沈丁花大百貨店はつらいのよ/ヨックモックのシガール/銀座からまる百貨店お客様相談室

ヨックモック シガール YCG-E

この前、百貨店の催事場でお買い物して精算した際に買い物に使った株主優待券を受取そこねていたらしく、ぬほんばしみとぅこしさんから「ご足労おかけしますがいらしてください」という旨のおてまみが届きました。私がうっかり受取りそこねた可能性もありますし(というかおそらくそうなんだと思います)、そんな下手に出なくてもいいのではないのでしょうか、どうでしょうか。

ひとまず通知にあったお客様窓口に電話すると「手前どものミスで」とまずはお詫びの言葉、あぁ、手前ども! なんたる大時代感! 「私もうっかりしていたと思いますので、どうぞ気にしないでください。●時に取りに行きますね」と連絡して先方まで出向いたんですのよ。

いずれにしろみとぅこしの包み紙で贈答品を手配せねばならん用事があったので、日本橋まで行くのはいい、行くのはいいんだが、あの丁重な文面を思い返していたら「あれ、この事態ってもしかして怒るべき状況なのかしら」という黒い塊が頭をもたげてきてしまう。

そして到着した三越の売り場、受付で担当の方を呼んでもらいましたがなかなかやってこない。え、そうなの、待たされるの、待たすの、待たすのねぇ、そうなのぉー、そして待つこと10分。ペコペコ頭を下げながら担当男性がやってきて、お詫びの口上を述べる。ぜんぜん、ちぃーっとも、怒ってなかったんですよ、怒ってなかったんですけど、へりくだり過ぎた言葉遣いの通知(でもA4 プリントアウトなの)、時間を指定していたのに人を待たし、さらに自分と同年代のよき年齢の男性がこんなことひとつでペコペコ謝ってくる、私の過失かもしれないのに! そうこうしているうちに野性のなにかがモキモキしてきて、ネチネチと嫌味を言い出しそうになってきてしまう。

 いや、そうじゃない。
 遺憾!遺憾!それは魔の手よ!
 ここでネチネチしたり怒ったりしたらいけないのよ!
 神様はこういうときこそ見てるのよ!

「催事場だったので慣れてない販売員さんがいたと思いますし、私も荷物が多くてうっかりしていたと思います。気にしないでください」と受け答え、担当男性の方から手渡されたのが、ヨックモックのシガールだったのです、というお話。

相手がへりくだって来すぎると、人はなぜ精神を逆なでされているような気分になってしまうのしょう。いじめて君の相手をしているとでも錯覚しているのでしょうか。謝るときも毅然としておいたほうがその後の関係が気持ち良いのかもしれない。毅然と、という表現が正しいかどうかわからないけど、そういう勉強をいたしました。

いじめてくん (ちくま文庫)

この漫画がなぜモーニングで連載されているのか、やっと意味がわかったような気がいたします。謝られると気持ちよくなる人たちがいるのよね。そしてそのスイッチは、誰しも持っているかもしれないってことなのよね。
銀座からまる百貨店お客様相談室(1) (モーニングコミックス)

目白くるひどい男の家の木に/鳥飼茜「先生の白い嘘」

[まとめ買い] 先生の白い嘘(モーニングコミックス)

今までいろいろな漫画を読んできたつもりでしたが、これほどまでにひどい男が出てくる漫画を読んだことはなかったよ。早藤、早く捕まって! 逮捕されてしまったほうがいいよ! 出所しても同じことを繰り返しそうだけど! ほんとうに早く捕まって。

あらすじはAmazonから。
「このマンガがすごい! オンナ編」2014で第9位を獲得した、注目作家鳥飼茜の青年誌最新作、登場!原美鈴は24歳の高校教師。生徒を教師の高みから観察する平穏な毎日は、友人・美奈子の婚約者、早藤の登場により揺らぎ始める。二人の間に、いったい何があったのか?――男と女の間に横たわる性の不平等をえぐる問題作、登場!
第一話は掲載誌の公式サイトからお読みいただけます。

品の良いタッチの絵柄に惹かれ、昨秋第一巻が無料配信されていたときに読んでみました。上で公開されている第一話の穏当な雰囲気からは想像を絶する展開が、早速第一巻の中盤に待っています、ぎゃー。いやいやいや、これ漫画だし、現実社会にこんな鬼畜な男がおるわけなかろうて、漫画ひとつでこんなに心がざわつくこともないんやで、とその時はそっと閉じ、第二巻を読むのは控えておきましょう、そうしましょう、としていたのです。なにしろ第一巻から、人妻にレイプされてEDになってしまう男子高校生のお話で飛ばしてきたりしているのですから。

しかし、先日、なにかのきっかけで続く二巻をポチり、人生で読んできた漫画の中で読んだこともない最悪の鬼畜な展開に身がおののく、手塚治虫の『アドルフに告ぐ』で峠草平がベルリンでしでかしたことが可愛く見えるくらいの鬼畜さ! 指を震わせながら第三巻をポチリ、暴かれる学園の女王の暗部に再び旋律。恐る恐る第四巻をポチり、怪文書騒動の見開きでガクガクブルブル。引き続き第五巻をポチリとした後に山中行軍の場面で膝が震え、最新刊第六巻の「うわ キんモ」に慄然・・・。女性教師の日常を描いた漫画で、ここまで怖い目に遭うなんて読み始めたときには思ってもみなかったですよ。

この恐ろしい場面の中心にいるのは毎回「(主人公の)友人・美奈子の婚約者、早藤」なのですが、本当に早く逮捕されていただきたい。男の人ってこんなに恐ろしい生き物なんでしたっけ?

物語は男女間の圧倒的な性の不平等をテーマにしています。読み終わったあと、良質な漫画評ブログを読み漁り、心の中にざらりと残る読後感のもやもやをすっきりと言語化してくれているテクストを探し漁ったりしました。これは女性が読んだら「ぎゃー、女の敵!」で済まされられるけど(済ませちゃいけない)、男の人が読んだらそうはいかないんでしょうな。集団暴行を描いた真木よう子主演の「さよなら渓谷」を見終わった後の男たちのゲンナリとした顔を思い浮かべたりもしました。

鳥飼茜さんご自身のインタビュー記事もありますので、こちらもあわせてぜひ。鳥飼さん、美人・・こんなふんわか美人からド直球弾劾漫画が繰り出されるのか・・・。
身近な性被害を“男女平等”でごまかしたくない 『先生の白い嘘』作者・鳥飼茜が語る

早く完結してほしい、そして早藤を早く逮捕してほしい・・・、心からそう願います。「漫画ってファンタジーだよね、ある意味・・・」と頬に涙を伝わせながら明後日の方向を眺めたくなったりもします。気力体力が充実してるときにどうぞー。弱ってるときに触れるとかなりエネルギーを奪われてしまうと思います。

滞る高慢と偏見花椿/最近読んでる漫画の話

高慢と偏見〈上〉 (岩波文庫)

キャラクターが多いのとその外国人の名前とキャラが結びつかず、登場人物紹介のページがあればわかりよいのに助かるのに、とちんたらちんたら読んでます。ダウントンアビーの100年前の話なのかな。まだまだ呑気な時代よね。

佐々大河「ふしぎの国のバード」

[まとめ買い] ふしぎの国のバード(ビームコミックス(ハルタ))
19世紀に実在したイギリスの女性冒険家イザベラ・バードの著書『日本奥地紀行』をベースに描かれた漫画。「逝きし世の面影」を読んだことがある方ならばぜひ。イザベラ・バードは、横浜・東京・日光・会津・新潟と抜けて、蝦夷地を目指します。日光から会津へ抜ける街道は情報が少なく、同伴の日本人通訳伊藤鶴吉も「整備された三国街道もあるのに」とあまり行きたがらない。「でもそっちのルートはもう踏破した(外国)人がいるし」と会津の道を譲らない。彼らは恐る恐る足を踏み入れていくのだが・・・

で、でですね、この日光・会津のルートって、日光鬼怒川線と会津鉄道の路線のあたりのことを指すのでしょうかね。バードたちはそこから会津若松を経由して、阿賀川で船で下っていく。お話は戊辰戦争の10年後あたりですが、当時の彼の地はこんな暮らしだったのかと読んでいて涙が滲みましたよ。
関係ないけど、そろそろ会津鉄道の芦ノ牧温泉に行かねば! らぶ駅長に会わねば! 芦ノ牧温泉は長毛種猫駅長が常駐していますが、あれは駅舎という名のツンデレ猫カフェです。

逝きし世の面影 (平凡社ライブラリー)

おかざき真里「阿・吽」

[まとめ買い] 阿・吽(ビッグコミックス)
キラキラ平安仏教大戦物語。華やかな絵柄で描かれる最澄と空海の物語。絵がキラッキラで目がまぶしい。なお女性の体がほうまんです。
以前、テレビでおかざき真里さんが宗教美術かなにかの番組に出てらして、「こんなふんわりした美人で、3児の母で、バリバリの人気漫画家で!!なんたるなんたる!」とおののいたものですが、聞けば美大卒・博報堂出身でキラキラ人材ではないですか・・・。
最澄の悲劇というか不運というかは、子供の頃読んだ伝記でうっすらと覚えていて、それが大人になって(というか中年になって)、こんな華やかな絵面で邂逅することになるとは・・・と喜び楽しんでいるところです。おかざき真里さんという作家さんを知ってはいたのですが、読んだのは今回が初めてで、↓続く。

おかざき真里「サプリ」

サプリ全11巻完結セット
その流れで、こちらも一気読み。今月中でしたら、こちらの漫画配信サイトで全話読めます。広告代理店で働く女性の物語。おぉぉぉ。彼女たちのすんげえ体力。。プレゼンプレゼン再プレゼン・・・。徹夜徹夜徹夜・・・。「いくらでも無理言っていいんでしょ?」というクライアントと、バブルのときに好き勝手したおじちゃま世代との軋轢・・・・でもお金はある、お金はあるけど使い所はない。しかし、この泥沼で溺れてなるものかと、なにかにしがみついて生きていく。
みんなこういう漫画を適齢期に読んで、正しい女子力を磨いていたのか・・・私がベルセルクとか読んで「うぉぉぉぉーピピンー、そこで死ぬなあぁぁあ」とか叫んでいる間に・・・・いろいろ失敗した・・・・。

吉田秋生「海街ダイアリー」

海街diary 7 あの日の青空 (フラワーコミックス)
うまいなー。名作だなー。鎌倉住みたくなるなー。
今年の目標のひとつに、鎌倉や千葉のひっそりしたエアビーアンドビーで一週間くらい滞在するというものがあります。Wi-Fiバリバリ&猫連れ込み可だと尚いいな。液晶モニタも持っていきたい。液晶モニタを持ち運べる時代よ、早く来い!

井田ヒロト「おまえはまだグンマを知らない」

お前はまだグンマを知らない 1巻【期間限定 無料お試し版】 (バンチコミックス)
痛快爆笑郷土愛コミック。噂では「群馬ではワンピースよりも売れている」という本作品、熱い絵柄で描かれる暑っ苦しい群馬愛。キャラクターもかわいいよ☆ 上毛かるたの秘密も暴かれていたりします。これを読んだら「元日の実業団駅伝は見どころがない」なんて言えなくなるわ、だって群馬のからっ風の表現が・・。

 

今朝、お洗濯しながら、昔、いいなーと思ってた年上の人のことをふっと思い出し、ちょっと指折り数えてみたら「あぁっ? あの人、もう来年還暦じゃん!!!」とおのろいた次第です・・・いやー、思えば遠くへきたもんです・・・・

春来る小沼にハマってさぁ大変/ユーリ!!! on ICE DVD版情報

ユーリ!!! on ICE 1(スペシャルイベント優先販売申込券付き) [DVD]

コミケに初めて参加した叶姉妹のどっちかが喋っていると思って読んでくださいませ。

お友達がユーリのDVDを購入したというので、みんなで鑑賞会を。わたくし、こういうアニメ番組をDVDなどのパッケージに落として見るのは初めてのことで、どんなものなのかとドキドキしながら伺いましたの。そうしましたらですね、特典映像の「宮本賢二によるアニメ用フィギュアスケート振付映像」が素晴らしかった。

宮本先生は元フィギュアスケートの選手で、現在は振付師として活躍しています。高橋大輔や羽生結弦といった名だたる選手に振り付けをしているのです。その宮本先生が実際に、それぞれのキャラクターに振りつけた演技を、氷の上で実演したものが収録されているのです。それはもうすべての氷が溶けてしまうような熱演であるのですけれども、これを見ておもうに、このアニメって一体いくらの予算を注ぎ込んで作られているものなのでしょうかということ。

お話は全12話、主要選手は12人ほど、サウンドトラックに収録されている楽曲が26曲、それぞれに個別の演技が用意されているのです。もう一度いいますが、それぞれに別々の楽曲が、それにあわせて別々の振り付けが、なされているのですよ。

まずお話 → 次に音楽 → それに振り付け → 宮本先生の演技映像をもとにアニメ化 という手順で開発されたのでしょうか? 聞けば宮本先生の振り付けは、選手のランクにもよるそうですが、1曲数十万から数百万とのこと、もちろんアニメ作品なので実在の選手ほどの予算は振られていないとしましても、だ、一体なんという壮大なプロジェクトなんでしょう! アニメって毎回こんな大変な思いで作られているものなのでしょうか? 

DVD鑑賞会で特典映像を拝見させていただきありがとうございました。業界側のこんな努力の一端を知ることができただけでも、本当に有意義な週末になりましたことよ。いただいたピロシキもおいしかったですし。お招きいただきありがとうございました。スパシーバスパシーバ!

ねんどろいど ユーリ!!! on ICE 勝生勇利 ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

はるな檸檬「れもん、よむもん」

れもん、よむもん!

新潮社の季刊誌「yomyom」に連載されたはるな檸檬氏の読書遍歴エッセイ漫画。最初は「こんなゆるくてすみません、でへへへ」という雰囲気で始まり少々迷走するのですが、「自分がこの連載でなにを書くべきか」ということにヘレン・ケラーの「WATER!」並にドガシャーンと気が付いた中盤から精度があがっていきます。読み終わったあとは一人の女の子のありのままのキラキラとした成長譚として十分な手応えを感じることができます。

紹介されているご本は、私も読んだことがあるものも含まれていましたが、世代が違うとまた受け止め方も違い、あわわなるほどなるほど(はるな檸檬さんは、私の「あわわ」が「オヨヨ」なんですね)。特に読んでみたいと思った本をここにリストアップしておきます。これから読むべき本が見つかってちょっと楽しみ。