五月尽日焼け止めをば新調す






今年の日焼け止めはこれにしたよー。よく伸びるよー。日焼け止め特有のゴワゴワした感じゼロー。香料控えめだけど気持ちいい香りだよー。あんまり気持ちいいので、ガンガン使ってますが、この夏、何回買うことになるんじゃろうかー。
朝は、だいたいNHK BS のワールドニュースを見てます。世界と全然関係ない暮らしをしてるけれども、必ずワールドニュース。特にABCのダイアン・ソーヤーさんと、ダイアンの地位を狙うアメリカ版堀潤の攻防が楽しみじゃて。
ワールドニュースは、海外のトップニュースを、海外のテレビ局が放送した映像をそのまま使って、日本人の同時通訳音声を載せて放映してます。7時台と8時台の2回放送しますが、内容はほぼ一緒です。
今朝は、シリアで虐殺があったニュースをやっていたのだけど、アルジャジーラでは死体の映像をそのまま流しているのよね。日本のテレビほど映像が鮮明ではなかったのが幸いだったけれど(そのとき、まさに、朝ごはんなうだった)、そうか、世界ではこういった映像も包み隠さず放映されるのよねー、と。朝ごはん食べ終わって、「ウカ様~!」とかいぐりかいぐりしながらぼんやり見ていたら、8時台のワールドニュースが始まりました。8時台では、さきほどのニュースに、画面全体にボカシが入っていました。視聴者からなにかあったのかな・・・? 
ちなみにダイアン・ソーヤーさん、年間7億でABCニュースと契約しているそうです、ななおく!!!
http://abcnews.go.com/WN/DianeSawyer/diane-sawyers-biography/story?id=9380180#.T8aykrCdA4Q
自分メモ:
杉内ノーヒットノーランおめでとー
シアトルの発砲事件、怖いなぁ。怖い街ってイメージがないからより怖い。
イタリアの地震が続きますが、心配です。

美濃和紙の古川商店さん、リニューアルしました

古川商店さんスタッフの方が撮影した写真がすっごく良くて、「ふええーん、こういうの昔から作りたかったんだよぅ~」とキャッキャウフフと作成させてもらいました。6月のIIFT でお会いしましょう!
古川商店
古川紙工株式会社

ダービーやマリオローザのピンク色


「ダービー」は夏の季語です。競馬のイベントで、季語として扱われているのは、どうやらダービーだけのようです、少なくとも私の俳句歳時記では。
ジロが終わりました。カナダ人のライダー・ヘシュダルが総合優勝、二位のホアキン・ロドリゲスとの差はわずか16秒! 山あり谷あり谷あり山ありのステージを21日間も走って、最後に16秒の差で! ヘシュダルおめでとう。ホアキン・ロドリゲスは総合2位、デヘントは総合3位。おめでとうおめでとう、お疲れ様でした! 
優勝トロフィーがとても素敵なデザインでした。さすがイタリアだなー。

ダービーや芍薬の花けふ届く


ウカ様の尻尾のふっさり具合を重点的に表現した一枚。
Facebook 眺めていたら、Facebookで知り合ったいわきの女性が、今、都内に来ているといふ。彼女の住んでる町まで行こう行こうと思っているのだけど、なかなか行けない。ここはひとつ、この機会にコンタクト取ってみようかしら、としばし悩み、その後、思い切ってメールしてみた。
そしてそのメール第一通から45分後に東京駅で彼女と初めて出会うわけですが、まぁー人生ってなにがあるかわかんないわよねー、ねー。連絡してみるもんだわー、ねー。
彼女たちが乗るバスの出発時間25分前に、東西線大手町駅に着きました。んがしかし、そこからが遠かった・・・。大手町駅から東京駅八重洲南口まで700mもあるのね・・・。距離から行ったらもう別の街です。大変時間がかかりまして大変失礼いたしました。
おみやげに芍薬の花を頂戴した。ありがとう。芍薬大好きなので、ほんとうに嬉しいです。彼女に会えたおかげで、今日の日曜がとてもさわやかな5月の日曜&ジロ・デ・イタリア最終日として生涯記憶されることでしょう。いわきハワイ化計画、応援しますよ!

ダービーや昨夜のジロはすごかった


うぅ。表紙だけで泣ける。。。
ジロ・デ・イタリアも今夜で終わるわけですが、最後の最後になって総合順位争いに大きな波乱が起きつつある・・・、ということで昨日はしっかりと正座して見てみた。といってもゴール前1時間半くらいだけだったんだけど。
第18ステージの総合順位
1 ホアキン・ロドリゲス
2 ライダー・ヘシュダル
3 イヴァン・バッソ
4 ミケーレ・スカルポーニ
5 リゴベルト・ウラン(新人)
6 ベナト・インサウスティ
7 ドメニコ・ポッツォヴィーボ
8 パオロ・ティラロンゴ
9 トーマス・デヘント
10 セルジオルイス・エナオモントーヤ
第19ステージの総合順位
総合2位のヘシュデルが大健闘! 総合首位のホアキン・ロドリゲスとの差を17秒にまで縮め、マリオ・ローザの行方が気になる展開に!
1 ホアキン・ロドリゲス
2 ライダー・ヘシュダル
3 ミケーレ・スカルポーニ
4 イヴァン・バッソ
5 リゴベルト・ウラン(新人)
6 ドメニコ・ポッツォヴィーボ
7 ジョン・ガドレ
8 トーマス・デヘント
9 セルジオルイス・エナオモントーヤ
10 ダミアーノ・クネゴ
第20ステージの総合順位
この日は、山岳モリモリステージ! 万年雪が白くまぶしいイタリアの一級山岳をわしわしわしと延々と登り続けるステージ。7時間以上に及ぶ走行時間、過酷なこのステージを制したのは、前日総合8位のトーマス・デヘント。デヘントさんは勝利者インタビューで「このステルヴィオ峠は、僕が二十二歳の頃からしょっちゅう練習していたからさ。それもよかったんじゃないかな」とはにかみながら答えてました。まさに、努力は裏切らない、の場面。その結果を受けての昨夜の総合順位。
1 ホアキン・ロドリゲス
2 ライダー・ヘシュダル
3 ミケーレ・スカルポーニ
4 トーマス・デヘント
5 イヴァン・バッソ
6 ダミアーノ・クネゴ
7 リゴベルト・ウラン(新人)
8 ドメニコ・ポッツォヴィーボ
9 ミケル・ニエベ
10 ジョン・ガドレ
今日は個人タイムトライアル、今日もマリオ・ローザを着て走るホアキンたんは、タイムトライアルが苦手だそうで、どうなることやらら!!! 我らが別府史之さんは総合120位よ! 完走まであとちょっと! がんばれ! 
そんでまぁ昨夜、ちょっとした放送事故ともいえるエキサイトした応援者がいたそうですが、まぁ、グランツールですからねぇ。うふふふ☆ それにしても迷いのないよい笑顔!