金メダルの松本さんの威嚇する表情が、LADY GAGA の猫ちゃんにそっくりな件について

http://p.twipple.jp/2hDw8

「似てるなー」とつぶやいたら、ponta さんが作ってくれました。
松本さんの眉毛メイクを見習いたい、柔道選手のそれじゃない!
クールでビューティーでビーストでなんてかっこいい女性なんでしょう!
GAGA さんの猫はこちらから。
http://www.youtube.com/watch?v=qrO4YZeyl0I#t=2m42s
なんというか、審判がメタメタな感じな案件がボロボロでてきてますが、ロンドン五輪運営陣は、開会式で精力使い果たしたのかしら。。

夏日なるやっぱりベッカムいい男 -ロンドン五輪が始まりました


ヤットサーヤットサー☆
五輪の開会式は選手入場から見たので、その前にミスタービーンやら007やら産業革命やらのゆかいなシーンがあったことを、あとで知ったクチです。
開会式監督ダニー・ボイル、音楽監督はアンダーワールド、予算総額30億円というゴージャス・太っ腹「あら、あたいの爪の間になんかゴミが入ってるわ」女王も健在な開会式でしたが、ここで、ダニー・ボイル監督作品を一緒に振り返ってみましょう。

シャロウ・グレイブ Shallow Grave (1995)
主演:ユアン・マクレガー。グラスゴーで男女3人でルームシェアしなが暮らしてるところへ、医師が転がり込んできた。ある日、その医師が死んでた。残された麻薬と大金、壊されるドリカム状態! さぁ彼らの明日はどっちだ!?

トレインスポッティング Trainspotting (1996)
主演:ユアン・マクレガー。原作:アーヴィン・ウェルシュ。スコットランドで暮らすヘロイン中毒のヤングたちのおもしろ愉快な毎日を、斬新な映像と素敵な音楽で描いたダニー・ボイルの出世作。日本でも大ヒットしました。あの細くてガリッガリでとんがったユアン・マクレガーが、将来ダニエル・カールになるなんて、誰が想像できたことでしょう!

普通じゃない A Life Less Ordinary (1997)
主演:ユアン・マクレガー。未見のため、あらすじはWikipediaから。
小説家を夢見る気の弱いビルの清掃員ロバート(ユアン・マクレガー)は、突然クビになったことに腹を立て社長室に押し入り、たまたま居合わせた社長令嬢セリーン(キャメロン・ディアス)を誘拐してしまう。異様な落ち着きを見せるセリーンと彼女に指示されるがままに誘拐の手順を踏む情けないロバート。奇妙な天使のコンビに見守られながら二人の一風変わった逃走劇は続いてゆく・・・。

ザ・ビーチ The Beach (2000)
主演:『タイタニック』で大成功をおさめた直後のレオナルド・ディカプリオ。当時、レオナルド・ディカプリオがそんなに好きじゃなかったので見てないです。今は好き。『レボリューショナリー・ロード』を見てから評価が変わった。

ヴァキューミング Vacuuming Completely Nude in Paradise (2001)
未見だ。面白そうな話なので見る見るリストに入れておきます。

28日後… 28 Days Later… (2002)
主演:キリアン・マーフィー。真面目ゾンビ映画。キリアン・マーフィーの相棒となるナオミ・ハリスがとてもかっこいい。パイレーツ・オブ・カビリアンの呪術師ねーさんです。その後、ロバート・カーライル主演で「28週後」が制作されますが(ダニー・ボイルは製作総指揮へ)、こちらは、ロバート・カーライルの鮮やかな逃げっぷりが印象的な映画でござんす。

ミリオンズ Millions (2004)
「あと数日でポンドからユーロに切り替わっちゃうんだよな」っていう日に、ちびっこ兄弟がうっかりポンドがぎっしり詰まったボストンバッグを拾ってしまったものだからさぁ大変! こういう作品を見てから、スラムドッグ・ミリオネアを見るとまた感慨もひとしおです。

サンシャイン2057 Sunshine (2007)
主演:キリアン・マーフィー、真田広之。
太陽が衰え人類が滅亡の危機に瀕している近未来(2057年)を舞台に、核爆弾で太陽の活動を蘇らせるために、宇宙船イカロス号で太陽へ向かった8人の乗組員を描いたSF映画。また、イカロス1号の遭難をめぐるホラー・サスペンス的な要素も含まれている。
そのイカロス号のキャプテンが真田広之なんだけど、英語がよく喋れないからから、割りと早い段階で死んでしまいます。残念!!! とても残念! しかし、キリアン・マーフィーって絶望的な状況に置かれる役柄が多いのかしら・・。

スラムドッグ$ミリオネア Slumdog Millionaire (2008)
第81回アカデミー賞受賞作品! パチパチパチ!!! 劇場で見終わったあと、「映画の神様っているんだー」とだらだら涙流した作品。


127時間 127 Hours (2010)
主演:ジェームズ・フランコ。
2011年見た見た映画でスガデミー賞受賞作品。サウンドトラックもいいよ! もうね、シガー・ロスの「Festival」が流れるだけで、ぶわーっって涙が出てくる。94分の短い作品ですが、未見の人はぜひ!
いやー、映画って本当にすばらしいですね!
昨日の五輪開会式で民族衣装をきて入場行進する国をたくさん見ましたが、次回のリオでは、我が国の旗手は紋付袴をつければいいと思うのー。当然室伏広治につとめさせますわ! 全員和装ってのはコストと時間を考えても無理だから、残る選手は洋服で(できればヨージ・ヤマモトに・・、え、だめ? じゃ、コシノジュンコで)。絶対モテモテよ! 室伏絶対モテモテよ~!!! 旗手が女子だったら、吉田沙保里さんか澤穂希アニキに爽やかな色の振袖をね! 振袖だとプラカードガールっぽくなっちゃうから、やっぱり紋付室伏で決まりね! 
 紋付袴五割増~!!!!
水曜から土曜まで神楽坂では、ほおずき市と阿波踊りのコンボ祭り・神楽坂まつりが開催されておりました。阿波踊り、しゅてき・・・。民族衣装三割増しってところもないわけじゃないと思うんだけど、阿波踊り、とてもしゅてき・・・。高円寺の阿波踊りの人出に比べると小規模だけど、見やすくっておすすめですわよ。来年はぜひ~。神楽坂から、隅田川の花火の光(の反射)が見られてびっくりしたわ。みなさま、健康に、よい夏を!

ダイエットの話をさせてください

 
4月からダイエットをはじめ、目標体重になったのでダイエット期間は先月で終了、今月はリバウンドしない月間、来月からキープできる体づくりというメニューで進んでおります。細部のサイズがどういう変化を遂げたかというと・・・
 体重 9.0kg減
 体脂肪量 7.3kg 
 ウェスト 8.2cm減
 下腹部 9.2cm減
 ヒップ 7.4cm減
 太もも 6.9cm減
 二の腕 5.5cm
しかし胸囲もおちました、胸囲だけに驚異的な数値で・・・
下着のサイズを変えるほどでなくて助かったけど、でも驚異的な数値でアワワ・・・
二の腕が5.5cm減って、ちょっと楽しい数字だよね。薄着季節の前にはじめてよかった。例年の決算作業などもこのくらいの準備の良さを発揮すべきでござる。
・・・というお話を、友人のマダミーたちに話しますと、「私も今年一念発起してダイエットしたの! 2ヶ月で7キロ落ちたわ」という猛者がでてきました。
「ほほぅ、奥様、どうなされましたの?」
「フィットネスクラブの痩身コースに入って、食事と運動の指導してもらって、夕食はしばらくの間、午後6時にマイクロダイエットのパスタを食べるようにしたの。そしたら一週間で1キロ落ちていったわ」
 すごい! 効率いいなー。
マイクロダイエットのドリンクタイプのは、飲み続けるのが正直しんどい代物だけど、パスタは結構いけるんだそうです。一食1,000円前後だけど、続ければ充分元が採れるわよね。
運動+食事の見直しがダイエット道の王道なんだとおもいます。あと、夜はワインとか焼酎などを。あたしゃもう、最近はシャンパン1本を3日で飲む生活でござるよ。酸化やら炭酸抜けを防ぐ道具も世にたくさん出ていることですし。

世界が滅亡してしまったと思った猫


北側の一番涼しい部屋で気持ち良い昼寝をしていたウカ様、はっと目が覚めて周囲を見渡すと誰もいない。
「この静けさはどういうこと! きっと世界が滅亡してしまったに違いない! うわーん! どうしたらいいの!」 
しかし、傍らにはイリオモテヤマネコのぬいぐるみ(中)が横たわっている。「あら、私、こんな子、産んだのかしら? 私の召使がなにか知っているかもしれないわ」と訝しむ。
世界は滅亡したはずなのに、召使だけは生き延びていて、その部屋までぬいぐるみをくわえて運んできて、「ねぇ、私の召使や、この子になにか覚えがあって?」と問いただしている・・・、そんなシーンのヒトコマです。
子供の頃の夏休み、お昼寝してはっと目が覚めたらもう午後四時。、日はぐっと長く赤色を帯びたものになってしまっていて、蝉の鳴き声もミンミンゼミからひぐらしが優勢に。家の中には誰もいなくて、もしかしてもう次の日になってしまったのかと、心細くなったときのことを思い出しました。
関係ないけど、小2の姪っ子は、なにかを提案する時、必ず両手を振り上げて「そうよ! わたしたち、これから●●ちゃんのおうちを出て、真夏のプールへでかけるべきなのよ!」と熱く振る舞う。「おまえは、嵐が丘の北島マヤか」といいたくなるよな。東京駅で別れるときもそうやって「さようなら! ●●ちゃん、また会える日まで!」とホームでやってくれたわ。どうしよう、うっかり宝塚のDVDとか見せて変な方向へ進んでしまったら・・・・

小2にはちっちゃい猫も大きくて


私にとってはちいちゃなウカ様も、小2にはでっかい猫なのよねぇ。。
今年のツールを制した「あらっ、若い頃のチャールズ皇太子?」なブラッドリー・ウィギンス選手ですが、あの人、アテネ五輪でも金メダル、北京五輪で金メダル、大英帝国勲章も受賞してるような経歴の持ち主だったのねっ! 初のイギリス国籍選手のがツール優勝でもあり(それはサッシャが何度も言ってたのでわかるんだけど)、五輪メダリストがツールを制したのも今回が初めてだそうで、アワワ、もみあげとか呼んでてごめん! ごめんなさい!  「ウィギンスのもみあげやよし立葵」とか俳句にまでしちゃってごめん!!! 
優勝後のインタビューなんかも落ち着いてたし、アシストたちの勝利のためにも積極的に引いていたし、なんというかアストロ壮一さんとか乙武さん並の人格者にしか見えないわよねー。新しい「マイヨ・ジョーヌを着るスター」が登場したんだと思う。
五輪の自転車競技もみなさまお楽しみに! カヴェンディッシュは出るのかな? 
あ、ところで、日本でおなじみのフィリピンバナナって「カヴェンディッシュ種」というのよ。
きっと、その昔、カヴェンディッシュさんが発見したのね。