映画「ハンナ・アーレント」

ハンナ・アーレント [DVD]

あらすじはギンレイホールのサイトから。
60年代初頭。ナチス戦犯アイヒマンが逮捕された。高名な哲学者ハンナはその歴史的裁判を傍聴しレポート記事を発表するが、その衝撃的な内容に激しいバッシングを受ける… ナチス収容所から逃れてアメリカに亡命したハンナ・アーレントの不屈の信念を描きだした重厚な伝記ドラマ!

ハイデッカーおじさんがっ!!!!! ハイデッカーおじさんがっ!!!
60年代の哲学者は私が想像するよりはるかにはるかにヘビースモーカーでした。
胸元にたらりと垂れる小粒の真珠のネックレス、いいね! 長すぎず短すぎず。
関連書籍がたくさん出ているので読んでみて、改めてこの映画のことを考えることとしたい。

公式サイトはこちら。
http://www.cetera.co.jp/h_arendt/

Wikipedia には『映画の内容と関係するアーレントの著作『イエルサレムのアイヒマン』の翻訳書も、映画公開から2000部が増刷された』って書いてあるけど、林真理子の「白蓮れんれん」も増刷になるのかちらどうかちら! 

私、いま、これ読んでるんですけど「ナチスとヒロヒトは同じだ」とヨーロッパの人が思ってるという記述を読んでちょっとクラクラしてるところなのよのさー。そしてマークス寿子さんの「マークス」がイギリスのPB洋服屋さん『マークス&スペンサー』のマークスと初めて知ってびっくりよ! 香港行くときたまに買う、安くて堅実、仕事先にもギリギリ着ていけるの、あとここの○○号が私にぴったりなもので。