野球と俳句と着物と旅と仕事と猫と酒

プロ野球2017 キモノの国のエクソダス

「この本を読め!」 一覧

no image

町田康「権現の踊り子」

2017/07/25   -この本を読め!

なんというかこう、町田康的なものを読みたくなったときに手に取るのにぴったりな作品でした。

台北で「sixty nine」グアバの実/東山彰良「流」

2017/07/14   -この本を読め!

あらすじはamazonから。 一九七五年、台北。内戦で敗れ、台湾に渡った不死身の祖父は殺された。誰に、どんな理由で? 無軌道に過ごす十七歳の葉秋生は、自らのルーツをたどる旅に出る。台湾から日本、そして ...

衣替て居て見てもひとりかな 小林一茶/鈴木智彦「ヤクザ専門ライター 365日ビビりまくり日記」

2017/05/21   -この本を読め!

尾崎放哉より侘しさ倍増! さすがの一茶、そこに痺れる憧れるぅ! -- 冬物を片付けた。ブーツとかダウンコートとかかさばるものがたくさん。 コートというものは買ったときの金額が高いものだから、古い形にな ...

斗比主閲子『私って、甘えてますか?』

2017/03/05   -この本を読め!

以前、Kindle unlimited で「ぼーっとしている人が「自分の人生と向き合う」ためのQ&A30 Kindle版」を読み、機会があれば紙の本でお布施をお送りしたいと思っていたので。 人生のもっ ...

花ミモザバカにもわかる地政学/佐藤優「大国の掟 「歴史×地理」で解きほぐす」

2017/02/26   -この本を読め!

この猫好きの強面のおじさまはとても頭がよいのだなー。猫と鞄のことしか考えてないわたくしのような人間にも、よく理解できる現代地政学入門でございました。

春の雪純文学を読み終わり/池澤夏樹「星に降る雪/修道院」

2017/02/09   -この本を読め!

表紙カバーを取り外した後の本の装丁がとても美しかった。空から降ってくる星か、あるいか雪か。そんなキラキラした小さい粒が純白の表紙に施されている。雪の降る空を見上げたときのような時空の広がり。本の装丁ひ ...

冬の星輝けアジアの女子たちよ/「アジア新聞屋台村」高野秀行

2016/12/17   -この本を読め!

ワセダの三畳間に沈没するライターのタカノ青年は、台湾の美人社長に見込まれ、なぜか多国籍新聞社の編集顧問に就任。勇み立ったはいいが、アジア各国のツワモノたちに翻弄され、たちまちハチャメチャな屋台的世界に ...

手にとって愛でたしものは岩合さん/早川書房「図書館ねこベイカー&テイラー──小さな町に奇跡を起こした2匹の物語」

2016/11/22   -この本を読め!

もーなんだかすてきな予感しかしてこない、手にとってにやにやしたい装丁の御本ではありませんかー! うふふふふふ。早く手にしたい。 本のご紹介はまるっと早川書房さんサイトから。 岩合光昭さん(写真家)、お ...

そうだ京都青春18切符/おすすめされた本からのサジェストがまたエグかった話/「『そうだ京都、行こう。』の20年」「『青春18きっぷ』ポスター紀行

2016/11/22   -この本を読め!

「この本を読むと、本当に京都に住みたくなっちゃいますよ!」と人に進められたこのご本。amazonでほへーほぅーへぇーふむふむと見ていると、この本を買った人はこんな本も買っていますの欄に、にゃんと、こん ...

初時雨それでも結婚したいひと/水谷さるころ「結婚さえできればいいと思っていたけど」

2016/11/20   -この本を読め!

私が前に「寂しい」とつぶやいたら「旦那さんがいるくせに」と返してきた人がいて、結婚してようが子供や友人やセフレがいようが金があろうが埋められない孤独はあるんだよ!って思ったが、そういう感覚がわからない ...

Copyright© プロ野球2017 キモノの国のエクソダス , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.