如月は荒ぶる神と猫のいる

IMG_8783
写真撮りにくい瞬間。

ソチ五輪も宴たけなわでございます。水曜の夜は浅田真央さんのまさかの16位の演技に落胆し、それでも五輪は続くよ閉会式まで、翌日はカーリングでカナダの勝利を見届け(カナダのカーリング、すっごく上手です)、早い登場の浅田真央さんの素晴らしい演技を見てはらはらと涙をこぼし、放送局を切り替え小野塚彩那さんの高さのあるきっちりとしたハーフパイプで銅メダルをとったのを確認し、もう一度女子フィギュアにチャンネルを戻し、ハイレベルすぎる選手の続出、どの選手もどの選手も堂々としていて危なげがなく、さらに大変なスコアのインフレとご当地モリモリ加点にあわわーとなり、キム・ヨナさんってそんなにあげつらうほどひどい演技じゃないんじゃないかなと思ったりしたんだけど、浅田真央さんは6位まで追い上げ、8位の鈴木明子さんとあわせて入賞。素晴らしい。なにその奇跡! 聞いたことないよ!!! 冬の五輪って日本はしばらくメダルが取れない印象だったんだけど、今年は入賞者も続出し、羽生結弦さんの金メダルとか大豊作すぎる結果になったのではないでしょうか。

ハーフパイプの女子選手たちは、その前に滑った選手が次走の選手を待ち構え、ハグし、お互いをたたえ合っている姿が印象的でした。国際大会で交流しあっていることも多いと思うのですが、銅メダルとなった小野塚選手が素直に金メダルとなるアメリカのボウマン選手を讃え、その二人で最終滑走のフランスのマルティノ選手を待ち、三人で素晴らしい笑顔で抱き合い、結果を待つ。マルティノ選手は素晴らしいプレイだったのですが、ボウマン選手にわずかに及ばず、それでも3人が「わたしたち、よくやったよね!!」と誇らしい笑顔で見つめう。

スポーツってそういうことなんじゃないかしら! 
こういう風にお互いがハグしあい心から讃えあえる、それがスポーツってもんじゃないかしらー!!!

浅田真央さんのまさかの演技が終わった朝、「海外の著名人がこんなに真央ちゃんのこと気にかけているよ!」というツィートが飛び交いました。それと同じように海外の人々が、ライバル選手の失敗を汚い言葉で願う日本人のツィートを見つけることもあるかもしれないのです。あなたが世界を見るように、あなたも世界から見られているのです。ふんがー!

とかいってたらオセンチ・フモフモさん平常運転に戻ってほっとしましたわ!
フモフモさんも永遠なれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください