晩秋にまさかのヴァネッサ・パラディが!/映画「ジゴロ・イン・ニューヨーク」

【映画パンフレット】 ジゴロ・イン・ニューヨーク Fading Gigolo 監督 ジョン・タトゥーロ キャスト ジョン・タトゥーロ、ウディ・アレン、ヴァネッサ・パラディ、リーヴ・シュレイバー、シャロン・ストーン、ソフィア・ベルガラ

あらすじはWikipediaから。
書店をたたむことになったマーレイ(ウディ・アレン)は、友人のフィオラヴァンテ(ジョン・タトゥーロ)に、ジゴロをやってみないかと持ちかける。初めての顧客となった医師パーカー(シャロン・ストーン)を皮切りに、フィオラヴァンテは次々と女性を虜にする。フィオラヴァンテとマーレイは、ジゴロのヴァージル・ハワードとポン引きのダン・ボンゴとして成功を収める。

フィオラヴァンテは顧客のアヴィガル(ヴァネッサ・パラディ)に恋心を抱く。彼女はラビの未亡人で、彼女の幼なじみである警官のドヴィ(リーヴ・シュレイバー)は彼らの関係を怪しんでいる。

そのヴァネッサ・パラディがですね、えええええ、そうかぁ・・・・そうかぁ1972年生まれですもんね、私と同世代ですもんね、そりゃー90年代にはレニー・クラビッツプロデュースの『ビー・マイ・ベイビー』で皆さん夢中になったものですよ、その彼女も現在40代、そうかぁーこういうマダムになるのねぇ、えぇーそうかー、なぜすきっ歯! なぜ歯列矯正しなかった!? 

それに比べると現役肉食獣・御年56歳のシャロン・ストーンはすごいですよ、えぇそりゃもう、美脚ってのは年をとっても衰えないものなんですな、えぇ、もうあのまっすぐ伸びた肉付きの良い足を12cmのハイヒールに乗っけて益々グッドルッキング! グォージャスな女医さん役ですよ、間違いない、えぇこりゃもう間違いない! 

ジョン・タトゥーロ、相当セクスィーでしたよー。花屋で男娼で丁寧で時にパワフルで激しくって、男娼のしごとの日には大変素敵な革靴を履いて身ぎれいなコートを着てスマートにやってこられたりしたらそりゃーもーあなた、ねーえ。ウディ・アレンのポン引きっぷりも悪くなかったです。映画自体は、肉食獣は肉食獣、永遠に肉食獣なんだなーという不滅の真理を知ることができましたし、見て損はないけど得もないかな、うん、まぁでも仕事が終わった金曜夜にのんびりと過ごすときに見るにはちょうどいい感じの90分映画でしたよ。

あと秋のニューヨークの街が美しかったですよ、行ったことないんだけど、ニューヨークって。

Vanessa Paradis

左内坂砂土原急坂雪の朝

うっかり火曜深夜にこれをポチッとして、昨日昼間に届いて、今朝はこの雪。見事に間に合いましたなー。

※靴箱の上にエアキャップでピチっと包装しただけの大変な簡易包装で感動しました。これでいい、これでいいんですよぅー。購入したのは十勝岳で温泉旅館経営している「ノースフィール」というショップなんだけど、やるなぁとうなりましたわい。バックカントリーとかするんですね、そしてものすごい髪型の人が道に迷ったりするんですね。


昨日、某勉強会に参加してきました。1月にまだ着物着てないなと思い付き、結城に辛子色の帯を締めて、萌黄色の帯締めと帯揚げでいった。うん、私の持ってる結城、超地味!!!!! 地味なんだけどぬくいので、本当にぬくい。しかし地味なお抹茶色、なんて地味なんだ!

さて勉強会の内容は、大変素晴らしいもので、参加されているみなさんがなんかよいお召し物を着てらっしゃる・・・なんかこうこういうセミナーって、いろいろな装いの方が参加されたりするものですが、みなさま規模の大小あれど会社経営に携わっている方が多く、おぉ、人生の余裕オーラと充実オーラがビシビシと感じられ大変な刺激に。いやぁ私、本当に呑気にやってるんだな・・。仕事ガリガリしていてハードディスクの音を聞くのもいやぁぁぁって思ってたのはいつの日か。ほんと、いつの日の話だろ?

半年の幻の恋終わりをり/なにかが、なにかがもったいなかった話

フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質"を高める秘訣~
うそーん!!!

半年前、秋冬物が立ち上がったばかりの頃の話、ちょっとかわいいインナーダウンを某ショップで見つけて、ふんぎゃーかわいいーこれ着てアラスカ行ったらさぞかし温くて楽しい思いをするじゃろうてと思ったのですが、ふんぎゃー高いーファッキン・エクスペンシブー予算超過で今回は買えないわー、と諦めた、諦めたのです、わたくしはッ!!! しかしたまに夢の中にまでちらついてきやがる、そのショップの前を通りかかってはちらっと眺めて棚にかかっていないのを見て、誰かのところにお嫁入りしたんだね、そうだね、うん、よかったね、と思っていた、思っていたんですよ、ぼかぁ!

そして先日、そのショップの入ってる建物の別のお店で似たようなデザインだけどかなりコンセプトが違うインナーダウンがバーゲンになっているのを見つけ、自分で写真を撮り「買いたい!どう思う!?」とお友達のM屋さんに送りつけた。友人からは「買うな」というメールが届いた。ぐぬー。「あなた、私がちゃんと試着したところを見てないからそういうことをおっしゃるのですよ」とものすごい根拠の無い自信をどこかから引っ張りだしてきて、先日彼女を連れてその店までいきましたの。「ほらほら、似合うでしょう?」とお見せしたところ、「いやいや、全然使えないっすから、それ!」と冷静に分析され、その内容を聞いてふんふん、なるほど、ふむふむ、ファッキン理路整然ファッション論に感謝しますよ、感謝しますともー、うわわわーん、諦めるー、このインナーダウンも諦めるー、もともと半年前にあのインナーダウンを買っておかなかった私が悪いのよ、わたしっていつもそう、利益確定のタイミングも逃しちゃうグズでのろまで優柔不断な亀なのよ、昨夏のうちに石油系の株を売っておいたのがせめてもの救い、ファッキン大暴落2015!、などといろいろな思いを去来させながらも気持を落ち着かせ、「ふんじゃー次は私がダウン探すのをつきあってくださいよ」とM屋さんがおっしゃるので館内を練り歩くことに。

そしてくだんのショップでかわいく素敵なダウンをM屋さんが見つけ、そんな楽しい買い物風景をぼーっと眺めていたら利発そうな店員さんが「あのぅ、お客さま、昨年の秋にインナーダウンの試着された方ですよね?」と声をかけてきた。「えー覚えてらっしゃるの?」とこたえると、「実はあれ、まだあるんです」とニコニコと。

 ガガーリン!

「バーゲンにはなってないんですけどね」と持ちだしてきてくれました。いやぁぁぁぁーあんたぁぁぁどこにぃぃぃぃいたのおぉぉぉぉぉぉー、バックヤードにいたのかいーーーー! というわけでプラスティックのカードがたしーんと唸りをあげて、家に連れて帰ってきました。

こんなことならあのときに買っておけばよかった、半年間着たかったお洋服と一緒にぬくぬくと過ごしていればよかった。シーズン最初にこれを買っておけば、あの編上げロングカーディガン(貴金属売って捻出)もゴルゴジャンバー(値切って購入)もニット帽(バーゲンで購入)も買わずに済んだのではなかろうか。初期投資(プロパー価格だったけど)を間違えて遠回りして無駄金を使ったのではなかろうか。いやいやいや編上げカーデはマダム仕様なのでこのインナーダウンとは属性が違うし、ゴルゴジャンパーは昔から一度は欲しかったものだししかも断然ぬくいし戦闘に、じゃなくて銭湯に行くときには大活躍、ちょっと荒っぽい場所に行くのも平気、ニット帽はニット帽で全く違うアイテムではないか。いやーいやいやいや、自分で書いておきながら見事な詭弁ですなー。こういうのなんていうの、安物買いの銭失い? 違うな、残り物には福がある? それも違うな。

そういうわけで近年稀に見る充実したバーゲン月間となったわけですが、今年はテンションあがるものだけ買う。安くっても高くても、見ていて楽しい気分になるものを、楽しい気持ちで楽しく払って楽しく購入する! 思い出したときげんなりする購入経験のものは手放す。かわいい猫も変わらず愛でる! それを是として生きてゆきたい。断捨離する必要のない賢く楽しいクローゼットを構築していくのですじゃ!

大江健三郎「死者の奢り・飼育」

死者の奢り・飼育 (新潮文庫)

これに収録されている「米軍兵士が通訳を伴って山村にやってきてどうにかこうにかなっちゃう」な話が読み返したくてKindle購入。初めて読んだのは随分昔のことで、タイトルも忘れていたけど、書き出しを覚えていたのですぐその作品「不意の唖」に出会えました。おぉーそうだそうだ、こうなってああなって、うんうん、そうやって、うん、うん。この短篇集に書かれているのは、弱いものの話なんだね。

この表紙イラストが子供心に怖くってのぅ。大人になってから出会った諸星大二郎作品のカオカオ様でトラウマが蘇ってしまうことを、当時の私はまだ知らなかったんじゃ。

夢の木の下で (Mag comics)

綿入れにくるみて猫を運びをり

仮住まいに連れていったがなじまない、全く馴染む気配が無い!

同じフロアに仮住まいを用意してくれたのはありがたいのですが、部屋がかなり手狭になり、引っ越ししてからの6週間どうやって過ごすのかちょっと途方に暮れています。

ちょっとずつ荷物を運びこむ作業にあわせてウカちゃまを新居になじませようとしているのですが、「ここじゃない!ここじゃないよぅー!」と近所迷惑になるような大きな鳴き声を上げ続けるのです。そして旧居に送り返すと「ここよぅ、ここよー、あっ、あんたまたなんで玄関の外に行こうとするの、連れてけー」と泣きわめくのです。どっちやねん。

「あっちのお家がいいー」、うん、私もー。