野球と俳句と着物と旅と仕事と猫と酒

プロ野球2018 キモノの国のエクソダス

「この本を読め!」 一覧

夏休み獄門島で笛を吹く/横溝正史「金田一耕助ファイル」

2018/07/22   -この本を読め!

10年以上前、映画「クライマーズ・ハイ」をみたとき、「あれ、もしかしてこの映画に出ている俳優さんたちの半分以上の人は、ぎゃんぎゃん怒鳴ることを『優れた演技』だと思ってるのかな?」と感じてから、絶望した ...

新潮クレストブック ミレーナ・アグス「祖母の手帖」

2018/06/13   -この本を読め!

あらすじはamazonから。 1950年秋。サルデーニャ島から初めて本土に渡った祖母は、「石の痛み」にみちびかれて「帰還兵」と出会い、恋に落ちる。いっぽう、互いにベッドの反対側で決して触れずに眠りなが ...

川上弘美「ぼくの死体をよろしくたのむ」

2018/06/10   -この本を読め!

↑ この商品写真は色補正があまり良くなく、現物でみるととてもきれいなイラストです。 「生まれつきの人って、いい言葉だね。どうして杏子ちゃんは、そういうことがよくわかるの?」 「ううん、あたしもそういう ...

偉大なる名古屋話と夏至祭/村上春樹「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」

2018/06/03   -この本を読め!

「村上さんのところ」を読んだことをきっかけに、読んでみました。 こ・・これは・・・この物語は・・・・もしかして・・・村上さんによる「ここは退屈迎えに来て」なのかしら・・? 「名古屋に一体なにがあるの? ...

川上弘美「大きな鳥にさらわれないよう」

2018/05/30   -この本を読め!

気の遠くなるほどの長い時間が物語の中で流れていて、最後の文字を読み終わったあと、すぐさま最初のページに戻り、序章にもあたる部分を読み直しました。このままずっとこの世界にいることができてしまう、まっこと ...

川上弘美「なめらかで熱くて甘苦しくて」

2018/05/28   -この本を読め!

  ハードカバー版では、萬鉄五郎の「かなきり声の風景」という迫力のある作品が使われています。読み終えると、この短編集にぴったりの絵なんだとすっと腑に落ちます。   この短編集に収録 ...

薄暑光別れた男の気配あり/村上春樹「女のいない男たち」

2018/05/23   -この本を読め!

思い当たるフシがある人もない人も、ぜひー。 「木野」を読んでる間、♪ステイチューンミートーキョーフライデナァアアー、アッハハン ってのがずっとループしていて困りました。

白ワイン村上さんのところでね/村上春樹「村上さんのところ」

2018/05/21   -この本を読め!

白ワインって夏の季語でいいよねぇ、いいんだよねぇー。 先週。地元資本の小さな本屋さんに行ったらこの本が平積みされていた。読書家のお友達がツイッターにあげてたなーということを思い出し手にとって買ってみた ...

陳先生ようこそここは麹町/陳浩基先生の「13・67」トークイベント(島田荘司先生も)

2018/03/11   -この本を読め!

お正月に読んだ「13.67」の香港在住推理小説・陳浩基さんのトークショーが文藝春秋で開催されたので行ってきました。陳先生、チャーミング!!! 紺ブレに赤いタートルネックに洗いざらしの空色のデニム、超チ ...

薄氷ゆっくりさよならをとなえる/川上弘美「ゆっくりさよならをとなえる」織田作之助「六白金星」

2018/02/12   -この本を読め!

「いままでで一番多く足を踏み入れた店は本屋、次がスーパーマーケット、三番目は居酒屋だと思う。なんだか彩りに欠ける人生ではある」という川上弘美さんのエッセイ集で、2001年刊行の書籍を、2004年に文庫 ...

Copyright© プロ野球2018 キモノの国のエクソダス , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.