こんな戦国見たことない!

へうげもの 1 (1)
へうげもの 1 (1) 山田 芳裕
この作品は山田芳裕の生涯を通じての代表作になるのではないかと思います。物語の結末まできちんと連載していただきたいものです。単行本の裏表紙をそのまま転載します。
 群雄割拠、下克上の戦国時代。
 立身出世を目指しながら
 茶の湯と物欲に魂を奪われた男がいた。
 織田信長の家臣・古田佐介。
 天才・信長から壮大な世界性を、
 茶聖・千宗易(利休)から深遠な精神性を学び、
 「へうげもの」への道をひた走る。
 生か死か。武か数奇か。それが問題だ!!
この漫画の第一巻で一番ドキッとしたのは、御馬揃えで織田長益(後の有楽斎)の登場した一コマです。あれ、すごい。すごいズキュンときた。あのコマには、やられた。「うわっ、織田長益が生きてるじゃん」と。生・き・て・る・ん・で・す・よっ、これがっ!
織田長益という人物は、信長の弟という非常にきわどい地位にありながらも、本能寺の変後にもなんだかのらりくらりと生きてるあたり、人柄がなんとなくしのばれます。武士というよりは、どちらかというと地位と金のある色男で、信長以降の混乱を治める要所要所で顔を出していたのではないかなと、ぼんやりと思っていました。その長益がですねぇ、あのページの中で生きてるんですよ! 
千利休の存在感も圧倒的。織田信長もまるで生きているよう。個性的な登場人物たちとともに、物欲を軸に描かれる戦国時代絵巻。こんな戦国見たことないです。
山田芳裕さんの漫画には「ものにこだわる男」が少なからず登場してきますが(『大正野郎』の平、『しあわせ』のジュンじいなど)、今回の古田佐介はその真骨頂。
むー、是非最後まできっちり、思い描く物語のすべてを連載しきっていただきたい作品です。

素晴らしい世界

素晴らしい世界 (1) 素晴らしい世界 (2)
素晴らしい世界 (1) 素晴らしい世界 (2)
ニャンサンの「ソラニン」でちょっと気になっていた漫画家さん。この作者がサンデーGXで連載していた「素晴らしい世界」を読んでみた。
あぁっ、うんっ、なるほど!
だから、先週のニャンサンで種田が!
この人は、絵が綺麗すぎるし、話の展開もうますぎるので、もしかしたら、小器用な作家さんと勘違いされてしまうのかもしれません。たとえば、よしもとよしともの亜種とか、そういう類の。でもそれだけではない、と、私は思う。
今週土曜、浅野いにお先生のサイン会が渋谷ツタヤであるそうなので、もしご興味がある方はどうぞ。
仲根かすみが和田とねぇ、うーん。
義経の最終回を見ました。ばったばったと最後に死んでいく場面は圧巻でしたね。伊藤淳史さんは若い俳優さんなのに、ブラウン管の中で、スクリーンの中で、死人役の経験の多い役者さんになりつつありますなぁ。