セレブ向け老人ホームのお遊戯は/父ちゃんの年金・老人ホームとグループホームに見学に行った話

高齢者施設 お金・選び方・入居の流れがわかる本

老人ホームのお話

父ちゃんの老人ホーム探しの一環で姉が見学にいったホームがすごかったらしい。入居金300万、月額30万で、首都圏で施設探している人からしてみたらアホみたいに入居金が安いんですが、まぁ月額費用はどこも同じようなものになるのよね。姉の家に近いこのホームに決める気マンマンで現地に向かったそうですが、いざ見学してみたら「文化がちがーう!」な場所だったらしく一度の見学で諦めたそうです。

姉が行ったのはたまたま午後のお遊戯(?)の時間、どんなことやるのかなーと見学席から見ていたら、美人スタッフのみなさんがなにやら色とりどりの小さな小瓶を並べたカートを運んできて、グループごとに小瓶が入ったかごを配っている。行き渡ったところで、美人スタッフさんがこういった。

「みなさーん、今日は香水の香りをかいで、ブランドをあてっこしましょうー」

「あら、なつかしい、これってゲランのミツコね」
「シャネルはいいわねー若い頃を思い出すわ」
「最近だとわたし、これが好きだったの、うふふふ」

はい、私の父親には絶対ムリです、この亜空間!!! 私だって赤面するわい!

グループホーム

グループホームには二泊三日のお泊り体験をしてみました。こちらは三食すべて用意してくれるタイプ。そのときいあわせた美しい白髪の小柄な可愛らしいおばあちゃまが赤ちゃんの人形を抱いてずっと話しかけたり、中尾ミエみたいな姿勢の良い化粧もばっちり決まったキリッとしたおばあちゃまが実は重度の認知症だったりで、「こんなしっかりしてらっしゃるように見えるのに・・・」、認知症って外からわからないものです。

ちなみに父親は、ここに入るには介護認定が足りず(自活しろってことです)、断られたんですけど、いま考えればそれでよかったと思います。グループホームは月額10万でちょこっとお釣りが帰ってくるとのことでした。どの方もご自身の年金でまかなっているみたいです。

父の年金

父は、厚生年金にぎりぎり滑り込めた人なのですが、「えっ、あの少ない掛け金で、毎月これだけもらえますのん? フル稼働のパートさんよりもらえますのん?」という金額。これだけあればグループホームもなんとか行けるわけですが、ほんとうに、老人に手厚い! 父親なんて地元の小さな家族経営の会社に勤めていたので、そんなにたくさんの年金をもらっているわけではありません。おそらく厚生年金最低支給額だと思われるのですが、それでもこの手厚さ。高度成長期を愉快に生き抜いたリーマン家庭の子どもたちが、親の遺産でマンション買えるわけだわって簡単に予想がつく手厚さ! でも別に彼らが積み立ててきたお金じゃなくて、いまを生きる現役世代の納税分でまかなっているんですけれどもねぇ。人口ピラミッドがうまく機能しないとこうなるわけですわ。なんでわたしたちは子供を産まなかったんだろうねー。一組の夫婦で二人子供産んでやっとプラマイゼロなのに!

もうすでにコンパクトシティ作ってます/縮小するニッポンと父ちゃんの行き先を考えてみた

2025年、高齢者が難民になる日 ケア・コンパクトシティという選択 (日経プレミアシリーズ)

母の死後、一人暮らしをすることになった父。葬式がおわった翌週に娘達が家を去り、元気に過ごせたのはたったの2日。その後心労がたたり、病院行ったりなんたりなんとか自力で過ごしたみたけどその翌週にはまた私がリターンし10日ほど面倒を見て、姉が引き継いだものの姉の家でまた容態が悪化。無呼吸の時間が長くなり、四十九日前にもしかしてお父さんまで・・・という状況になりとうとう入院。酸素がんがん入れて点滴どんどん注入して、なんとか立ち直り、先日退院してまいりました。母の死のショックから立ち直るのに二ヶ月かかったということです。寝たきりの母親にさんざ悪し様に言われて(母の病気は、性格が変わってしまうようなひどいものだったのです)、ひどいときには(略)だったのに、やはり亡くなったのがショックだったのか、それとも母親が「早くきなさい」と強く呼び寄せたのか、あんなに体調が悪くなるなんて。それでもお母さんのこと、お父さんなりに大事にしてたんだねぇ、ていうか、あれでラブラブだったんだねえ・・・・。

しかしそんな父親も一人暮らしは到底ムリなので、父の入院中には、老人ホームや支援ハウス、グループホームなどの施設を探していました。そのなかのひとつ、地元の支援ハウスがすごかった。平屋のいわゆる独居老人集合住宅なんですが、増築に次ぐ増築で昔の温泉旅館みたいな構造に。現在も新築棟ができあがったばかりで覗かせてもらいました。
IHが3つついたツルピカキッチン(LIXIL社製)! ともすれば付き添いの人間が寝ることもできそうな広々したトイレ、、もちろん車椅子で入れます! 地元の間伐材をいかしたシンプルながらシックで気の利いたデザインのお部屋! トイレを除く居住スペースは六畳間といった感じで、お家賃はにゃんと総額一万円! い・・・いちまんえん・・・・? 
ヘルパーさん・夜間スタッフ(といっても看護はせず迷子を捕獲するとかそんな業務)完備で、必要であればお風呂介助・食事介助もやってくれて、そちらは介護保険が適用されて、本人の支払いは月額25000円。
それとは別に電気・水道が実費。食材などは自費、外出OK、大浴場あり。甥っ子が入ってる押入れサイズの学生マンションの賃料が月額10万なことを考えると一体なんなんですか! 老人手厚いなー! 

老人にこれほどまでに手厚いのもなんだか申し訳ない。このお金の十分の一でも子どもたちや赤子支援に回せたらよいのに。しかしここで多数の人間の雇用が確保されているのも事実。建築屋さんや建設屋さん、電設屋や医療機器メーカーなどの関係者たちが潤っている。ありがたいんだけど大変に複雑な気分。住宅が密集しているわけでもない地域なので、ヘルパーさんや行政がガソリン代かけて見回りするくらいならば、ご老人たちに一箇所にまとめて住んでもらって、まとめて面倒みてやるわい、そっちのほうが効率的だし孤独死も防げるしー、というコンパクトシティが既にそこにありました。これが地方の生きる道なのかと少しだけ暗澹とした気持ちになりましたが、帰り道に地元の保育園の改築工事をしているのを見つけ、ちょっとホッとしたり、ていうかやっぱり箱モノ作るしかないのかと思ったり。

いずれにしろ、こういう山下和美の「不思議な少年」のララ族一歩手前な自治体が日本中にあるんだろうな。日本中に新幹線なんか作るからこういうことになるんですよ(便利だけど)! 全部東京に繋がっちゃっうから、豊かな文化を持つ地方都市が溶けてなくなっちゃったんですよ(新幹線、とても便利なんだけど)! でも豊島区や目黒区、品川区も近い将来人口減になるとのことで、すげえな、必死に立てたマンションとか戸建ての家とかこのあとこれからどうなっちゃうの? 我が家もこれからどうなっちゃうの? 

 

地方へのIターンを考えてるご夫婦がいたら、奥様には介護の資格をとってもらうことをおすすめします。介護の資格があればどの自治体に転居しても仕事には困りません。一千万程度の生活資金があればなおよろし。お二人とも要普免、要車ですが、空き家なんかたくさんあります。現代のトイレ事情を反映した家だって選べます(そうじゃないトイレ事情の民家も地域によってはまだまだたくさんあります。トイレ大事!)。奥さんが介護の仕事で稼ぐ現金収入と、旦那さんの収入にならない畑仕事で、慎ましく暮せば何年かはぜんぜんいけます。そうこうしているうちに奥さんがケアマネージャーになったり、地域に欠かせない人になれればめっけものです。同世代のIターン組の皆さん、奥さんたちは全員介護関係の仕事してますもん。というか男性が働く場所があまりないんですもの。男性も介護の資格取っちゃえばダブルインカムですわ、社会保険もつきますわ。子育てだってなんとかなりますわ、母がよくお世話になった男性職員さんがその支援ハウスにたまいて「僕、子供が5人いるんですが」とさらっとおっしゃてブハッと緑茶吹き出すところでしたわ。大変失礼だとはおもいますが、年収は片手百万円くらいだと思われます。ですが子供5人までいけるんです! お金使う場所がないってすごいことです。お金を使う習慣そのものが薄れていくんですもの、すごいわ。

シネコンが決して撤退しない人口20万くらいの地方都市で静かに余生を過ごしたいものですが、どうなることやらら。わたしたちの老後はこんなに手厚くないことは明らかだしねぇ。医学の進歩で「今日は死ぬにはいい日だ」って日に死ねるようになるのかもしれないですけれども。

大阪へ!超高速慶長期/真田丸 第36回「勝負」 第37回「信之」 第38回「昌幸」

NHK大河ドラマ 真田丸 オリジナル・サウンドトラック II 音楽:服部隆之

第36回「勝負」
信幸と別れた昌幸・信繁親子は第二次上田合戦へ。沼田城へ立ち寄った二人は、稲ちゃんの「ここは徳川のお城ざます!」攻撃にあい、「見上げたもんじゃ」と真田家・徳川家双方が思ったものでした。ちゃんちゃん。じゃなくて、初陣の星野・秀忠・源は、本多正信を従えて上田に向かうもののいろいろあって不首尾に終わる。『がはははは、徳川なんざ敵じゃないわ、がははは』と祝宴を張る真田家の座敷に佐助がやってきて衝撃の知らせを届ける。愕然とする昌幸・信繁! そして愕然とするお茶の間のみなさん! ナレ死につづいて、まさかのナレ関が原が実現してしまうとは!!! オープニングのかっこいい合戦風景はいつ見られるのですかー!

関が原がなくて一番がっかりしたのは、ツイッタの石田三成さんですよね・・・。残念!

 

第37回「信之」
関ヶ原で負け、徳川に降伏することになった西軍のみなさん。さんざ煮え湯を飲まされた家康は、信繁・昌幸に苛烈な罰を与えようとする。信幸は舅の本多忠勝とともに助命嘆願を繰り返し、なんとか命だけは助かったこの親子(秀吉だったら全員殺してたよね)。
信繁いわく、家康により「我らに死よりも辛い目に」遭わせられることになった親子は、和歌山県の九度山に流罪となったのでござる。
家康は「親父を助けてやるから縁を切れ」と迫られ、「信幸」から「信之」へ改名、書き方を変えても読み方は変えなかった信之は「俺の意地だ」と言い放つ。やだ、大泉洋かっこいい! 上田に残ったひとたちってば結構のんびり暮らしてて九度山チームとの落差が激しい! そして明かされる治部様と形部様の死に様。治部様!

ドラマでは触れてないけど、宇喜多さんが八丈島に流されたことを思うと、なんてたって本州の中だし、みかんはなるし、高野山も近いし、京都だって近いし、全然いいですやん、上田ほど寒くないだろうし。これが本当に死よりも辛いのかしらんと感じられます。九度山で昌幸パッパは、木彫りの犬とか彫ってたみたいですし、本当に暇だったであろうことは想像がつくのですが。

【今週の退場者】
大谷吉継(片岡愛之助) 大谷さまの和装での所作は美しいのでそういう人が画面から消えるのはちょっとさみしいですね。
石田三成(山本耕史) 『新選組!』の近藤勇並によい死に笑顔でございました。ふえーん、最終回の信繁はどうなることやら!

 

第38回「昌幸」
紀州九度山に幽閉の身となった昌幸・信繁家族。信之は何度も助命嘆願をするものの、「もうその話は聞きたくないわ」と家康・秀忠親子に一蹴されてしまう。
そうこうしてるうちに家康は着々と政権基盤を固め、秀忠までもが征夷大将軍に。徳川家の慶事があるたびに「いまこそ恩赦のチャンスだ!」といきまく昌幸をなんともいえない表情で見守る信繁や家臣たち。信繁妻の春ちゃんはヤンデレだってことがわかるし、だけど男児も恵まれ、やっぱり死よりも辛いといわれても・・・な境遇の真田家のみなさま。
やがて月日が経ち、死期を悟った昌幸は、将来起きるであろう徳川と豊臣の戦の策を信繁に授け、この世を去るのでございました。

【今週の退場者】
本多忠勝(藤岡弘、) 頼もしいお舅様が! ナレ死。
加藤清正(新井浩文) 漫画「あずみ」だと船の上であずみにやられるんだけど、大河では服部家にやられるのね。ナレ死。いずれにしろ徳川家に殺されたという見解は一致しているわけですけれども。
真田昌幸(草刈正雄) あぁ、毛皮を羽織ったイケイケの田舎の親父様が! いつまでも心のなかに武田信玄がいた昌幸パッパが今回退場。寝込んだ昌幸の顔が草笛光子にそっくりで、偶然だとは思うのですが、二人並んで実の親子と言えばいえなくもない雰囲気でした。

【今週の新登場】
豊臣秀頼(中川大志) 凛々しく聡明な若武者として描かれている秀頼様。上の草笛・草刈親子のキャスティングを踏まえると、今後登場する大野治長役の今井朋彦さんとちょっと似てるわよね・・・も・・・もしやそこまで見越しての!?
 
秀頼様と会ったときの家康の狼狽っぷり、あれではまるで「若き王様へ謁見する年老いた田舎侍」ではないですか! 内野聖陽さんって本当によい家康像作ってらっしゃいます。すてき! 笑ってはいけない伊賀越えレベルの名シーンとなることと存じます。

野良やノラ安物買いの銭失いその2/iPhoneのガラスを野良ショップで貼り替えた後悔の話の続き

野良ショップで貼り替えたiPhoneのガラスというか特殊フィルムというかよくわからない未来素材なんですが、アレについてのお話その2です。アレです、アレです、純正品でないためか、おもったよりも目にやさしくないのか、なにかアレでアレなものがでているためか、十数分使っているだけで猛烈なめまいと吐き気が襲ってきます。iPhone たったひとつでこんなに体調悪くなれるんですか、と天を仰ぎたい気持ちになる具合の悪さです。甥っ子にあげようと思っていたのですが、これではいまからヤング甥っ子の健康被害が懸念されます、なんたること!! もーAppleの店員さんの多少うざったいところに目をつぶって、ジーニアスバーで素直に張り替えればよかった・・・。五千円惜しんだためにこのザマですザマス。

iPhoneSEは、二台並べておくと間違い探しみたいで楽しいです。「なんで同じ大きさのものを買ったの? あなたもローガンになれば6にしておけばよかったと後悔するざます!」と姉に指摘されました。そうなのよね、SEであと何年いけるかしらね。

iPhoneSEはさわり心地がなんだかとても滑らかになってタッチパネルもよりスムーズになって、触っていてとても気持ち良いです。カメラの精度がたかい点とクロック数が格段に上がっているのに感動してます。そろそろ楽天SIMを導入しようと思っているんですが、20GB4000円くらいのサービスが出ると、あたい、ちょうどいいんだけど、早くそういうの始まらないかしらね。

上書きで保存?それとも別名で?/映画「さざなみ」(原題 45 YEARS )

さざなみ [DVD]

45 Years (2015) ( Forty Five Years ) [ NON-USA FORMAT, PAL, Reg.2 Import - United Kingdom ]

これは素晴らしい、よい邦題! 原題よりすごくいい!!! あたい、こういう邦題がつけられるのを待っていたわ! タイの水上生活地帯に教師となっていく男子の奮闘を描いた映画「先生の日記」は「すれ違いのダイアリーズ」ってタイトルで公開されたんですって! なんでそういうゆるふわメソッドを適用するのか! 「先生の日記」でえぇですやん、簡素な暮らしの中で見える一筋の光って感じがしますやん! すれ違いのダイアリーズだとしたら、もっと文明社会な感じがしますやん、ひどいですやーんひどいですやーん!!! さて、シャーロット・ランプリングとはこちらの方です。ほら、若い読者もいるかもしれないからね☆

愛の嵐 [DVD]

そのシャーロット・ランプリングがですね、長年連れ添った夫婦の、えぇ、あらすじは映画.comから。改行はウカちゃんが入れました。

長年連れ添った夫婦の関係が1通の手紙によって揺らいでいく様子を通し、男女の結婚観や恋愛観の決定的な違いを浮かび上がらせていく人間ドラマ。
結婚45周年を祝うパーティを土曜日に控え、準備に追われていた熟年夫婦ジェフとケイト。ところがその週の月曜日、彼らのもとに1通の手紙が届く。それは、50年前に氷山で行方不明になったジェフの元恋人の遺体が発見されたというものだった。その時からジェフは過去の恋愛の記憶を反芻するようになり、妻は存在しない女への嫉妬心や夫への不信感を募らせていく。
「スイミング・プール」のシャーロット・ランプリングと「カルテット!人生のオペラハウス」のトム・コートネイが夫婦の心の機微を繊細に演じ、第65回ベルリン国際映画祭で主演男優賞と主演女優賞をそろって受賞した。

こーれーはー、シャーロット・ランプリングにーアカデミー賞も主演女優賞あげとこうよーーすばらしシャーロットだったわよー!!! あんな緊張感あふれるエンディングのメロドラマってばあたいみたことない。ラストシーンの最後の最後で「いーやぁー」ってうっかり声が出そうになりましたもの。波平さんとかノリスケさんとかに見せるといいわよね、こういう映画は! 「えー、俺たち愛し合ってるもんなー、なー母さん?」とかしれっという男こそ、こういう映画を見にいくべきよ! そして御年70歳のシャーロット様、体型が全然崩れてない! このままGAPやポロ・ラルフローレンのモデルやってもいいんじゃないのってくらい若々しいシルエット、すばらしい。質素な洋服でも隠すことはできないこの女性の真の美しさ、梵天丸もかくありたい。

というわけでシャーロット・ランプリングがいい! トムおじさんもすごくいい! 映画の空気も素晴らしくよい!

質素な暮らしの表現がいい! まっとうなイギリス夫人とイギリス紳士は、農村にひっそりと暮らしていても、アイロンの効いた白いシャツに厚手のセーターを着るものなのです、アメリカン映画ではありえないきちんと感です、大変ていねいに暮らしてます。

ロケ地がいい! 撮影したのは春先で、日本でいえば花粉症と桜が居合わせるような季節を舞台にしているんじゃないかと思うんだけど、もしかしたらもうちょっと季節が進んでいるのかもしれないけれど、そんな農村の風景が美しいです。夫婦が暮らす家から街道沿いのポストまではちょっとした散歩並に歩くんだけど、その風景にぐっときます。アラスカみたい! 桜みたいな花も咲いているシーンがありましたが、アーモンドだったのかしら。イギリスでアーモンドって咲くのかしら。

犬がいい! この夫婦が飼っている馬鹿でかいジャーマンシェパードがとてもかわいい。ちょっと獰猛なビッグサイズのワンちゃんなのですが、夫婦を慕っている雰囲気がよく出ていてかわいかった! 良き犬映画!

そしてあの緊迫のエンディング! 世の男どもに告げたい、「枕高くして寝られると思ったら大間違いよ!」って感じのあのラスト! ふぅ、一週間の終わりにいいもの見ました・・・みなさまも機会があったらぜひー。シャーロット・ランプリングに主演女優賞をー、レヴェナントのトモ・ハーディーにもなんか賞をーーーー!