完結す『岳』最終巻でサザエさん

 
※岳の17巻と1巻の表紙の構図がそっくりでアワワ・・・。
さて、山ブーム再来の立役者といってもいいくらいの存在感を示した「岳」も今年完結し、最終巻が発売となりました。
昨日のこと。会議中に携帯電話がなり、先方に断ってから電話をとると、姉からだった。
 「岳の最終巻買った? まだ? よかった、うち2冊買っちゃったの~!」
知 っ た こ と か ! ! ! !

なんでも、先日我が家に泊まった甥っ子B(小6、哲学ニュースをブックマークしてる子)が父親におねだりし予約しておいたものが届き、姉は姉で甥っ子Bのためにサプライズで予約しておいたものが同時に届いたそうな。楽天から、二箱で、同じ物が! プププ。
それでさっき電話で「青木くんとクミちゃんって、クミちゃんのが年上なの?」「ザックさんかと思ってたんだけどねえ」「ザックさんと一緒に北米山岳地帯パトロール部隊に入ってもいいのにね」などと電話でやりとりをば。生身の知り合いのように、登場人物の行く末を心配したものですよ。
岳全話を通じて一番好きなのは、青木くんの話よ。12巻だったと思う。
「私たちって男運がないのよね~」っていう妙齢の女性二人が遭難して助かる話も好き。
あぁ、岳! ゴルゴみたいに『岳』傑作選とか作られるのかしら! 出れば買うわ!