密度とろとろ


差し入れでお花もらいました。ウカ様が何度も頭突きして茎が折れてしまったので短く小さくまとめました。ピンクって幸せの色だと思う。
ヘーゼルナッツのリキュールみたいな、密度とろとろの濃い一週間でした。寝てもさめても仕事のことばかり考えているような。忙しくなってくると、二三日先のことを時間単位で数えるようになるのですよ。「金曜の午後まであと36時間あるから、あそこからここまでできる」とかね。そんでまた一日2交替制とかね。まぁそんな自営業の話はさておき、山羊座の諸君に告ぐ! ていうか、聞く!
2008年の山羊座は向かうところ敵無し、望むものはなんでも手に入るっちゅー最高の一年だということでしたが、みなさんいかがでしたか? 予期していなかったショックな出来事がいくつかあり、でもまぁそれも人生の変わり目ということで、と、しごくあっさり受け入れてみはしましたが、「絶好調・・・なの?」という感じ。まー全人類の12分の一の人たちが全員絶好調だというのであれば、この世は相当平和だということでもありますが。。
さて、雑誌の占いページを眺めていたら、「2008年のやぎ座は、ラッキースター、木星が入室。『12年に1度の幸運期』とほうぼうで書かれている割に、実感できないでいたのでは?」(ELLE ONLINE)とあり、そうよそうよそうなのよーとぶんぶんうなずいた次第。『9月8日に木星が通常の動きを取り戻すと、いよいよあなたの主役シーズン! 冥王星もいったんやぎ座からいて座に戻っていますし、木星の時期特有の華やかムードを満喫できるはず。冥王星の2度目のやぎ座入室は、11月28日。木星がやぎ座を去るのは1月7日です。この時期に蒔いた種がこれから十数年のあなたの糧となります。動いて、動いて、追い風に乗ってください』 とありますが、まさにこれからだね。これからの一ヶ月の過ごし方が大事なんだね。ふーむー。運気がよくても、目標がないとね。うむ。目標手帳つくろうっと。このテンションの高さとハードワークをあと4週間維持するのもどうってことないような気がしてきました。
うん、これを書いてるのは当然まだ金曜日のつもりです。金色の朝日がまぶしいねぇ。今場所は安馬が優勝したら面白いなぁ。

2 COMMENTS

いまるぷ

残された時間を「時間単位」で考えるのは、僕の想像では三尺高いところに行く人と、自営業者だけですよ。40時間で原稿2本送って目次の打ち合わせまで終わるな、とか。他の人(ボーダー勝手に引いて済みません)は日数とか、風呂入る回数とか、別な基準ですもん。
星や風や数が、残された時間を増やしてくれたりするかもしれませんが、「そうだ、時間のカウントは俺がやろう、他人にはさせないぞ絶対」って5年前に決めたんです。またすいません、テンション折れるようなこと書いちゃって。

返信する
スガ

そういう時間単位で考えるときが、私は結構楽しいですけどね。なんでこんなに追い詰められると無駄なく隙間なく時間が使えるのだろうと不思議におもうのですが。。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください