秋晴るるデムーロ持ってる天皇賞


おはよう、諸君!!!

月曜の午後、決算報告を聞きに横浜の税理士さんのところまで。一昨年から去年の売上は8万のプラス、去年から今年は10万のマイナス、とのことで、あぁこれが「スガの壁」か、と改めて。
毎年、いろいろな書類に印鑑を押した後、税理士さんは向こう2~3年の税金絡みの動きをお話してくれるのだけど、今年は来年春で終了する亀井静香の「中小企業金融円滑化法」について。
 「ここから3年、中小企業はさらに厳しくなりますよ。消費税も上がりますし」
あぁっ、景気悪いっ!!!
消費税は預り金だから5%預かってそのまま5%納めることになってる、なずなんですが、1,000万以下の売上の人は減免対象で納めてないですし(そのままポケットへ)、法人だって簡易なんとか方式だと3.5%前後くらいしか納めてないです、さらに海外でガンガン稼いでいる大企業は「えっ、これ海外の商品だから消費税? なんのこと?」ということで納めてないです。そうすると「1,000万以上、稼いだら負け」という判断する人も出てくるだろうし、それを見て減免ラインを800万くらいに下げてくるんだろうし、消費税っていったいなんなのよー!
しかし、どうして、経済の血液を止めるような真似ばかりするのかしら? 
官僚が馬鹿なの? 政治家がバカなの? 選んだ国民も馬鹿ってことなの?
てなわけでこれから朝の銀行に行って何も考えずシターンと納税してきます。
シターンと。

横浜でSっちゃんとお茶して東京へ戻る途中、競馬好きのおっちゃんがごはんに誘ってくれたので有楽町で中華。「天皇賞取って、天皇陛下に向かって跪いた姿が格好良かったわぁ」とお伝えすると、いろいろと熱く語ってくれた。
・デムーロは311直後のドバイ・ワールドカップ(3月26日開催)で、日本馬ヴィクトワールピサに乗って優勝。ドバイ・ワールドカップでの日本馬初優勝に貢献。震災で沈む日本(の競馬ファン)を勇気づけたことをぜひ記憶に留めていただきたい。
・天皇賞に陛下がいらっしゃったのは7年ぶり、前回は2005年松永幹夫がヘヴンリーロマンスで優勝。その松永幹夫とデムーロさんの間に(なんか長い話を熱く語ってくれたけど忘れた)。
・ウィニングランを終えた直後、メインスタンドで下馬し、天皇・皇后に対し最敬礼のポーズを取ったが、あれは実は後検量前の下馬ということで失格対象、なんだけど、「うん、いい話だから別に問題ないよね?」ってことで不問にされた。
・松永幹夫は「競馬の神様に愛された男」と呼ばれていたが、デムーロもかなり「持ってる」。
そんなデムーロの最敬礼の姿ですが、いろいろな角度から収められています。
ヤフーニュース、この赤いジャケットの女性は何の役?
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121028-sanspo-horse.view-000
これなんか本当に中世の騎士みたいで美しい姿。
http://pc.keibalab.jp/topics/15043/
2chで拾ったので真偽の程は定かではないのですが、こんな話も。
イタリア人騎手。「私が一番好きな国はイタリア。次は日本。」が口癖。
イタリアの名家の出で、先祖は十字軍で活躍した騎士団長。
新幹線で東京駅に到着した際は、かならず丸の内の皇居方面を向きお辞儀している。

うん、ちょっと定かじゃない気配もしないでもない情報ですが。
なんというか、とにかく、さわやかな競馬だったのですよね、
デムーロさんの「アリガトゴザイマシタ」というきちんとした日本語も含めて。
—-
そのおいちゃんが「吉田沙保里が国民栄誉賞を取って田村亮子化していくのではないかという懸念がある」とおっしゃるのですが、うーん、吉田沙保里ちゃんにそのイメージはないんだよなー。なんというか腹黒い印象がまるでない。後進に譲らずその階級にいつまでも居座っているというよりは、他の選手たちが階級をずらしたほうが早いと判断し、そういう判断をした選手が別の階級で金メダル取っちゃうくらいなんだから。
「それはレスリングが(柔道に比べて)マイナーなスポーツだからだ」
「結構腰くびれてるし、その面だけとったら女子力高いと思うよ」
「あれは上半身が鍛えられすぎて腰がくびれているのだ。第一スポーツ選手に女子力などっ!」
いいじゃん、必要だよねー、女子力ー。

し か し 、早 く 解 散 し ろ ー ! ! !