十月に野球の神様やってきた


今日はワールドシリーズを見たくてちょっとそわそわしながら午前中は仕事。点差がついてる状態だったけど、最後は上原が登板。優勝の瞬間にマウンドに立っているのが、日本人投手上原だなんて! ボストン・レッドソックスに移籍する前、もみあげしっかり生やしてルパン三世のテーマソングで建山とキャッキャウフフと野球番組に出ていた上原、もっと遡れば雑草魂だの「移動は百貨店の紙袋ですか?ププー」とされてたあの若い日の上原、あの上原が!!! ボストンの人たちに愛されまくりの投手に成長した上原が!! 優勝が決まる直前から、私までだらだら泣きながらその勝利の瞬間を待っただよ。うわーん。
おめでとう、上原・田澤・レッドソックス!
秋のボストン行ってみたい、きれいな街なんだろうな。
建山は、この秋はバス釣ってるみたいです。うん、野球もやってます。
https://twitter.com/tatetatetateyan/status/393101035226423296
レッドソックス優勝の興奮に酔いしれた後、濃いコーヒー入れて気合入れてまた仕事して、夕方、麻布十番のあんべちゃんに髪切ってもらいに出かけちょっとリーガル・ハイ風になって、戻ってきて日本シリーズをチラチラ見たりラジオ聞いたりしながらまた仕事。楽天のよく名前を知らない選手たちの若々しい姿や仕草に、あぁ中日の選手って本当に平均年齢高いんだなと改めて思ったり。こちらも面白い試合になりました。
若い男の子に美容室で丁寧に丁寧にシャンプーしてもらって、あのぅ、ちょっと丁寧すぎるんですけど、あたいなんてもっと雑に扱っていいんですけどとお願いしたくなるくらい丁寧に丁寧にシャンプーしてもらって、鈴木砂羽さんの菌活のCMってこういうことなのかなーと思ったりしたよ。やーん。