夏だって知らないお山はこわいもの/駒ケ岳遭難事故について思う

7月6日 カナダのケベックでの鉄道事故 死者33人、行方不明17人
同日 アシアナ航空着陸失敗事故 死者3人
7月12日 フランス列車脱線事故 死者6人
7月23日 タイ、バスとトラックが正面衝突、死者19人
7月24日 スペイン、サンティアゴ・デ・コンポステラ行きの列車の脱線事故 死者78人
7月28日 イタリア、バスが高速道路から転落、子供を含む死者37人
7月29日 スイス、列車正面衝突事故、死者1人
・・・怖いよ!!! 乗り物事故が続きすぎてるよ!!!!!
怖いなー、特に欧州で事故が続いているのが・・・。
長野の木曽駒ヶ岳(中央アルプス駒ケ岳ともいいます)で韓国人登山客が遭難した事故がありました。このニュースの第一報を耳にした時、『あの駒ケ岳で?そんなに厳しい山というイメージはないんだけど』と思ったものです。どうして遭難してしまったの? 当日の天気は? どんなルートをとったの? 彼らのスケジュールは? 装備は? いろいろ疑問がわいてきました。
ルート情報がヤフーのサイトに出ていました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130730-00000026-asahi-soci.view-000
えー!!!てっきりロープウェイでさくっと登る楽ちんコースを選んだのかと思ったら、池山からか! なんでこんなマニアックなルートを・・・。
池山から空木岳を登った人のブログが見つかったのでリンクしておきます。
http://yaplog.jp/sa-r-aks-1/archive/132
当日は晴天、日本の山に登山慣れしてる人が、少々ピッチ上げて歩いて3時間38分で山頂に着いたそうです。冒頭、登山口が見つからなくて難儀したとありますが、これから察するに道案内が豊富とも思えない登山道を日本語が読めない外国人が何時間かけて歩いたことでしょう。知らない道って道案内があっても不安だし、韓国は登山ブームらしいですが彼の国には高い山がないと聞きますし、3000m弱の山々には慣れてなかったよねぇ・・・。空木岳は2864m、雨が強く、風が吹いていれば稜線の上は寒かっただろうし。
とか言ってたら、この韓国人パーティとすれ違った人のヤマレコが見つかりました。この記事の後半、筆者さんが楽しい登山を安全に終えて下山している途中で、すれ違ったそうです。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-326958.html
この方のヤマレコを読んで思ったのですが、宝剣岳から南側はかなりハードなルートになってるのね。南側は全然興味がなく、歩きやすい駒ケ岳方面ばかりをるんたるんたと歩いてましたし、稜線も穏やかに見えるのでのどかなコースかと思っていましたが、「クサリやロープの補助がない箇所も多く個人的には今回のルートで一番の難所に感じた」というではありませんか! 山を舐めてるのは私でした、ごめんなさい。
この方も指摘してますが、彼らは事前にルート情報や山の難易度を把握してたのでしょうか。してなかったんだろうなぁ・・・、しておこうよー。ヤフーのニュースを見るとそれなりの装備をしていたように思えるんだけど、夏山は天気が急変するものだし、せめてゴアテックスの上下は揃えておこうよー。
事前準備はしっかりと、山の高さにあわせて装備を見直し、地図はちゃんと持つ、現地の言葉を理解する(玉川温泉の中で現地のおばちゃんとお話したら言葉がわからなかった、ということではなく!)、あらためて肝に銘じておきたい。
秋田駒ケ岳(標高1,637m)の帰り、道路の脇に黒い生き物がいるなー、あんな黒くてでかい生き物がいるのねー、さすが秋田、マタギの国・・・って眺めていたら、クマじゃん!!!! クマさん、アワアワと体を起こし、胸のツキノワグママークを見せてくれ、アワアワと森の中に帰っていきました。あんなんと登山道で出会ったらどうするんだ、とドキドキしました。
滑落事故も多いですし、山を舐めるなということなのですよね。気をつけます。