映画「プリデスティネーション」(原作 ロバート・A・ハインライン「輪廻の蛇」)

プリデスティネーション ブルーレイ&DVD セット (初回限定生産/2枚組) [Blu-ray]

イーサン・ホークが近未来SF作品に登場しているので見てみた、DVDで。恋愛映画以外のイーサン・ホークが見たかったのです。「ガタカ」みたいな詩情たっぷりの美麗映画かと小躍りしながら見てみたらば、全然違ったー! イーサン・ホークに難しい顔させないでーさせないでー!!! このお話のイーサン・ホークは、どちらかというと陰惨ホーク・・・(ひどい・・・ひどいよ、ウカやん!)。あらすじは映画.comから。

SF小説の大家ロバート・A・ハインラインによる短編小説「輪廻の蛇」を、イーサン・ホーク主演で映画化。
時間と場所を自在に移動できる政府のエージェントが、凶悪な連続爆弾魔を追うためタイムトラベルを繰り返す姿を描いたSFサスペンス。1970年、ニューヨーク。ある流れ者によって不遇の道を歩まされたという青年の身の上話を聞いた酒場のバーテンダーは、自分が未来からやってきた時空警察のエージェントであることを明かす。青年の人生を狂わせた流れ者への復讐のチャンスを与えるため、バーテンダーは1963年にタイムスリップし、当時の青年をエージェントに勧誘するが……。
監督は「デイブレイカー」でもホークとタッグを組んだピーター&マイケル・スピエリッグ兄弟。

でね、タイムスリップしたイーサン・ホークが、机の引き出しからSONYのウォークマンを取り出して自分の音声を録音するシーンがあったのです。あの丸っこい文字の初期の初期のウォークマン。よくこの現物がありましたな! 初期の超初期の黒い筐体のウォークマンですぞよ! しかもかなり綺麗な状態だったけど、そういうのってストックしてる人がいるのかしら。そこに心を揺さぶられましたよ。

海外のドラマや映画を見ていて日本の機械が出てるとちょっとうれしいのですが、家庭内プリンターのブラザーとエプソン率は本当に高いですな! 悪者が自宅のエプソンプリンタからなにかの情報を出力しているシーンをみたときは、「ぷぷぷ、内田有紀ちゃんのカラリオが犯罪の片棒を!!」と思ったものです。内田有紀がカラリオのCMやってたのっていつだよ、などということはさておきまして。

原作の小説。電子感がたっぷり!
輪廻の蛇 (ハヤカワ文庫SF)

ガタカ発売時のジャケット。
ガタカ [DVD]

2010年にはこんなジャケットに。より遺伝子っぽく。でも宇宙要素を取り除いたらいかんのでは? この角度ではユマ・サーマンに見えないし。
ガタカ [Blu-ray]

2015年にはこんなジャケットで。宇宙も遺伝子もなくなって、三角関係の恋愛悲劇に! えぇーそういう映画だったっけ?
【Amazon.co.jp先行販売】ガタカ [DVD]

※自分メモ、iOS9.0.1 に変えました。

映画「グッド・ウィル・ハンティング」

グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち (字幕版)

いままで見たことがなかったので。Huluで。あらすじはKINENOTEから。
心を閉ざした天才青年が、似た境遇の心理学者との交流を通じて成長していく姿を、繊細なタッチで綴ったヒューマン・ドラマ。自身もハーヴァード大学中退というエリートでもある「戦火の勇気」のマット・デイモン(70年生)と、彼とベン・アフレック(「青春の輝き」で共演)のふたりの新進俳優の共作によるオリジナル脚本を、デイモン自身の主演、アフレックの助演、「誘う女」のガス・ヴァン・サントの監督で映画化。

そうか、マッド・ディモンは、爽やかイケメン枠の俳優さんだったのか。そしてハーバード大学の人なのか。そんなインテリさんなのに、巨額の富を稼ぎだすハリウッド俳優さんになれちゃうものなのか。最近は富裕層(あるいは中間層以上)出身・高学歴俳優さんが大変多ございますね、エディ・レッドメインとかね。「ものすごく貧乏だったけど、俳優になって一発大逆転」という境遇の人が減ってきているのかもしれません。そんなところにも格差社会の影響が!

この作品を公開された年に見ておけば、年をとって悩んでる時にちらっと思い出すだけでも随分楽な気持ちになれたかもしれないですね。そういうときに思い出すのがパルプ・フィクションだったりすると、人生の危急の際に「キャッチアップ・・・ケチャップ・・・」というダジャレを思い出すしかなく、ピンチを脱することができなくなるのです、えぇ、あったまばっかりでもかっらだばっかりでもダメなのです。

この作品を実際に見るまでは、本作品は「グッド・ウィル・ハンティング」というくらいなので、戦前の中西部を舞台にウィルさんがすんごい猟をしでかして、村一番の娘と幸せな結婚をするというような物語かと思っておりました。まさかの主人公の名前だったとは! ぎゃふん!
欧米の由緒正しいキャンパスを舞台にした映画は美しいものですね、日本だとそういう大学キャンパス映画だと「鴨川ホルモー」くらいしか思いつかない、そしてあんまり綺麗だったような記憶もない。
スマートフォンや携帯電話のない時代の映画は、電話ひとつをかける動作にも恋愛の機微がぎっしり詰まっていて瑞々しく感じられてよござんすね。

美しキャンパス映画。
博士と彼女のセオリー (字幕版)

美しいキャンパスではなかったけど栗山千明ちゃん眼福映画。
鴨川ホルモー [DVD]

福山さんと吹石さんのご結婚/映画「ブラック・レイン」

なんというか、ちょっと気を抜くと一瞬間仕事が手につかなくなるほどのエロいものを感じるのですが、いかがしたものでしょうか。


ブラック・レイン デジタル・リマスター版 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

ご覧なさい、アンディ・ガルシアのこの若さを!

先日、テレビで「ブラック・レイン」を放映していたので、じっくりとウィキペディア参照しながら見てみました。平成になる直前の日本で撮影された作品です。NYからやってきた間抜けな刑事マイケル・ダグラスが、日本の真面目な刑事高倉健と力を合わせて、若山富三郎演じるヤクザの親分と反目している子分の松田優作がやらかしてるヤクザ犯罪をとっちめるという痛快バディ映画! このときの為替は1ドル120円、今と変わらないですね、おぉ、30年回って為替は元通り! 1989年公開で、日本では松の内までが昭和64年、それ以降が平成元年となる年ですね。ニックさーん。

それはさておき、街にも工場にも市場にもキャバレーにも人が溢れている! 私が普段あまりにも人の少ないエリアに住んでいるということなのでしょうか、あるいは登場人物の少ない映画を見ているということなのでしょうか、それとも昨今の映画はこういった肉塊のある人間たちを映画に登場させずCGですべて処理しているということなのでしょうか、なんというか画面からミッチミチと人が溢れでてきているのです。うわー、昭和の日本、人口多い。きちんとロケして外で撮影した作品の画面からにじみ出る迫力をしっかりと感じ取ることができたように思います。しかし、最後の決闘シーンのヤクザ分子たちの農民コスプレの台無し感が堪らない。最後の最後で間違った日本感がにじみ出てしまいました。残念!

先日、某家電量販店で「でっかいテレビほしいなー」などとトンチキなことを思いついたわたくしは、60インチのさいしんの液晶テレビの前に立っていたの。そしたら「オール・ユー・ニード・イズ・キル」の予告編がちらっと流れたの。60インチにもなると大変な解像度で、細部にわたって微細な違和感が目についてしまい、その画面に映し出されるトム・クルーズのアクションシーンが「スタジオで撮られてる感」満載で少々がっかり。砂漠(?)での戦闘シーンのはずなのに、トム・クルーズの背景の空間に奥行きがまったく感じられないのです。あぁーテレビ画面ってでかけりゃいいってもんじゃないんだなぁ。50インチくらいでちょうどいいですね。うむ。

えっ、60インチの4Kテレビって22万で買ってお釣りがくるの!? 安い!! うっ、安い!

ビヨンセたんのinstagram 見てて、ビヨンセ家のテレビはサムソンのものだと知りました。そうか、日本はもう海外ではテレビで勝負してないししないってことなのかしらね。

ウカちゃまに首輪はつけない予定です、マイクロチップは検討中

短歌やってみてぇのぅ・・・

今日のウカ様。ヨレヨレループタイ。

シンガポール猫、三毛猫っぽいけどこれって三毛猫って言わないの?

月照らす京浜工業地帯かな/はとバス「川崎工場夜景運河探検クルーズ」

お友達が勤める団体の秋の行楽ツアーに欠員が出たとのことで参加してきました。はとバスさんの「川崎工場夜景運河探検クルーズ」です。行程コピーしちゃおう。

東京駅丸の内南口(16:50発)
レインボーブリッジ(車窓)
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル「グランカフェ」(バイキングの夕食・60分)

シェラトンでの夕食は、バスの運行都合もあるのでしょうけれども、今回は90分ほどありました。「ホテルの、それもディズニーランドの、夕食バイキングなんて・・・」と正直バカにしておりましたが、シェラトンのグランカフェは窓が大きくたいそう明るく、容赦なく辛い唐辛子満載のベトナム料理やタイ料理が手ぐすね引いて待っていたり、焼きたてピザや焼きたてニック肉コーナーなどもあり、さらには、夢の国にやってきたちびっこたちのためにまるでお菓子の国のようなおやつコーナーが用意されており、それを見てニコニコしてるちびっこたちを見るだけでもこちらも幸せな気分に。あれはねー、そこにひらりと堤真一が現れて「ボクが君のヘンゼルですよ?」と声かけてくれたりしたら、あたしゃもうグレーテルになりますねぇ、なっちゃいますねぇ、えぇ、あ、兄妹の関係って別になんてことないですね。意外と楽しかった。夕食バイキングなんて・・・とバカにしててごめん。

川崎工場夜景運河探検クルーズ(小型船しか航行できない狭い工場運河を探検!羽田天空橋桟橋~多摩川~羽田空港国際線ターミナル~多摩運河~千鳥運河~水江運河~川崎工場夜景地帯~東亜石油/90分)

この小型船がどのくらい小型船かといいますと、浅瀬でもスイスイいける船の上に板載せたような船で、左右に3列ずつ並べられたパイプ椅子に一度座ったらそのまま、帰港するまで立ち上がることはできません。トイレ? パードン? なんですか、その夢の施設は? トイレなんてありませんよ、「緊急用のトイレ」しかありませんよ、たぶん、それは操縦席の後ろ側のあの小さな屋根のないエリアのことをトイレというのでしょう、もちろん船全体に屋根もありませんよ。おとなしくじっと座って工場見学をするのです。

羽田国際線の駐車場。いいなー飛行機乗りたいなー。

ANAケータリング・サービスさんの社屋。ここで食事だけじゃなくおしぼりやらコップやらなにやら4000もの物品を詰めて空港へ運び込むのです。トラックが横付けされてて、大変合理的かつ機能的なつくり! 密航するならここがチャンスね!

それにしても写真が・・・うまくは撮れない・・・。久々に一眼レフを持ちだしたのでいろいろな設定方法も忘れてしまっており、さらにずっと揺れているのでうまくは撮れないです。もっと工場がぐぉぉぉぉと迫ってくるかのような大きさかと思っていましたけど、そうでもなかったし。百聞は一見に如かずとはこのことなのね、と変に納得して帰って参りました。

【銀座ドライブ】(歌舞伎座=銀座/車窓)東京駅丸の内南口(21:40着)銀座キャピタルホテル(21:50着予定)

天空橋から銀座まで車で15分ほどで着きまして、銀座四丁目からペニンシュラまで進んで右折して東京駅に向かってまた右折して丸の内南口まで。バスガイドさんが「東京ステーションホテルのスイートルームは80万円でして」とお話してくれるんですけど、「80万あったら二人でギリシャとか行ってイチャイチャして帰ってきても十分お釣りが帰ってくるわよね」などと身も蓋もない話をお友達と。東京ステーションホテルのスイートルームの80万は、さすがにちょっと他に使いみちあるんじゃないのと言いたくなる80万だねぇ。もし恋人やパートナーが「スイートルームに泊まろう!」などと言い出したら、迷わず遮眼帯買ってきて羽田空港国際線ターミナルに連れていって「あ、あ、俺のスイートルーム企画は?」などと叫びだすのを横目にエコノミークラスに乗せて南国に旅立つわね、うん。

はとバス下車後はTOKIA でビール飲んで、さらに身も蓋もない話をし続けて解散しましたとさ、みんな異口同音に「シェラトンのお菓子の国っぷりが見ていて楽しかった!」と。工場見学は雲も少なく月が綺麗で、品川の空は広いのぅと。