秋晴るるメガ鯉パーカーで納税を/アラン・シリトー「土曜の夜と日曜の朝」読了

今日は法人決算ご報告デーでそして税理士事務所で申告書2通預かり納税するデー! 税理士さんは横浜の上大岡、毎年10月の終わりのその日には、午前11時頃、旅情を誘うボックス席の赤い電車に乗っていきます。そして私のこの納税デーというのは、毎年毎年なぜか快晴に見まわれ、川崎以南に広がる青い空を見上げていると否応にもスッキリした思いが強まるものです。多くの人に食べさせていただいている身分ですが、この一年も無事に乗り切れることができ、本当にありがとうございました。18期もまたどうぞよろしくお願いいたします。だいぶ・・・時代が変わったなぁと強く思いはするのですが。

土曜の夜と日曜の朝 (新潮文庫 赤 68-2)
読了。エンディングを確かめたいという気持ちもあって読んでみたのですが、そうかーこういうエンディングだったかー、そうだそうだ、こういうエンディングだった。お気に入りの場所で釣りをして終わるんだった、彼の土曜の夜が。まぁ、続くその日々を彼がおとなしく過ごすわけでもないんでしょうけれども。若者の青春がこうやって終わっていくなんて・・・人生って寂しいね・・・そして『フル・モンティ』を経て『天使の分け前』へ・・・。

納税と会議の間に時間があったので銀座で一人で優雅ランチして、昨秋売れ残り・メーカーたたき売りの三越の前倒し秋冬物バーゲンを覗いてみた。このバーゲンのちょっとラグジュアリな素材のコーナーには、毎年ものすごい掘り出し物が埋まっていたりするのですが、いひひ、今年も見つけることができましたよ。うふふ、しかも新作、数年探していた素材とラインの羽織もの、いやーん、私が探していた青い鳥はここにいたのね、三越にいたのね! 納税終了のすっきり気分でうっかり浮かれて購入し自宅へ配送手配。同じ素材のカジュアルなデザインのものも羽織ってみたらこちらも似合うので、「うふふふ、二枚で●●円になるようでしたら2つとも持って帰っちゃおうかしら☆」とにこやかに交渉してみたら、若い営業男子が早速本部に電話して「ダメですって☆ (*ノω・*)テヘ」と。ほんとに電話してくれた・・ガクガクブルブル・・・。その交渉が成立したら「似たようだけどちょっとしか違わない服」をうっかりと二枚買うところじゃったよ・・・。10月29日(水)~11月3日(月・祝) レディスファッションウインターバザールってやつです。よろしくどうぞ!

そして今朝、頭を冷やしてちょっと考えたのだけど、昨日の洋服には確かに似合っていたけど、逆に言うとその格好にしか合わない羽織モノではないかしら・・どうかしら・・・。そんな気がしてきた・・・。あ、わかった、ああいう洋服を買い足せばいいのか、うむ!

総じてよい一日でした。来年もよい納税を!