与那国紀行 その1*

先週末、与那国島・石垣島・竹富島に行ってきました。与那国織、八重山上布、八重山ミンサーの工房を覗いてきたのです。朝5時半に羽田空港に集合して、6時半の石垣島行きの飛行機に乗り、南へ。石垣から乗り換えさらに25分。短い滑走路の上を目いっぱいの力でブレーキをかけて止まるボーイング737。タラップが用意され、そこを降りて、空港までアスファルトの上を歩いていく。なんなんだ、この伸びやかさは! そして、この土地の第一印象は「まったいらな土地!」というものでした。午前11時の空は、12月のものと思えないほど青く、空港は大規模な道の駅程度の大きさで、えぇーと、ほぼ外国。タクシーを待つ短い行列の先では、「ここには一台しかタクシーいないからね」と地元の人の声。あら? あたしたちはこのあとどうやって移動するのかしら、と思っていたら、たまたま旅館の方がそこにいて、車に乗り込ませてもらう。ついた旅館は、赤瓦の美しい大きめな民家。希望と落胆がちびりちびりとないまぜになりながら、不安気な顔でおそるおそる食堂を探しに行くのだけど、「やってるよ」といわれていったお店は休業中。結局旅館の前のお店に戻り、そぉーっとドアをあけてみたのですが・・・そこに待っていたものは!
と、多少サスペンスっぽくお話は進んでいきますが、このあとわたしたちは大変すばらしい体験をするのです。続きはまた明日!
2005.12.05

セックスピストルズの*

勝手にしやがれ
外出から戻ってきてパソコンの前に座った瞬間、思いがけない鼻歌が。
なぜ、あたしは今、セックスピストルズの歌を歌っているのでしょうか。
十数年以上聴いていないのに!
神様、その理由を教えてくださいませ。
しかも曲のタイトルがわからない。
うろ覚えだけど、「かーちゃんが死んじまうってことはさ、生き返らないってことなんだぜ、知ってた?」みたいな歌詞(全然違う訳だったらお恥ずかしい)が入ってる曲です。アルバムの真ん中辺だったような。むーん。

blogの引越し

blogの引越しは簡単にできるのに、どうして部屋の引越しにこんなに時間がかかるのでしょうか? どうして恋に落ちるような素敵な物件との出会いがないのでしょうか? どうして!
なんというか、新しいblogというのは、真っ白な雪の上を歩くようなうふふな感じがあるわねぇ。