ガタカと比べると・・・/映画「タイム」


映画「タイム」を見てきた。原題は「IN TIME」。
「ガタカ」のアンドリュー・ニコル監督が、ジャスティン・ティンバーレイクとアマンダ・セイフライドを主演に迎えて描くSFアクションサスペンス。科学技術の進歩によりすべての人間の成長が25歳で止まり、そこから先は左腕に埋め込まれた体内時計「ボディ・クロック」が示す余命時間だけ生きることができる近未来。貧困層には余命時間が23時間しかない一方で、富裕層は永遠にも近い時間を手にする格差社会が生まれていた。ある日、ひとりの男から100年の時間を譲り受けた貧困層の青年ウィルは、その時間を使って富裕層が暮らす地域に潜入。大富豪の娘シルビアと出会い、時間監視局員(タイムキーパー)の追跡を受けながらも、時間に支配された世界の謎に迫っていく。
そのタイムキーパー役が世界で一番美しいエラを持つ男・キリアン・マーフィーでしたもんですし、ガタカの世界観に酔いしれた経験もありますので、ワクワクしながら見ましたよ。この人の映画は、よい生地のクラシカルな洋服をきた美男美女と長くて大きい車がでてきます。今回はその世界にジャスティン・ティンバーレイクと猫娘アマンダ・セイフライドが送り込まれます。
 えっと、なんで、ジャスティン・ティンバーレイク? 
 なにかの政治力が働いたの?
 難しい顔してたら演技してることになるの?
 ねーねー他の人と比べるともうちょっと頑張ったほうがよかったんじゃないの?
 えっと、なんで、俺達に明日はない・時間強盗版?
 私だったら10mだって走るの無理!な超絶ハイヒールで
 あの子はどうしてずーっと走っていられるの?
 タイム・キーパーとして50年間も時間管理の仕事をしてきた
 キリアン・マーフィーがあそこで「いや、チャージはあとでいい」とかいうかなー? 
 普通、あそこで言わないじゃろー、時間の大切さがわかっているのなら。
 時間管理システムがきちんとできてるのはわかったけど、
 その時間がなんであんなカプセルひとつで100万年とかになるの?
 ていうか諸悪の根源はどうなったのー!?
 
うん、でも、この人の描く世界は好き、とても好き。ああいうちょっと昔の洋服に身を包んだ近未来SFって、かえって、何年経っても色あせて見えないんだろうとも思う。というわけで、お口直しにガタカをもう一度みようと思います。
あ、でも、見る価値がないわけじゃないよぅ、キリアン・マーフィー見るためだけにも行っていいんじゃないかちらー。


ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

¥ 918

(2009-06-03)