にゃはようだ諸君もうすぐ白露です/実録!関東昭和軍


ニャッハー!!!!!!
『あのかわいいウカちゃまが!!!』とお嘆きのそこのあなた(そんな人がいるのかちら!)、動物は口あけた写真もかわいいものですぞよ。

「野球、好きなんでしょ?」と友達が田中誠の『実録!関東昭和軍』を貸してくれた。
「高校野球は戦いだ!」のスローガンのもと、甲子園に出場するためなら手段を選ばない人々を、実在の高校、当時の高校野球・スポーツ界のスキャンダル、時事問題を絡めながら、作者の「まっとうな高校野球ってなんなんだよ」ととっちめていく高校野球漫画、『大きくふりかぶって』のさわやかさも、『女子ドラ』のようなスマートさも一切ない「昔ながらの高校野球」の物語。
田中誠といえば、競輪選手の日常を描いた『ギャンブルレーサー』が有名ですが、この人の漫画はとにかく帯が泣かせる。
無一文でもできる『戦争』。それが高校野球である!!!
才能は、換金できてこそ才能である。
甲子園は彼らにとっての就活であるだ!!!
3年神様、2年ハエ、1年ウジ虫
(はて、水木しげるの『総員玉砕せよ!』でもそのような
この世に高校野球があってくれたおかげで、
俺たちは、俺たちの居場所を作れたんです

高校野球では、部員の不祥事・監督の不始末などで、うんざりさせられることがありますが、この作品の中でも、初の選抜出場を目前に控えたところでエースが喫煙しているシーンを写真週刊誌に撮られるという事態が発生します。今は、北海道の大エースとなった彼のことをあてこすっているわけですが、このあたりの展開もおもしろいです。そんなときの関東昭和高校の監督のセリフがこちらです。
自分はですね、何の落ち度もない人間が巻き込まれて、
人生変えられちまう事にはたしかに納得いかないんです! 
(ブーイング鳴り響く甲子園のグランドで)
お前らもこれでよくわかっただろう
甲子園が戦場だって事が
そして今日は相手の報得だけが敵じゃねぇ
この5万の観衆も
仕事もしねぇでテレビ観ているおよそ5千万の人間も敵と思え!
お前らは小泉政権下であれだけの痛みに耐えてきたんだろ!
顔面を腫らしケツにアザ作ってきた思いのすべてをやつらにぶつけてやれ!

大人のしがらみ、生徒の思惑などの物語も面白いのですが、スポーツの漫画としてもしっかりと面白いです。3巻93ページ、春の甲子園2回戦、9回表2死、1点差を追う展開で、代打桶谷くんが登場。緊張して足がガクガク震える彼を一旦ベンチに呼び戻し、ビビビビビとビンタ(これもまた総員・・・)。叩かれて目が醒め、度胸が座った彼は、レフトヒットを打ちます。
そのヒットを打った次の瞬間を追ったコマは、彼の視界からの眺めそのもので、野球好きならちょっとじんとくる場面。ベース近くに横っ跳して捕球しようとする三塁手、ボールの行方をしっかりと見届ける審判たち、しかしまっすぐに力強く抜けていく白球、あわてて追いかけるレフト、満員の客席、明るく晴れた甲子園の空・・・、週刊漫画誌の紙面にしたら上段2/5くらいの面積のコマなのですが、緊張感と爽快さがぎゅっと詰まったヒトコマで、とても印象的でした。
6巻、ランニングコースの途中にある古ぼけた神社に、OBからの差し入れが置いてあるエピソードなんかもほろっときます。高校の部活ならではの、世代を超えた先輩後輩の絆が伝わるいい話です。この話は、最後のコマに登場する顔の見えないOBの「お~っ!まだ続いているのか!」という大きめのコマ、じんときます! 「岳」のヘリの操縦士の青年の話くらいグっときます! 夏の甲子園のさなかに読んでおけばよかったにゃー。
というわけで、高校野球にどっぷり数時間はまったわけですが、それにつけても中日の浅尾のさわやかイケメン笑顔っぷりが、えぇもう本当に中日らしくなくて・・・。
金曜が和田1500本安打でしょー、土曜が昌最年長記録更新、日曜が浅尾の21試合連続ホールドポイントでしょー、最近の中日は記録ずくめですなー。イッヒ!
だめだ、さわやかイケメン・中日浅尾が、高橋大輔に見えてしょうがない。

浅尾の顔をクリックすると、掲載記事へジャンプしますが、「黄色い歓声」が凄まじい・・・さわやかハンサムがいないことが中日のウリなのに・・・!
司会 「目標にしている選手はいますか?」
浅尾 「山本昌さんみたいに長いこと野球をやりたいです。」
あんたえぇ子や!!!!

3 COMMENTS

はつき

今年の中日の記録、なんだか「泣かされる」記録が多くて、ついうっかり中日ファンになっちゃいそうです。
だって、ファンだったYBがあまりにも情けないのですもの。

返信する
khaki

浅尾の生まれた年=1984=昌、中日での初シーズン
ちょっとくらくらしますね
さわやかハンサムくんかぁ・・・浅尾以前だと上川とか・・・

返信する
スガ

ハツキッティも中日ファンになろうよ!
大丈夫、地域が違うから!(?)
>浅尾の生まれた年=1984=昌、
ぎゃー!!!ヤング! そして昌、なんのかんのでご長寿投手! がんばってほしいなー。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください