夏賭博回春ツアー御一行様/映画「ラストベガス」

ラストベガス [DVD]

あらすじはWikipedia から。WOWOWで。
ビリー、パディ、アーチー、サムの4人組は、幼い頃からの大親友。ある日、唯一独身を貫いてきたビリーが若い娘と結婚することになり、ラスベガスで派手なバチェラー・パーティーを行うため、3人と久しぶりの再会を果たす。久しぶりに羽目を外すことに年甲斐もなく興奮する面々だったが、パディだけは浮かない顔をしていた。

マイケル・ダグラス、ロバート・デ・ニーロ、モーガン・フリーマン、ケヴィン・クラインの四人が演じる男性たちがラスベガスにきていやっほぅと楽しく過ごす週末のお話。

マイケル・ダグラス、痩せたねぇー、おじいちゃんになったっていうよりは痩せちゃってビックリ! 喉頭がんだったのか。。。わぁぁ。
ロバート・デ・ニーロは意外と仕事選ばない俳優さんのひとり、どの映画でも必ず両手を広げ「アーハン?」とやってくれるのが嬉しいです。
こういうやんちゃ系映画でも品よく場を引き締めるのがモーガン・フリーマン、なんでしょう、この方の醸しだす善なる空気は。この人と王貞治氏ってなんとなく似てる気がするの。若い頃はそりゃーもー手の付けられない武勇伝だらけだったけれど後には球界の象徴として存在する善なる精神、みたいなものを感じます。
ケヴィン・クラインは実年齢も一番若く、エロジジイの役どころもしっかりと美味しいオチも持っていきます、いいですね、悪くないです! 

見ても見なくてもよい無邪気な映画の一つかもしれないんですが、ラスベガスの観光事情を知るには十分な情報量で、おしゃれで華やかで、ゴージャスナイスバディ多数登場、肌色も多いけど基本的には上品です。ベテラン俳優たちの茶目っ気たっぷりの演技をご家族全員で安心して見られる素敵老後映画でした。いやーこんな老後迎えられたら嬉しいですねー。日中はお仕事相手の女性と「長期保有のFXのセミナー受けてきた、意味がわからない、金返せって思った」「なんじゃそら、為替持っとけばいいだけじゃん!」などとやりとりした後だっただけに!

その後ジロ・デ・イタリアを観戦。コモ湖からルガノ湖へ移動する素晴らしく美しい平坦山岳ステージ(どっち?)はふーん! 長野県内の山奥の秘境ダム湖を走るのとそう変わらないような気もしないでもないんですが、美しいステージでしたー。今日から山岳ステージ三連戦! 楽しみ!

石楠花に地震ファッションヒストリエ

朝、風通しのよい場所で(飼い主の机の端)で朝寝するウカちゃま。

昼過ぎ、地震が起きて「世界の終わり怖い」と机の端が安全地帯と判断したウカちゃま。

夕方、「世界の終わりにはこいつを連れて行くわよ」と大好きなイリオモテヤマネコのぬいぐるみを仕事場に運んできたドヤ顔のウカちゃま。もちろん、連れて行きますともえぇ。


ヒストリエ(9) (アフタヌーンKC)
ヒストリエ9巻買いました。一巻からもう1回読み直しましょうっと。主人公がどんどんかっこ良くなってる。だましたなーよくも騙したなー!

ポケット版 ワンハンドレッド ~きれいな女性が持っているおしゃれアイテム100
昨今のファッション関係の書籍では、必ずマッキントッシュのトレンチコートが紹介されているような「ハズレのないアイテムご紹介本」というイチジャンルがありますよね。ほんでまぁそういう本を買ってもいいんだけど、ハズレのないアイテムを持つことも大事ですが、残り少ない人生、自分らしく楽しく愉快にお洋服を着る愉しむというのもとても大事だと思うのですよ。流行が早く回り過ぎるので追いかけるのも大変ですし。

先日、バーゲンでリックオウエンスのロングワンピースを購入したのです。ロングのワンピースをずるずると着るのが好きなんです。ところがこのワンピ、バーゲン会場では気が付かなかったのですが、ふくらはぎの途中までの丈で裾は筒型、ハイヒールを履いて足の甲から足首、ふくらはぎへの綺麗なラインを見せそこから上は神秘のコットンで覆い隠すという主旨のデザインで、つまり大股開いてザックザク歩いくためのドレスじゃなかったんですね。ガガーリン。でもすっごく肌触りのよい謎のコットンで、上半身のデザインが素晴らしく優雅で、あぁなんで君は裾がそんなことになっているのだ、バーゲン会場で目が眩んでいたのかわたしは(はい眩んでいました)、と反省したのち、ベルトで腰のあたりをしめてひざ上ワンピとして愉しむことにしました。えぇそれにはまず間違いのないベルト選びから始めないといけませんね、シンプルな洋服群に気の利いた小物を持つことが人生を楽しませてくれるのではなかろうか、そうだそうだそうに決まった、というわけで本屋さんをウロウロしていたらこのご本に出会ったというわけです。

かわいいイラスト満載の手にもつとちょうど良いサイズのご本、理解していなかったファッション用語の内容がしっかりとわかる。「エル」「マリ・クレール」のファッションディレクターをやっていたというニーナ・ガルシアさんのオカマっぽい口調も楽しい! ファッションに関するトリビアも大変勉強になる。シャネルのマトラッセのバッグ「2.55」は1955年2月に誕生したからその名前がついたのだとか、女性がブーツを履き出したのは1960年、マリー・クアントがミニスカートを発表し、それにあわせてアンドレ・クレージュが考案したのがハイファッションなブーツを考案したからとか。こういう人たちが築いてくれたファッション街道をいま私たちは存分に楽しんでいるわけですね。 

この中で「インベストメントバッグ」という項目がありましての「投資する価値があるなら、数週間分のお給料をつぎ込んでも、後ろめたくないのがインベストメントバッグ」とザクっとご紹介してらっしゃる。あぁわかるわかる、エルメスのおかばんなんていますっごい値段で売り買いされてるものね。アメリカ人のヴィンテージモノ扱ってる人が「日本にはーダイコクヤというしっかりした鑑定屋がありましてのぅ」などと話しているのを耳にしたこともある、大黒屋さんは質屋だっつの。そうだねぇ、鞄と時計はよいもの買っておけばあとでまた売れるものねぇ。マンション買うのも時計買うのもバッグ買うのも、投資という視点でみたらあんまり変わりはないのよねー、最初に出て行く金額と払う税金と持つコストをちゃんと計算すれば。うむ。いや、このお話のオチはそういう帰着ではなくてね、えぇ。

ギター手にセケンノハテマデイリノイまで/映画「ジャージー・ボーイズ」

ジャージー・ボーイズ(字幕版)

「クリント・イーストウッドが監督した実在のバンドをモデルにした映画」、それ以上でもそれ以下でもない予備知識で臨んで鑑賞。おぉぉぉ、「シェーリィー、ウォンウォーン」とか「君の瞳に恋してる」の方たち「フォーシーズンズ」がモデルなのですか、ほぅほぅほほう。いや、わたくし、映画見ている最中にこの二曲を歌っている方たちが同じ人だと初めて知ったくらいですもの、アメリカのショービズに疎いものでして。

いやぁもう、オチのリンゴ・スターに全部持ってかれましたわ。クリント・イーストウッドさんにもこんな素敵でハッピーな演出ができるのですか、という楽しくなっちゃうエンドロールで、あの、クリストファー・ウォーケンさんがっ、両手をパパンと打ちながらダンスするシーンが拝めるんですけど、その2秒を見るためだけでもこの映画を見る価値があるかもしれません。いやぁ、眼福でした。

ギンレイホールで、6月5日まで。

荒梅雨やヘリオス酒造の軒先に/一泊二日恩納村リゾートホテル満喫ツアーの巻


島とうがらしオリーブオイルのヘリオス酒造さんの工場見学に行って来ました。建物が薄く黒く汚れているのは「醸すぞ!」の黒麹が壁面に取りついているからなんだそうです。ヘリオス酒造さんは、私にとっては島とうがらし漬けオリーブオイルの会社だけど、世間の泡盛好きな人に言わせると黒麹色の「くら」の酒造メーカーとして有名なのね。その「くら」は、ウィスキーのようにポットスチルと樫の木の樽でつくり、この冬の半年マッサンで得た知識が十分に役立った見学時間となりましたことよ。

泡盛 ヘリオス酒造 くらスーパーセレクション 43度 720ml


鬼試飲。このあとさらに5種類ほど飲ませてもらいました。憧れの島とうがらし入のオリーブオイルは店頭に在庫がなく、空港で買う時間もなく、なにひとつおみやげが買えませんでした。

ヘリオス酒造 泡盛梅酒梅千代 14度 720ml ×2本
南高梅と泡盛の梅酒が素直に美味しかった。


今回はヘリオス酒造の近くの恩納村のリゾートホテルに泊まりやんした。そのホテルで一番狭い部屋を予約したつもりだったのですが、おかしい、通された部屋が無駄に広い、ていうかベッドの数が多すぎる、こんなに使い切れない、ていうか私一人ですし、なんの間違いでしょうか、と思ったけど間違いでもなんでもなくほんとに一人でスイートルームを使うことに。使っても使ってもタオルが使い切れない、ツイスターゲームができそうなばかでかいダブルベッドの部屋とキングサイズのシングルベッドが2つ並んだお部屋、都合ベッドが3台、一体わたくしにどうしろと!(全部に寝てみた、メインは主寝室のダブルベッド) バスローブがなんで6枚もあるの、パジャマもなんで6組あるの、でっかいソファがなんで部屋中の至る所にあるの、アメニティのロクシタンがやはり3人前+アルファ、わたくしに一体、なにをどうしろとー、などと叫びながらゴロゴロと堪能してまいりました。30秒で眠りにつくことができた恐ろしやリネンとベッドにクラクラしてまいりましたよ。いやー最近のリゾートホテル、すげえ、侮れない、シーズン直前のお手頃価格で何の間違いだったのか、いやしかし、これまた、いやはや、ほんとにわたくしに一体なにをしろと!! ホテルの宣伝をしろとでもっ!?

滞在中はずっと豪雨でしたけどね、うふふ、さすがの雨女☆ 沖縄の梅雨ってかなり雨脚が強いのね。

寺田克也さんのイラストが届きました。

先日の個展で購入した作品が届きました。仕事の合間にチラチラと目をやっては、一日中ニヤニヤしていました。一日中ニヤニヤと!!!

この重そうな質感たっぷりの胸が!
後ろからわしっと掴んだら持ち重りのしそうなこの胸が!!

よいボインのイラストが購入出来ました。会期中盤に立ち寄ったのに、好みのずっしりボインさんに出会えて私はラッキーです。

きたる6月9日にはモンベル品川店で夢枕獏さん・寺田克也さんたちによる『ヒマラヤ・ネパール地震災害支援チャリティーイベント「神々の山嶺」ヒマラヤ道中記』が開催されますわ。申し込んでおります。大変楽しみでございます。

私が初めて衝撃を受けた寺田さんのボインイラスト、2000年の出版。
※寺田さんがボイン専門の方というわけではありません。
カバー・ガールズ