額の花大家はつらいよほんとだよ/『大家さん引退します。 主婦がアパート3棟+家2戸、12年めの決断!』

大家さん引退します。 主婦がアパート3棟+家2戸、12年めの決断!

漫画家のかたわら、アパート複棟を経営する大家でもある著者が、不動産経営のリアルを描いたコミックエッセイの続巻がついに発売!
孤独死問題や不動産屋・行政とのやりとりなど、大家をしている著者だからこそ描けるコツや裏側がいっぱい!
今回はさらに新たな家を購入するほか、アパートのローン終了間近で手放す決心も…!?
描き下ろし&コラムも加わり、不動産経営に興味がある人、物件購入を考えている人などにお得な情報が満載な、大注目の1冊です。

機会があったら読んでみたいなーと思っていた本がKindleで50円になっていたので読んでみた。安い時に買ってごめんなさい、でもでもでも11円特売したら3億売れて利益が1億だったという佐藤秀峰さんがいることですし、すみませんすみません。

それで読んでみたのですが・・・・物件多数持ってらっしゃるけど、60万ローン払って70万円の家賃収入を得ているそうなんですが、え、え、え、そんな感じのお勘定なの? そして上で書かれている「リアルな問題」「オトクな情報が満載な」点に関していえば、

・孤独死問題 大家さんになってから抱え込みたくない問題、絶対抱え込みたくない。そしてこの問題の根深さは先日読んだ住宅問題の本でも実感できた。
・行政とのやりとり 大家さんにならなくても体験できる事案がたくさん
・税との戦い 知ってたけど予定納税のえげつなさ。でもこれは著者側もあまりにも無計画では。
・不動産屋との戦い 流通やさんのえげつなさ。素人がいかに無防備であることか。

うーん、不労所得は理想だけど、アパート経営はなかなか厳しいのですね、ということをよく理解させてくれる一冊でした。都内にマンション一棟とかだとまた違うんでしょうけど。作者は群馬県にお住まいのようですが、毎月60万のローンが組めるなら、地元に暮らしつつ、押上とか向島あたりの手堅い物件を2つほど買って賃貸に回したほうがいいんじゃないのかしら。 

うちの大家さんは法人で一棟持ちなんだけど、一昨年水道管の配管に問題が見つかり、それからコツコツコツコツと配管直すと同時に、直せる部屋は風呂場・トイレ・水回り一新しながら部屋の改装までしてくれました。押し入れがクローゼットに変貌、配管直したから床も当然張り替え、このマンションが完成したときから一度も入れ替えてこなかったサビと湯垢だらけのお風呂は「湯船が気持ち悪くて入ったことがなく、入居以来5年間、ずっとシャワーだけで済ませていた」と担当課長に伝えたらお風呂場まで一式変更(カラリ床よ!パナソニックよ!カランが最新型よ!)、水サビ?が取れなくて変な藻が生えたようになっていた直視したくない印象だった水洗トイレも入れ替えてくれて、その間、私が住む別の部屋を用意してくれて(そこの家賃は当然こちら持ちだけど)、荷物が入りきらないからと引っ越し業者の倉庫を一ヶ月借りてくれて、その引っ越しまで先方持ちでやってくれました。オーナーにしてみればもう十分ペイしているうえでの節税対策とはいえ、一部屋で200万以上使ってくれたんじゃなかろうか。そういう金持ち大家さんは大家業をネタに漫画を描いたりしないよねぇ。

作者は最後に「駄目だ、この日本! 収入は減るのに税金は増える一方、孤独死問題だってある、このままじゃ閉塞感だけだ」と、最後に愛着有る一棟を手放して海外に目を向けるのです、うん、それは楽しそう。でも、読み終わってみると、大家さん業という大変な苦労を背負い込まなければ、もっと早い段階で海外に目を向けられたんじゃないかしらと思ったりした人民元安の朝でした。

大久保で叫ぶ冷麺食いてぇと/充実の土日のお話

土曜日は仕事してお友達とお買い物してジロ・デ・イタリアを満喫して(ニーバリ大逆転おめでとう)、日曜は親戚が2人泊まるので朝から大掃除しなくては早起きしなければと心配しながら二時ころに寝付いたらば、朝の7時に家族からの電話で起こされた。素晴らしい。この早起きコールを大切にしなくては!

・宿泊者のための寝室の掃除
・ついでに自分の寝具類を夏物に一掃
・簡単窓拭き
・麻のタオルケット、コットンのタオルケットの洗濯
・自分の夏掛けをクンクンしてみたら、ばかー、さっき出したばっかりなのにうちの猫がおしっこしやがったー!
・布団干し&麻のシーツの洗濯
・干すところがなくなってなんだかこんなファンシーな感じに☆

・朝ごはん食べに近隣のカフェエへ
・戻ってきて来客用の寝具類・タオルなどの洗濯
・伊勢丹に行っておめでたい出来事の今夜の来客のためにホールのケーキを買い求め、ホワイトチョコレートに名前も入れてもらう(ああいうのってすぐその場で無料でやってくれるのね)
・ちょっと伊勢丹をチェック、200万のソファを見てうっとり。しかし買えるかー、買ってもいいけどこんな広々リビングに一生住める保証はねぇぞー!、と正気に戻る
・ケーキを下げて諸般の事情で東新宿駅を目指す。花園神社のお祭りだった。

・伊勢丹にいる間は、お昼は素麺にしよう素麺にしよう素麺に、と思っていたのだが、東新宿を目指してる間に「冷麺食べたい冷麺食べたい冷たいビールと冷麺とカクテキがセットだったら楽しいのに楽しいのに」と念じているうちに年金事務所の向かいのお店に吸い込まれた。はっ、私は、なにをしているのっ! これはなにっ! なんでビールが100円なの!? 呪いなの? お祝いなの? どちらも部首が違うだけよね! 素晴らしい、これはオーダーしなくては! 
お支払いの時に「こんなに安くていいの?」と韓国人の店員さんに言ったら「いいんですよー」とニヤニヤされた。

・食べ終わって少し歩いてからタクシーで帰る
・昼寝
・ダービー
・干しておいた布団をクンクンする、全然ダメでした
・風呂場で臭い取りのために重曹で踏み洗いし、洗濯機に放り込む
・飯田橋までクリーニングに出しておいたブーツを取りに行く
・「女の友情と筋肉」を買う

・風呂場の椅子を買い換えたりする。
・戻る
・風呂場と洗面所をアホみたいに磨き上げる、排水口まで磨き上げる

そして今にいたる。ジロ・デ・イタリアのフィナーレ見る前に寝落ちしちゃいそうですが、5月の晴れの日をきれいに使いきったような、私にとっては素晴らしい日曜日でしたことよ。夜は来客と焼き肉なんだけど、それも昨夜のうちから決まっていた先方のリクエストだったんだけど、それでも私は食べたかったのですよ、初夏の昼間に冷麺を!!

[まとめ買い] ラーメン食いてぇ!(モーニングコミックス)

その後の経過
・ご希望の焼肉屋さんで待ち合わせ
・もっしゃもっしゃ食べる
・家に戻り、「サプラーイズ☆」とキャリー・ブラッドジョー並のテンションの高さでホールのケーキをお披露目。
・お誕生日にいただいたシャンパンの封を切る。よいことがあったらあけようと思っていたのですじゃ。
・ジロ・デ・イタリアの最終ステージをみながらよもやま話を。

SPの背後の猫や薄暑の日/オバマ大統領広島訪問

ぷぷぷ・・・・猫ちゃんがいるよ! そこに猫ちゃんがいるよ!!! G20でもげんじゅうな警備をかいくぐった奔放な猫ちゃんがいたけど、猫って歴史の重大な場面であればあるほど出現しやすいのかしら?


すごいなー、オバマさん。今朝の新聞には、談話の全文も掲載されていたし、関連記事も8箇所くらいあって、社会面の大統領と被爆者がハグしている写真などは見ているだけで涙が出てくるものでした。

最初に来てくれた現役の米国大統領がオバマ氏で本当によかったと思う。厚みと思いやりのある言葉で素晴らしい談話を残してくれたのが、オバマ氏で本当によかったと思う。さぁ早く、あべちゃんは真珠湾に行くのです、そして今度こそ戦後を終わらせるのです。

こんな本があったのか!!!! 2009年発行。

ワイン五本空けて夜明けのアマリリス/JZ Brat 15th anniversary 〜中川ヨウ produce vol.31〜 菊地成孔 vol.4 solo

戦前と戦後

お友達マダムに声かけていただきまして行って来ました。セルリアンタワー! 人生初ジャズ! 人生初菊地成孔! そしてご一緒したマダムのお友達とライブ後に飲食! ライブハウスで1本、飲食店で3本か4本飲んで、そのあともまた場所変えて飲んで、最後にマダムの家でくだ巻いて、気がついたら立派な午前様というより夜明け様! 近隣の民家のアマリリスの大輪が朝からまぶしうございました。新宿区はなぜこんなにアマリリスが多いのだ。

洗面所にふすまみたいなサイズの姿見を置いていますが、今朝は自分の全身を見て違和感を感じました。足が細い。腰が細い。なにかあったのかと体重計に乗ったら一晩で2キロも体重が落ちてました。記憶にないところで私はなにかやらかしたのでしょうかどうでしょうか、フルマラソンとか? 宝塚見に行った翌朝、体年齢が5歳若返ったというマダムがいらっしゃいましたが、そういうなにかがあったのでしょうか!!!!(ねぇよ)

とてもおもしろい内容でしたが、今度は菊地成孔さんではないオーソドックスなジャズも聞きに行ってみましょうっと。セルリアンタワーのライブハウス、真っ赤な靴底のハイヒール履いたおしゃれセレブしか行かないようなところかと思ってたけど、私みたいな岸田劉生の麗子像みたいな髪型の女でもドキドキせずに楽しめる場所でした。すっきりした見栄えの男性たちのお給仕を受けながら椅子に座ってお料理食べてお酒飲んで生演奏聞けるなんて、あたしゃ自分が聚楽第の秀吉様かと思いましたですよ、贅沢なことでございました。ジャズのライブハウスって怖くないということを知ることが出来たのも大きなポイント。マダム、お誘いいただきありがとうございました。お礼は真夏になったら松本の西瓜を送ること。お見舞いするぞー!

The Sounds of BLUE GIANT

音楽を聞きに行くためにでかけたのってすごく久しぶりで、東京でライブがあれば年に一度は足を運んでた好きなバンドもいるんですが、左寄りな政治的発言が続くMCを聞くのが辛くなってきて行かなくなったんだよなーと思い返したりしてます。でもそのバンドはアルバムが出たら買うようにはしてる。生きてる限り、細々と支援はしていきますよ、えぇ、乗りかかった船ですもの、ってもんです。ところで、なんでミュージシャンは政治を語りたがるの? やめとけばいいのに。

ふさふさともこもこ揃ふ夏も来る/久々にギャンレフ・ウカちゃま掲載しました

この緑の生きた芝生というか草原のマリモというか、
この植物は「手まり草」って言うんですってー。
ナデシコ目ナデシコ科ナデシコ属の多年草なんですってー。
黄色いのはベニバナよ。ふっさり寝そべっているのは猫よ!
この興奮した珊瑚色の肉球をみて頂戴、処女の証拠よ! 嘘よ!