巨乳貧乳神へ集ひて染卵(大木あまり)


#ひとくち支援の会-キモノフリマ飲酒分会の模様。
土曜日は仕事、日曜日は午後にひとくち支援の会キモノフリマ、月曜日は午後はお友達と神楽坂でデート。新宿区は住めば住むほどクセになるなー。いや、ほんと。
映画「パーフェクト・ワールド」を見た。クリント・イーストウッド監督・主演、ケビン・コスナーが主役。あらすじはAmazonの商品紹介から。
1963年アメリカ。テキサス及びアラバマ州全土に敷かれた緊急捜査網をかい潜って、脱獄犯ブッチ・ヘインズは、8歳の少年フィリップを人質に逃亡を続けていた。物心ついたころから刑務所の壁と向き合って生きてきた孤独な男ブッチの犯した罪は、脱獄、誘拐、殺人にまでエスカレートしていた。追跡するテキサス州警察署長、レッド・ガーネットはブッチを初めて監獄に入れた張本人。再び犯罪者と追跡者となったふたりの男は、宿命の糸に操られるかのごとく、砂塵をあげて荒野を疾走した。フィリップを人質に逃げるブッチが目指すのは、この世に残された唯一のひとつの完璧な楽園”パーフェクトワールド”。しかし、追い詰められ、凶暴性をむき出したブッチは、一夜の宿を提供してくれた男に銃を突きつけるのだった……。
いい映画でした。
寝しなにiPad の青空文庫で林芙美子の中編を読んでる。
妻に死なれ後妻を入れたある男。商いにあまり興味のない後妻のためか、自らにセンスがないためか、商売が立ちいかなくなる。にっちもさっちもいかなくなって、「いっそこのまま精算してぱぁっと温泉にでもいこうか」といってほんとうに店をたたんでしまう。熱海にもいっちゃう。逗留もちょっとしちゃう。戻ってきたら店はないわ、家はないわで、ほんとうに寄る辺がない。「私ならいくらでも勤め先があるし」と高をくくっていた後妻も、冴えない居酒屋の住み込み女中にやっと潜り込むことができ、男にいたっては古びた(当時の)ビジネスホテルの狭い部屋で「うわぁぁどうしてこんなことしちまったんだ」と悔やむ毎日。そんな二人が選んだ結末は・・・?
とか、まぁそんな「あぁーもーどうしてーそうなるのー!!」な男と女の話が満載。これもまたクセになりますわ。こういう「あーもーどうして~!!!なんでまたその泥沼に戻っちゃうの」「よかったねぇ、その選択しないで」な卑近な恋愛話がたまに読みたくなるようで。宇野千代のおはんとか、藤沢周平の日暮れ竹河岸とか。まぁ悪くないのよ、こういうのも、このくらいの年代になると、うん。
水村美苗さんの新作が出たようなので、よむよむリストに。
あぁっ、なにまた円高なの!? 

キモノ好き 応援したい 福島を

(紙がクシャクシャですみません。。。)

「んー、これはもう手放してもいいかなー」な着物をちょっとお高い下取り屋さんに出すために丸洗いすることに。綺麗に、シワの無い状態になればいいので、ネットで郡山の「kimono5298」さんに丸洗いをお願いしてみた。今朝、着物が戻ってきて、梱包の箱にはこんな張り紙が。

 東北頑張ります! 福島頑張ります!
うぅ。うむ! うむ!!!

はなみずき 咲き開く頃 初任給


ロシアの娼館のマダムコスプレをするウカ様。
iPhoneの筆おろしをすることにしたので、伊勢丹タンでちょっとこうきゅうなiPhoneケースを買ってきた。なんでっ、今っ、私はっ、こんなに型押しに弱いのじゃろうかっ! 近所に善良そうな鞄工房があり、そこではこういう形のバッグを作ってらっしゃるんですが、型押しの明るい色の素材があれば、オーダーするのにっ! 私がオーダーするのにっ!

iPhoneをちゃんと使うために、あえて、たっかいケースを・・・しかも伊勢丹メンズ館まで足を運び・・・。でもスマホに移行して、LINEで地獄のミサワスタンプ使いたいし~。
移行する、といえば事務所に借りてる共用オフィスから「すみませーん、この夏で閉鎖します。てへっ☆」というメールが届く。
 根性あるのか!!! 
 税理士さんがうるさいから、そこの住所で登記しちゃってるんだよ!!! 
2年前、この共用オフィスに移ったとき、事務所の電話番号も変えたのですが、これがまーなんと、某資材メーカーがかつて使っていた代表電話番号を引き継いでしまったからさぁ大変! 少なくとも週に一回、多い日は一日3回の間違い電話が。間違ってきた相手に「新しい番号教えるのがスジってもんじゃない?」と逆に怒られたりして、なんかいろいろとゲンが悪いのです。もろもろすっきりさせろって神様が言ってるのよね、多分ね。
土田世紀さん死去。デビュー作品をリアルで読んでいたものなので、もっと上の世代の方かと思っていたら、ほぼ同世代でびっくり。味のある年代になってからの作品が読みたかったです。「国会議事堂のトイレットペーパー」というセリフ、どの作品で読んだのかちら!!! ほんとうに残念です。合掌。ビッグコミックの表紙イラストを描いてこられた日暮修一さんも4月19日に死去。75歳。お疲れ様でした。
伊勢丹メンズ館では、キールのシャンプーとコンディショナーも買ってみた。この前、香港で泊まったホテルのバスルームにあったので初めて使ってみた。ココナッツのよいにおいがするのだよ。かわいくてヤングなお嬢ちゃんがこれを使ったら、なんておいしそうないい匂いがすることじゃろう~。ちょっと前の西村しのぶの漫画にでてきそうだな、うん。メンズ館で売っていたってことはメンズ用品なの? 男女兼用(『ユニセックス』って入力したら←かような変換が!)商品なの? 
ちょっとだけ夏っぽい香りの冒険をしてみたいかなーと思う善男善女よ、一度小さいサイズでトライしてみるがよい。ちょっと楽しい一日になるよ。

その他、なんとなくずっと仕事していた一週間でした。
最後にかっこいいゴルゴのかっこいいヒトコマを☆

みなさまもよいGWを!!

頑張れ、男女雇用機会均等法! /黒木亮「排出権商人」

黒木 亮
角川書店(角川グループパブリッシング)

¥ 900

(2011-11-25)


あらすじはAmazonから。
新日本エンジニアリングの地球環境室長・松川冴子は、排出権市場開拓の命を受け、世界各地へと飛び回る。だがそこは国連、各国政府、企業、金融機関が群がり、温暖化ビジネスの利権を漁る戦場だった。一方、同社の次期社長の座を狙う専務の仙波義久は、収益目標達成のため粉飾決算に手を染めた。それを嗅ぎつけたニューヨークのカラ売り屋「パンゲア」の北川靖が、猛然と株を売り浴びせる――。


空気が金に化ける巨大利権「排出権」。
環境保護の美名の下に生まれた新しい国際ビジネスの実態を徹底解明した衝撃作!

主人公の松川さん(金沢出身)は男女雇用機会均等法の一期生かその前後で入社した設定。男ばかりの会社で出世競争から取り残され、あてがわれたのは海の物とも山の物ともつかない排出権市場の開拓。「排出権ってなんじゃらほい」な状況からスタートし、東南アジア・中国をかけまわり現地スタッフと一緒に出張・中国人とのわやくちゃな会議・みんなで反省会のごはん会・・・、そんなことを繰り返しつつも、原油高やなにやらが時代が彼女を後押しし、立派な排出権商人になるまでの物語。
「『不都合な真実』の不都合な真実」がなんとなく解き明かされつつある時代に読むと、これまたホニャララな気分に。ちょっとだけのんびりした感じの、人のよさそうな総合職のおねーさんが、うっかりサクセスストーリーを歩むはめになる感じがおもしろい。排出権にともなう諸々のから騒ぎを振り返りつつ読むと吉?!

菜種梅雨渋い雑誌を応援す

 
表紙写真は秋田・乳頭温泉郷の鶴の湯さん。
あぁっすてき!!!昔行ったことがあるけど、
おじいちゃんとおばあちゃんがぼろんぼろんと出してて、
おぉぉぉぉ・・・・さすが本場の湯治!、とうなったものです。
ノマドノマドとにぎやかな昨今ですが、
湯治ノマドというライフスタイルを確立したいものですじゃ。
そのためにはDocomoのデータ通信カードが必要なのよね、うむ。
乳頭温泉への旅企画を本気で練ろうと思う、今年こそ!