シャチキスの旅、続き。

鴨川シーワールド続き。


ベルーガの頭はぷるるんと膨らんでいるんだけど、これ全部脂肪なんだって!
水の中でトレーナーのいうことを聞き、おりこうにパフォーマンスするベルーガを見て、姉がなんども「ベルーガでさえいうことを聞くのになんで夫という人種はそうでもないのかしら!」とつぶやいていたのが、いろいろと示唆に富んでいて、うぇーん、おねえちゃん、黙ってててよぅ、こわいよぅ。


親セイウチの上に子セイウチが!
こんな小さなプールの中でも、子どもは母親に身の安全を託すのね。


タカアシガニがおのれの手をうまく使って餌をたべているところ。
うーむ、おいしいだけでなくそんな用途もあったとは・・・・。

おだやか週末/鴨川シーワールドでシャチにキスしてもらいました


鴨川シーワールドで700円払ってシャチにキスしてもらってきた。
この巨大なベロが、2回も、うんにょうんにょと私の頬に触れるのです!!!
あの触感・・・恋の新触感宣言・・・・未経験の方はぜひ!
700円でこんな珍体験ができるなら安いものですわよ。
全然生臭くなくて、それにもおのろいた。
ウカ様のほうがよっぽどマグロ臭がするわっ!あんなにかわいいのに!ニャッハー!
長野を始発ででてきたNゲージ命の甥っ子と姉と、京葉線ホームで合流して、三人で特急わかしおに乗って鴨川シーワールドへ。ガラ空きの指定席でのんびりスカイツリーを眺めたり、穏やかな太平洋に芯からリラックスしたり。一日遊んで帰りに近隣の日帰り温泉に寄って、疲れはピークに。勝浦から八丁堀まで記憶がなくってよ、ホホホホ!
帰りに東京駅八重洲地下のNゲージショップの前からびくりとも動かなくなった甥っ子を見て、世のお父さんとお母さんの苦労をしのぶ。ちびっこならまだしも、小銭もったお父さんが「いやだぁぼくMac Air Book が発売されるたんびに買いたいんだい!」とかダダこねたりしたらもう・・・。「ひとつの目的を果たすものは、おうちに一個あればいいのです!ふたつもいりません!」「いやぁだぁぁぁ」、あぁ、大きなお友達も小さなお友達も大変・・・・。でもこの甥っ子、生まれた日から今日までのお祝い金を全部突っ込んだ預金通帳にひゃくまんえん持ってるそうよ! やるわねー小学一年生。
土曜日はきものきて、イデレーさんのシャンパン教室へ。6本飲んで味くらべする教室だったのに、全部のワインに「おいしい」「これもおいしい」「少年のようでおいしい」「さくらいろでおいしい」「とてもおいしい」「いちごにあっておいしい」と何の役にたたないレジュメしか手元に残ってない!! いろいろ勉強できて楽しい時間が過ごせました。
その他カメラのレンズ拭いたり、月末恒例大掃除したりといった穏やか週末でした☆

宮部みゆき「孤宿の人」読了

宮部 みゆき
新人物往来社

¥ 1,890

(2005-06-21)

 
これから読む人がいるかもしれないから、感想は以下に。
あらすじとかは改めて書かないよ!
関係ないけど、ハリオのティーポットを長年使っていますが、ハリオさんのサイトからパーツだけ買えるのね! ありがたいわね! 誠実だわ!
http://www.hario.co.jp/

続きを読む 宮部みゆき「孤宿の人」読了

結婚へは歩け。離婚へは走れ。(ユダヤの格言)/ベルグの午後

 
部屋とほうじ茶とわたし
結婚に関する格言はこれも好き☆
 「結婚するとき、私は女房を食べてしまいたいほど可愛いと思った。
  今考えると、あのとき食べておけばよかった」 
            - アーサー・ゴッドフリー -
 
こういう頓智のきいたセリフが言えるようになりたいものです。
今日、新宿の「ベルグ」でランチしまして、私はあのお店に久しぶりに入ったのですが、なんというか、新宿の新宿らしい匂いがたっぷりとあるお店で、ああいうお店が今は路面に少ないことがなんだか切ない。ルミネはこのお店に出ていってほしいようなのですが、ベルグが失われて、代わりに、どこにあっても嬉しくもなんともない外食チェーンが入ったとする。そんな見飽きた風景をこしらえてナニが楽しいんじゃろ。
それはさておき、正午過ぎだというのに濃い客層。食べ終わったのでトレイを下げているところ、常連とおぼしき七十代のおいさんがワイングラス片手に、たまたま居合わせたとおぼしきアラフォーのおねえさまに話しかけているのが耳に入る。
 「あんたぁ昼間からなにやってんだい。こんなところで油売ってちゃいけないよ」
年金暮らしの世代とはいえ、おまえがいうなー!!!!
それに対しておねえさまのお返事。
 「私、絵かきなんで、比較的時間が自由になるんです」
 「絵かき? 恥かきの間違いじゃないの?」
おねえさまー、そのおいさんの膝を後ろからカックンとさせていいよ!
私も加勢するわっ!!!
・・・あの二人、その後どうなったんだろう。水ぶっかけてもいいんじゃないかなー、うんうん。「うまいこと言ったつもりのドヤ顔」が、んもー、にくったらしいジジィ! 世の中にはいたわらなくてもいい年寄りが結構いるってことよ、うむうむ。

亀の甲より年の功ついでにもひとつ主婦の知恵

今日から始められる一行の節約ワザ全299個!
すべてこなせば一年間で約188万円も貯められる
という勇ましいコピーで始まる本書、「いやいや、これって『いってこい』じゃん」、と突っ込みたくなるネタも中にはあったりしましたけど、主婦の知恵がいたるところにみなぎっていて、お台所・お掃除便利帳としても使えなくもない。以下、目からうろこメモ。
・飲み物を急いで冷やしたいときは、濡れふきんで包んでから冷蔵庫へ
・古いジーンズは新品と洗い、色復活!
・黒い服の色あせは、ホウレンドウで回復
・10分の外出ならエアコンはつけっぱなしに
・シャワーの出しっ放しを2分間やめる(←こういうの好き、水勿体ないじゃん)
・ガスレンジはビールで拭けば綺麗!
・エアコンの室外機は日陰に(←当たり前のことなのに、なかなか気づいてないことかも)
うろ覚えライフハックやらネット情報を探すよりも、こういう体系化された本を一冊手元に置いておくのも悪くないと思いますぞえー。母親がいろいろと教えてくれたけれど、時代や環境がずいぶん変わってきてるしなー。