最近読んだ漫画とAERA化する話/TDRの話

久しぶりに週刊モーニングを手にとってじっくりとページをめくってみたら、
 なんだかAERA化してる!!
 
そして今日の一句、
 アラフォーにどっちつかずの戦略を!!
なんとなーく女性の目線を意識した作品が増えたんじゃなかろうかと思い、読者アンケートプレゼントのページを見てみたら、ナノイーだのマッサージキットだの、明らかに女性向けのプレゼントが。あれれー、いつの間にこうなっていたのだろうか。逆に、モーニングの弟分・イブニングは、かつての平成10年頃のモーニングの香りがします。モーニング2は、うん、まぁそういう一定層のファン向けなので、えぇ、まぁそれは脇においといて。
AERAという雑誌も、アラフォーの敵だか味方なんだかよくわからん立ち位置を漂っていて、先週の中吊りと今週の中吊りを見る限りでは、誰を応援しているのかがよくわからん。あの週刊誌も随分と女性寄りになっちゃった気がしますが、昔はもうちょっと男性の気配もしたような気配がしますが。。読み手の私の問題かもしれませんけどね。
NHKの土曜ドラマ「君たちに明日はない」、企業のリストラを請け負う会社に勤める主人公の坂口憲二、年上の女性が好きで今の恋人は田中美佐子(ドラマでの設定は何歳かわかりませんが、実年齢は50歳。ひえええ、ここにも妖怪年トラズが!)、今回のヒロインは内山理名。昔、ヤングなんたら誌などのグラビアページを飾っていた過去はいったいどこへ! 大変しっかりした女優さんに成長しておりました、なんというか使える深田恭子とでもいいましょうか、ごにょごにょ・・・。坂口憲二のそこはかとない軽さと白い歯がこぼれる笑顔がまたステキで、もしかして、アラフォーのみなさんを応援してるの? 応援してるつもりなの?、と軽くとっちめたくなりました。なんかこのドラマ枠もAERA化してるなー。
雑誌や書籍・ドラマの作り手にそういう世代の女性が増えてきて、しかも発言力も強くなってきた、ということなのかもしれませんね。
島耕作がまだワインの話をやっていて、てぇぇーいと雑誌を二つに裂こうとした自分がそこにいましたよ☆

みんな大好き・ドナルドのお尻。
土曜のディズニーランドは、天気のよい穏やかな一日ということもあり、大変な人出でした。
団体旅行でない個人旅行の中国人がとても増えていましたが、お金持ってるんじゃろうなー。まぁそれは週末だからだったのかも。平日はもうちょっと団体旅行の人が増えているかもね。
ディズニーランドのなにがすごいって、この敷地内にいるとどんな人も「いい人」になっちゃうところ。ひとたび魔法の土地・舞浜を出てしまえば、眉をひそめたくなるような人たちも、システムの不具合に声を荒げることもなく、にこにこと一日を過ごす。ガジェットのゴーゴーカートというとても小さなジェットコースターに姪っこと二人で乗ったのだけど、私たちの前にはホストだかバンドやってるんだかわかんない白い髪に革ジャンの男の子たちと、ますわかつばさちゃんみたいな女子のダブルデート。その4人がアクセサリーをじゃらじゃらさせながら「きゃっきゃうふふふ」と楽しんでいる姿を見て、すげぇぜ、ミッキーの魔法!!!! なんでしょうね、この「いい人になっちゃう」っぷり。

マーク・トゥェイン号という船に乗り、川を一周した私たち。下船のとき、キャストのお姉さんが、船着場のオブジェの蓋をそっと開けてガソリンを給油するところにかちあった。姪が「がそり・・・」といいかけたとき、キャストの女性が「これは、水です! この船は水力で動いているんです」とにこやかに切り返す。水力ってそういう意味じゃないと思うんだけど、私もつい「えぇ、私もそうじゃないかなーって思っていたんですー」とにこにこと。「いってらっしゃいー」「ありがとうー!」、あぁ、恐るべし、ディズニーの魔法の力・・・。