P6190075

リーダーとは五月節句の似合う人/どおくまん「暴力大将」

一巻から完結巻までの間に何が!!!!
暴力大将 (1)
暴力大将 (23)


ガビンさんのツイッターで紹介記事を読んで、連休中、Kindle Unlimited に再加入して読んでみた。リンク先の記事はこんな文章で始まります。

これからしばらく、どおくまんのマンガの紹介をしていこうと思うのですが、俺の中でどおくまんの最高傑作……というか、すべてのマンガの中でもベスト級の作品だと思っているのが『暴力大将』というマンガです。

この誠実で朴訥な日本語に惹かれて読んでみました。Wikipedia ではこの作品を紹介する独立した項目はなく、暴力大将(1975年 – 1985年) – 『月刊少年チャンピオン』にて連載。戦前~終戦直後の混乱した大阪を舞台に描く。と紹介されているだけです。1975年というたらあなた、戦争が終わってまだ30年のこと。今から30年前といったら昭和が終わるあたりのこと、大韓航空機爆破事件が起きたり、U2がWith or Without Youを歌いだした頃。30年前なんてほんのちょっと前のこと(ツイッターに10年もハマるなんて、開設当初誰が想像できたことでしょう?!)さすが戦争の記憶がまだ生々しく描かれています。特に南方から引き上げてきて「鹿児島で遊びましょうや」と笑いながら接岸してみたら、鹿児島全域が焼け野原になっていてショックを受ける場面とか。ねぇー。

そして読んでいる間、私がなにに一番驚いたかといいますと、あるコマを見て「この漫画読んだことあるわ・・」と記憶が呼び起こされたこと・・・あわわわ・・・。私が読んだのは矯正院編までだったんですけど、一体どこで読んだのでしょう、この昭和な男臭い漫画を・・・。

この作品を読んでの気付き。
・「ククク、やつはこの四天王の中でも最弱・・・」の元ネタはこの作品?
・女性の登場人物が大変に少のうございます。コマで統計したら全体の2%くらい?
・絵に描いたようなだめリーダーがちらほら登場してくる、それも戦地で。そのたびに、このリーダーしかいない、という思いを新たにする。
・こういうのを読むと、水木しげるってよく生きて帰ってこられたな、と。
・現在、どおくまん作品のほぼ9割がKindle Unlimited で開放されています。まさに床屋漫画! のんびりしていた時代を懐かしみながら、ご興味ある方ぜひー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です