冬の山 背の闇米の 重さかな/大変な目に遭ってるプラダのリュックの話/PRADA 2VZ135 NERO

 

購入にいたった経緯

去年の夏、ポケモンGOにはまったとき、「妙齢の女性がスマホを持ってうろうろ歩いていてもおかしいので、おしゃれおかばんを掛けることにより『え、わたし、ポケモンGOなんてやってませんよ? ただのおしゃれウォーキング夫人ですわよ?」偽装をしようと思いたちプラダで斜めがけバッグを買いましたの。

久しぶりに買ったプラダの造作は非常に丁寧で、あぁーアホみたいに高いけど一応丁寧にものづくりはしているんですね、アホみたいに高いけど、と感激した次第。これだけ頑丈なつくりならデイバッグも頑丈なんだろうなー旅行も行くしなーとうっかりリュックも買ってみた。

そして一泊二日程度の旅程ならだいたいこのデイバッグででかけるようになりました。秋田にいけばこわれ稲庭うどんで満杯に、下田にいけば路地で売ってるおみかんで、実家に帰れば長野が誇る名産品市田柿でいっぱいにし、私は新宿の猫の待つ我が家へ帰るのです、笹子峠のあたりで闇米憲兵隊にあったらどうしようなどと気持ちをタイムスリップさせながら。

しかし市田柿のときはやりすぎた。道の駅をいくつか立ち寄り、各地域の干し柿をセレクトした。3箇所で購入したと思う。干し柿も地元で買えば、あのお姫様みたいな整然としたパッケージじゃなく、こわれ稲庭うどんのようなどっさり感満載の風体になるのです。あぁ、調子に乗って買いすぎた。帰り道、リュックは皺もよらぬほどパンパンに、そしてずしりと感じたあの重さ。
帰宅後、リュックを体重計に乗せたら7kg、本体1.2kg、PC1kg、その他1kg、残りは干し柿である、重いはずである。あぁ、私は歩荷になれない、雪山キャンプもできない非力夫人! その夜は脚のだるさでなかなか寝付けなかった。

このバッグの特徴

重量 1200g 。重い。とても重い。
容量 W27 × H45 × D17 cm。でかい。とてもでかい。
ポケット 外側の蓋に大きめファスナーのポケット(ニットの帽子をうすく伸ばして収めることができるくらい)・両脇にもそれぞれファスナーつきのポケット(軽量折りたたみ傘が入るくらい)。背中の下段にも大きなポケット、これは文庫本と財布とモバイルバッテリーとケーブルをいれて中が少し泳ぐてくらいの大きさ。バッグの内側にはノートパソコンをビシッとフォールドするスリーブと、貴重品をビシッとしまうことができるポケット。
使用しての感想 奥行きのマチ部分がしっかり縫製されているので、背中に奥行き17cmの甲羅を常に背負っているみたい。ぺしょーんと凹んでくれない。混雑した環境だと少し周囲に気を使う。自分の体型には大きさ的に問題ないのですが、もっと、ペションとっ、薄くっ、軽くっ、大容量であってほしいっ! 

これなら、サムソナイト・レッドのこの辺のリュックのほうが機能的で軽くてペションとなって使いやすそうだ。お値段も1/10だし。プラダさん、頑丈すぎなんだものー。

 

とはいえ、プラダさんも、まさか市田柿やら稲庭うどんでいっぱいにされることは想定していなかったでしょう。次は、こんにゃく芋とかをお見舞いしたい。一度は自分で芋からつくってみたいよ、こんにゃく・・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください