谷崎潤一郎「猫と庄造と二人のをんな」

猫と庄造と二人のをんな (中公文庫)

中公文庫版で! 電子書籍なのに安井曾太郎の挿絵付き! お買い得ぅ!

あらすじはAmazonから、新潮文庫版を。
一匹の猫を中心に、猫を溺愛している愚昧な男、猫に嫉妬し、追い出そうとする女、男への未練から猫を引取って男の心をつなぎとめようとする女の、三者三様の痴態を描く。人間の心に宿る“隷属”への希求を反時代的なヴィジョンとして語り続けた著者が、この作品では、その“隷属”が拒否され、人間が猫のために破滅してゆく姿をのびのびと捉え、ほとんど諷刺画に仕立て上げている。

物語の主役と成る猫は鼈甲猫の「リヽー」、リリィちゃん。猫に花の名前のリリィとつけるあたりで溺愛っぷりがわかるってもんです。鼈甲猫ってどんなネコかと思ったけど、サビ猫のことなのかな? 竹内栖鳳の「斑猫」の柄行が近いのかしら? サビ猫なら私の姉が飼ってるのがそういう柄の猫で、言われてみれば確かに鼈甲柄、言われて見なければ錆柄、うむ、言葉とは奥行きがあり美しいものじゃて。まぁこういう男を平成の世に具現化すると、「誰も寝てはならぬ」のハルキちゃんになるんだよね、うん。

誰も寝てはならぬ(16) (ワイドKC モーニング)

早速ウカちゃまで実写化しなくっちゃね!! 庄造役は加瀬亮がいいなぁ。これを昔、若い頃の森繁久彌が演じたんですってね。たいそう愉快な作品だったでしょうね。


週末、ラブホテルが連なる街のどまんなかで魔女会したー。どうやら算数が苦手なお店らしく長居したのにお手頃で、たいそう楽しい夜になったものです。タクシーが拾えずに激しい車争奪戦になってる交差点を深夜一時過ぎに横切り(次の角を曲がればぐっと拾いやすくなるのです)、景気がよくなったのかちら、などと。どうなの? よくなってるの? それともあの交差点だけの特殊事情?

谷崎潤一郎「細雪」読了

細雪 (上) (新潮文庫)

細雪 (中) (新潮文庫)

細雪(下)

読了したー。
船場の没落商家のアラサー三女の婚活物語じゃったー!

没落商家の婚活物語というのはあまりにもまとめすぎだけど、戦前の上流階級の人たちってこんなふうに暮らし、こんな風に世間を眺めてたんですな。京都の花見、大垣での蛍狩り、富士五湖を巡る旅、帝国ホテルでの宿泊、最後の京都での見合いの場面・・、あの時代でも人々はガンガン移動し、季節の美しさを心から楽しんでいたのですな。美しい。だらだらとした会話が続くシーンや、初対面の人たちが顔をあわしてどうにも会話が弾まない描写など大変生々しくて楽しゅうございました。

中国との戦争が長引いているさなかから1941年の春までを描いて物語は終わるのだけど、蘆屋を中心に主人公たち姉妹と関わった外国の人々のその後の命運が気にかかります。そんな時期に勇敢にもアメリカに渡った女性も登場していますが、彼女は無事に帰ってこられたのかしら、「軍部に知り合いがいるもんですから」といって日本へ帰る船へちゃっかり乗り込み、その陰で日本に帰れず大変な目にあった庶民の人たちがいたりするんじゃないかしら、などと。

映画「アドレナリン」

アドレナリン 普及版 [DVD]

イケメンのジェイソン・ステイサムさんだー!!! 若い! だって2006年の映画ですもの! 当時劇場に見に行こうかなーと思ってたんですが、huluで十分だったかな。テンション高くてなかなかにクズい映画で楽しかったですよ。作品中の携帯電話でだいたい年代わかっていいね。

昨日は、午前中に日比谷の病院 → 治療 → 移動 → 会議+会議+会議 → 友達とゴハン、の予定だったんざますの。そのクリニックに行ったら「あらー今日は治療はしませんよ? 予約しなおして来週きてください」と美人女医に言われガガーリン、数時間空いてしまうじゃないですかー、ふんがー、これはっこれはっ床屋に行けという神の啓示ね(髪つながりで☆)、と麻布十番の行きつけの床屋に電話、「あらー、担当のアベッチ、今日はこちらに出勤してませんよ」、うわーん、「銀座店にいます、しかもいま、空いてます」。

 神がいたなー。そこにいましたよ!

私ってほんとに小さく小さく運がいいなーと思います。

air銀座店、シャレオツで広くてシャンプー台がファーストクラスの椅子みたいで大変よござんしたよ。建築途中の数寄屋橋阪急が見える位置ってのもよいです。麻布十番店は「棟梁についてく弟子たち」って感じがして好きなんだけど、銀座店は普通の美容室でした。あぁ普通の美容室ってこういうことをいうのかー、うんうん、と納得したり。

友達とは新橋の初挑戦の焼き鳥屋。「コースのみ!」「黙ってくえ!」的なお店でドキドキしましたが、狭いながらもくつろぐと大変居心地よく、焼き鳥のタネは大きいわおいしいわ、お燗はちょうどいいわ、気がついたら6時前半台に満席になってるわでよいお店でした。新橋のおなごたちは化粧が薄くていいねぇ、これが丸の内に行くと途端に濃くなるのがなんとも。

映画「茄子 スーツケースの渡り鳥」

茄子 スーツケースの渡り鳥 [DVD]

hulu でやってたので見てみた。初めてみたような気がしたけど、二回目だったかも。

あぁ、これは・・・「水曜どうでしょう」なんだ、自転車の「水曜どうでしょう」だったんだーとしみじみ味わいながら拝見しましたよ。「水曜どうでしょう」の全編を昨年から今年にかけてすべて見倒した今だから言えるのですが、この作品は「水曜どうでしょう」だったんですね。えぇ。藤村Dが声を務めるチームの短躯の監督が、欧州から日本へ向かう機内でむっしゃむしゃとゴハン食べてるシーンなんてもうそのものじゃないですかー。

去年の春、ベトナムに行くといったとき、カサやんが「これ見てからいきなよー」とベトナム編のDVDを貸してくれたんでした。秋に「アラスカ行く」といったときには「アラスカ編」を貸してくれたんです。あれでズボッとハマって(今更ながらの2014年に!!!!!!)見ている間は本当に楽しかったー。ありがとう、カサやん、ありがとう、HTB! 本当にね、「アラスカを荒らすか」と道中何回口にしたことか・・・。

水曜どうでしょうDVD第22弾『中米・コスタリカで幻の鳥を激写する!/前枠・後枠 傑作選