能楽はキャッキャウフフの躍動美/第8回 奥川恒治の会「安宅」

 
※上の作品はイメージ画像です。
日曜日は、友人に誘われて国立能楽堂まで能楽師奥川恒治さんの会に。源平しばり・未来への継承というテーマで、狂言は「樋の酒」、仕舞は静御前の「吉野静」と牛若丸と武蔵坊弁慶が出会う「橋辨慶」、最後に能「安宅」を。すべて面をつけないもので、牛若丸なんて七歳の凛々しいお嬢ちゃんが演じ、そりゃぁもう会場中がほんわかした雰囲気に。かわいかったです! ひらりひらりと五条の橋をよく舞っていました。
さて、「安宅」はいわゆる勧進帳のお話で、歌舞伎では6人しか山伏が出ないんだけど、お能では総勢12人の山伏が狭い舞台の上を押し合い圧し合いするのです。うふっ☆ 山伏だらけの運動会! 関守の富樫がいう、「あいや、またれい!そこの怪しげなヤング・イケメン、もしかして源義経じゃなかったりしない?」、弁慶が率いる山伏軍団がそれに答える、「なっ、なに言ってるんすか!俺ら山伏集団っすよ! ほらっほらっ!」と十二人の山伏が団子状態になって、富樫に迫る、迫る迫る、団子状態になって迫る、んもぅ、いままでのお能観劇の中で、一番の萌えタイムでした☆
能って、思ったほど幽玄でもなかったりするのが楽しいですね。
よかったですー。とてもよかったですー。観世九皐会さん、オールスターズ大登場という内容で、ああいう会の開催は、スタッフの皆さん・裏方のみなさん、ご苦労が多かったのではないかと思います。お招きいただきありがとうございました。素晴らしかったです!