トーベ・ヤンソン「ムーミンパパ海へいく」

新装版 ムーミンパパ海へいく ムーミンシリーズ (講談社文庫)

昔、紙の本で読んでいたけど、改めて。「ムーミン谷の11月」のエンディングがどうにもこうにも悲しすぎて寂しすぎる。いやしかしこの前振りの話が確かあったよねと思い出し、この前作にあたる「ムーミンパパ海へいく」を読みなおしてみた。1965年、51歳のときに本作を発表、1970年、お母様の亡くなった年に執筆した「ムーミン谷の11月」と確かに話はつながっていたんだけど、ご本人もまさかこんな終わりになるとは思ってなかったかもしれません。

「平凡な日常には飽き飽きだ! よぉーし、父たるもの威厳を見せつけることができる冒険をするんだー! わしだけの島に移住するんだー!」とムーミンパパの好きにさせたらたいそうな目にあったママのざわざわした感じが伝わってきます。ムーミントロールも「コミュ力ってなに? ただしイケメンに限るって本当のことなのか!?」などという少年らしい人生の試練に立ち向かうことになります。ムーミンだって成長するんです。本作では既にちびのミィがムーミン家の養女になってます。歯向かうものと和平交渉などは一切しないタカ派のコマンドー・ミィの誕生です! 自称ハト派のムーミンは、ある件をタカ派のミィに委ねた自分のずるさにも気付かされます。乗り越えられた夫婦の危機、少年の心の成長、孤独な人々とのあらゆる交渉・・・あぁなんて含蓄の多い物語なのでしょう! 

しかし、今回の「海へいく」で電書版でも全部のムーミンが揃ってしまった、講談社の紙の文庫版のムーミンをすべて揃って持っているというのに、実家には大判ハードカバーも全て揃っているというのに! 何回買えば気が済むんだー、ばかー! こういう人、きっと少なくはないよね。ヴィンランド・サガとヒストリエも最初から電子書籍で揃えておけばよかった・・・私が生きてる間はAmazon社がどうこうならないだろうと思うけど。


カルヴィン・ハリスとテイラー・スウィフトのセレブカップル誕生(二人の年商合算して180億)のニュースを聞いてふらぁっとした。カルヴィン先生、意外と普通な選択だよぅー。

これもまたママの不在の物語/川上弘美「水声」

水声

「あぁっ、なんでっ、また同じ時期にママの不在の物語をまた選んでしまったのか!」とちょっと後悔しながら読み進め、「うん、まぁだよねぇ、そういうことだよねぇ、こういう家族もあるかもねぇ」と読み終える。紙の本で。

ムーミンのママの不在の物語/トーベ・ヤンソン「ムーミン谷の11月」

ムーミン谷の十一月 (講談社文庫)

秋も深まってきた頃、ムーミン谷の近くに住むヘムレンさん、フィリフヨンカ、ホムサ、ミムラ姉さん、スクルッタおじさんたち、なにか寂しかったりなにか話を聞いてもらいたくなった彼等は三々五々ムーミン谷にやってきて、ムーミンの家のドアをノックするのでした。さらに冬を前に、南を目指して旅に出たスナフキンもムーミン谷に引き返してきたのです。しかしそこにあるのは、ムーミン一家の誰もいないもぬけの殻になってしまったあの青い屋根のお家だけだったのでした・・・・

トーベ・ヤンソンの評伝を読んでから「ムーミン谷の11月って、もしかして読んだことないんだっけ?」と気が付き、この週末、Kindleで購入して読んでみた。あのスナフキンが取り乱すシーンなども描かれており、読んでいるこちらまでアワアワしてきます。この物語が発表された1971年、トーベ・ヤンソンのお母様が亡くなっており、この物語を書いた後、彼女は子供向けのムーミン童話を書くことはなくなります。

そしてこの本の表紙に選ばれた挿絵は、ムーミン家の玄関でこの家を頼ってきた人々が集い、こぬ人を待つ場面なのです。

これが新装版。
新装版 ムーミン谷の十一月 (講談社文庫)

こちらが青い鳥文庫版、フィリフヨンカたちの集落の様子を描いた挿絵です。
ムーミン谷の十一月 (講談社青い鳥文庫 (21‐8))

なんと。こうやってムーミンの物語は終わるのか、と。ムーミン・コミックスの最終話もたいそうシュールらしいですね。そんなこと言ったらサザエさんの新聞連載の最終話だって「えっ、これ?」って感じだったし。うぅーむー。春がきて夏がきて秋がきて冬がきてみんな死んじゃうんだね。

水無月尽汚物はみんな消毒だ/映画「マッドマックス サンダードーム」

マッドマックス/サンダードーム(初回生産限定スペシャル・パッケージ) [DVD]

1985年作品。Huluで。

こちらの黒人女性はティナ・ターナー! ティナ・ターナー演じる女帝が君臨する砂漠の「バータータウン」、ここではありとあらゆるものが商いの対象となり、マッドマックスも商品のひとつとして買われることになるのですじゃ! いやーん、荒くれマックスの貞操の危機☆! マックスの明日はどっちだ!

iPhone の小さい画面で見たせいかもしれないのですが、映像が全然古くなくてびっくり。しかもラストのティナ・ターナー、たいそうな男前でしびれた! ティナさん、ノリノリでよござんしたよ。

これでようやく「マッドマックス 怒りのデスロード」を見にいけますな! ヒャッハー!

ハルビンでエロい女に逢いました/映画「薄氷の殺人」

薄氷の殺人 [DVD]

あらすじはギンレイホールのサイトから!
2014年 中国・香港合作映画 中国語 106分 PG12 DCP
★第64回ベルリン国際映画祭 金熊賞(グランプリ)・銀熊賞(主演男優賞)W受賞
監督: ディアオ・イーナン
出演: リャオ・ファン、グイ・ルンメイ、ワン・シュエビン
配給: ブロードメディア・スタジオ
1999年、中国の華北地方で同一人物のものと思われるバラバラの死体が6都市で次々と発見された。2004年、5年前と手口の似たバラバラ殺人事件が発生。被害者たちは殺される直前、ある未亡人と親密な仲だった… アジアの新たな才能に世界が驚嘆したクライム・サスペンス!

いやー、この未亡人を演じるグイ・ルンメイさんが超絶美人ですね、葉月里緒奈って今なにやってるんだろうかと思いだしたりしちゃったんですけど、そちらの系統のド美人です、「あぁもうこの人に巻き込まれてエライ目にあってもいたしかたないですな!」という運命の女です。

この事件を追うことになった刑事を演じるリャオ・ファンさん、これもまたなんでしょう、韓国にソン・ガンホあり、中国にリャオ・ファンありって言っちゃっていいのかしらどうかしらな存在感たっぷりの俳優さん。日本にはこういう存在感の俳優さんってなかなかいないような気がします。

1999年のエピソードは中国の真夏の地方都市を描いていて、2004年は酷寒の冬となったその街の風景を映し出しています。この季節の対比が鮮やかで、しかし人の営みが変わらぬところが奥深い。鑑賞中はハルビンとか大連とかそのへんでロケしたのかなと思っていましたが、ロケ地はハルビンのようですね。Wikipediaに出ているこの観覧車が重要なシーンで登場しています。たいそうエロいのに中国映画なのでノー肌色ですわ、おっぱいとか見せりゃーいいってもんじゃぁないわねぇ、やるわねぇ、中国映画ってば!

で、この映画、どう考えてもタイトルは「白日の花火」じゃないのと思う展開だったんですが、邦題は「薄氷の殺人」、ふんぬぅー、原題はやっぱり「白日焰火」だったみたいです、ふんぬぅー! いくらハルビンが氷に閉ざされる街だからといって邦題を『薄氷の殺人』とかにしなくてよかったんじゃないの? ここはベタに「白日の花火」にしておきましょうよ、奥さん! と思ったら英語のタイトル『Black Coal, Thin Ice』を訳したのね、いやいやいや、アジアのメンタルとしては「白日の花火」がよかろうですじゃろーどうじゃろー。

面白かったです、よいものに出会えました。無駄な音楽がなくて潔い作品でした。ギンレイホールで。