでいます。
お釈迦様の光背が全部ダイヤとサファイヤでびかーっと光っていて、『お釈迦様、それ嬉しく思ってないよ』ってつっこみたくなるものとか。ここ、西洋の人の異国情緒が理解できてちょっと面白いです。
・総括
マレーネ・ディートリッヒやケリー王妃といった美の化身ともいえる人たちや、最近のハリウッド女優が映画祭などで身に付けたものも終盤に展示されているんですが、1930年代~50年代のデザインに比べると、現代の葉随分と小粒な印象。まぁ、往時の大女優たちと比べたら、相応なサイズかもしれません。
展示品にものすごく近づいて見られるので、宝飾好き・綺麗なもの好きな方にはおすすめしたい。そんでその展示を見たあとは、ギロッポンヒルズの東京シティビューで、東京の夜景という宝石をどうぞご覧になって。西麻布や六本木に、建物を壊すだけ壊して次の目処が立たなかったんだろうなーというちっちゃい駐車場がすごく増えたのもよくわかりますし。
楽天でこんなの売ってた。

Vancleef & Arpels/ヴァンクリーフ&アーペル ダイヤモンドリング 鑑定書付き [中古] 680万円

ヴァンクリーフ&アーペル ミステリーセッティングリング 10.0、こっちは630万。
しかし楽天、なんでも売ってるなー。
はい、今日の関連情報はこちらー。
 
ヴァンクリ展は招待券で見たけど、52階のカウンターで800円払って、医学と芸術展と東京シティビューも堪能してきた。O・KA・I・DO・KU☆

今年達成したこと

・氷結果汁とじゃがりこという夜の黄金コンビからの呪縛から逃れた!
「氷結果汁を飲んでいいのは新幹線と特急電車と友達の家の中だけ! いわんやじゃがりこをや!」と八月にココロに決めて(うぅ、氷結が一番うまい時期)、達成。ふぅー。よくやった、オレ! よくやった!! コンビニの売り場の前で二回ほど煩悶したけど、最後は意志の力です☆
・マ●ントレーニヤのカフェラッ●の呪縛から逃れた!
ジョディ・フォスターのCMで華々しく国内ドリンク業界へデビューしたマウン●レーニヤのカ●ェラッテ、夏場は一日一本飲んでいましたが、いやいや、これ糖分すごいでしょ、体にあんまよくないっしょー、甘い缶コーヒーとそんなに成分変わらないっしょー、などと思い至り飲むのをやめた。以前は中毒のように飲んでいたけど、案外すぱっとやめられた。
●フェラッテ中毒離脱後一ヶ月経過したときのことですが、打ち合わせの席でお客さんが「これどうぞ」と一本くださったことがあった。ひとくちで体が拒否してしまい、会議の間手元においておいたけど、終了後そっと流しに捨てた。あのとき感じたまずさは一体なんじゃったんだろう、不自然な甘さが原因か? 乳化剤が口にざらっと残ったのか? 

健康面ではそんな感じです。
この秘訣は「やめよう」と思い、それを実行することです。
それ以外になんといえば?!

よい旅を! よい人生を!


はんにゃー☆
今日も仕事。なりゆきで今日が仕事納めとなってしまったので、お昼くらいはゆっくりしようと思い、近所のお店まで。顔を合わせればにこにこしあう間柄の店員の女の子が、来月から北海道に転勤になってしまうと先週聞いていたので、その挨拶も兼ねて。食後、彼女と話していたら、実は、お店のディナー営業は今日で終わり、お店も閉店しちゃうんです、とのこと。
 
 えぇー!! 私、このお店が開店したときから知ってるんだよ!
 このお店ができる前に、ここにあった建物も覚えてるんだよ!
 あなたがここに入る前にいた人たちに、とてもお世話になったんだよ!
 ありがとうございます、でも、もう閉店しちゃうんです。
それが午後3時のこと。フロアのスタッフさんたち全員に「よいお年を!」などと笑顔一杯で送り出され、よろろろと仕事場に戻る。ろくに化粧もせず、ちょっと場違いなくらい薄汚い格好でお店に行く私を、にこやかに迎えてくれたあのお店が、なくなっちゃうなんて。
その後ガリガリと仕事して、このお店によく一緒に行く友達に声かけて、着物を着て、きちんと髪をまとめて、きちんと化粧して、ヒルズにまで足を運んでから、ディナータイムのお店へ向かった。グレーピンクのお召しに黒の般若の帯だ、なぜか集金スタイルだ! 私なりの第一級礼装・集金バージョンじゃよ!
「ごめーん、またきちゃったよ!」とドアを開けると、店員さんたちが笑いながら窓際の席まで案内してくれる。外の景色を眺めながら、この角度で、この景色を見ることももうなくなるんだなーと思いながら通りを見つめたり、渋谷行きのバスってすげー本数多いんだなーとか、フォアグラってやっぱりうまいよね、と思ったり。
北海道に行ってしまう彼女には、ヒルズのクラシクス・ザ・スモールラグジュアリで買い求めた雪の柄のハンカチーフを贈った。彼女の名前を今日のランチタイムに初めて知り、イニシャルも入れることができてよかったよかった。すごく僭越で厚かましくて、かえって気が重くなるかもしれないけど、このハンカチを手に取ったとき、あなたのファンが東京にいたってことを思い出してほしくて、贈った。
まー、今日は、ディナーを食べることで、あのお店ときちんとお別れできてよかった。あの店は、スガヤンの青春じゃったんよー、すまんね、オセンチリズムで。よく飲んだなぁ・・グラスも二回割ったよ、そんで、二回菓子折り持ってお詫びにあがったものじゃった。
リリコ姉さんの国・スウェーデンではこんな諺があるそうですな。
 やってくるこの毎日が人生だと知っていたら!
そうはいっても、彼女も、私も、みなさんも、よい旅を! よい人生を!

金継ぎ/iPodTouch

先日のこと。朝、お皿が割れる音で目が覚めた。どうやらウカ様が、意地汚くお皿に顔をつっこんで、お皿なめなめ、なめなめ、なめなめ・・としているうちに、テーブルの上から押し出し落としてしまったらしい。
 あぁ、3800円の小鳥のお皿が・・・。
この小鳥のお皿は、何枚か形が違うものを買ってあり割れては取り寄せたり、あぁ、もういろいろな思い出が。しかし、今回は、真っ二つに綺麗に割れたので、継ぎをやってみれば綺麗に修理できるかも。
てんでそんなキットはないかなーと思ったら東急ハンズにありました。
 金継ぎセット 5200円
もっと気楽に出来ると思っていたんだけど、初心者向けの割りには道具が揃っているし、割とよいお値段。楽天とかにもっと安いのがあるのかなーと思ったけど、

漆金継ぎ(うるしきんつぎ)キット
こっちは10,500円。

大切な陶器の修復に金継ぎセット
こっちは21,000円。
あぁ、高い。
と思っていたら、アンティーク屋さん(なのかな?)のサイトで、チビクロなる商品紹介記事を見つける。
【金継ぎnico ブログ】[クロコ] どちらが適してる?
金継ぎはできないけど、漆でつなぐ、チビクロ 3,000円
本格的にやりたい人には、クロコ、21,000円
むむぅー。やっぱり金を使うと高くなるのねー。1オンス1,104ドルもするもんねぇ。どうしよう、小鳥のお皿・・・。綺麗に割れたから大事にしたいんだけどなー。クロコちゃんでやってみようかなー。

忘年会のビンゴのようなもので、iPodTouch 8GBがあたった。売り飛ばそうかと考えていたんだけど、使ってみたかったiアプリがいくつかあるのと、iPhoneを携帯電話として使うのに二の足踏んでいたので、せっかく手に入ったのもなにかのご縁じゃろうと思い、銀座のアップルストアまで。
一旦返品して差額の一万円払って32GBのに容量アップ。Wi-Fi も必要らしいということで秋葉原のヨドバシカメラに移動して、ポイントで8,800円の無線LAN ルーターも購入。

4ポートのLAN側コネクタを搭載した300Mbps無線LANスリムルータ:LAN-W300N/R[Logitec(ロジテック)
店員さんの「これですね、業界最高の簡単な設定方法なんですよ」という一言で購入。しかもなに、このオシャレルータ! 薄々ルーターですよ! 昔の弁当箱みたいなのと随分違うのねー。机の上に置いてもいいなー。
しかし、なんだろう・・・ビンゴであたったばかりにこの出費・・・
いえ、ありがたいことなんですけど。
ヨドバシの店員さん、「無線LAN担当」とか「マウス・キーボード担当」といった肩掛けをかけていて(→ こんなの)、彼らの説明もわかりやすく、ほんとありがたいわー。ヨドバシの社内に、このタスキを作る部署があるのかと思うと・・・ヨヨヨ・・・。

藤沢周平の「一茶」読了。
藤沢さんの「一茶」、暗いよ! すごく暗いよ! 
こっちもたいそう落ち込んだよ!