初彼岸見舞いを提げて黄水仙/男の人ってどうしていっつもそうなの?事件

土曜日、お仕事と飲み。
日曜日、各地の物産館、物産展めぐり。いろいろ言いたいことがある、ダメ出しという点で!
月曜日、お彼岸で日帰り長野。

朝6時台の高速バスで長野へ。途中のSAで下車、甥・姪の乗った姉の車に合流。買い物して実家へ。掃除、墓参。父親の遺影を所定の位置へ飾る。家の掃除をしていると、叔母と叔父がやってきてくれた。そこで初彼岸見舞いというものをいただく。四十九日を二回経て、なんとなくご縁が薄くなってしまったような気でいたけれど、二人の来訪に心強く思う。その後、昨秋亡くなった叔父の墓参りと叔母の見舞いを。帰りに姉の家の子猫を愛でて、小さな生き物のをぬくもりを存分に味わい、ガブガブされて帰って参りました。

 

三連休最終日の中央道が渋滞しないはずはなかろうと、帰りは特急あずさで。地元のコンビニで小さいボトルのイヅツワインを赤白買って、飲む気満々で乗り込む。私は通路側、窓側の席には男性サラリーマンが。

男性サラリーマン、席に着くなり靴を脱ぐ。なぜ?! なぜ!? あなたの靴下がグッドスメルマンだとでも? そして肘掛け専有、足は私側に大きく投げ飛ばす。座席の中央にある肘掛けは、他人同士が座った場合には肘掛けとして使うものではなく仕切り板だと認識しているんですけどー、なんでそんなグイグイくるの? どうして? どうして? そんなに広い空間が必要ならグリーン車へお行きなさいーーー。と、八王子あたりまで我慢してきました・・・長かったよぅ・・・。

肘掛け問題はさておき、あったりまえのように靴脱ぐのはやめておいたほうがいいんじゃないかしら。特急電車なら靴脱いでもいいという法律とかあったかしらどうかしら! なんで靴脱ぐの? 自宅? あ、そうかー、自宅かー、自宅だったら靴を脱ぐよねぇー。よく「車内で女性が化粧するのは見苦しい!」っていうけど、おっちゃんらも結構見苦しいですよ? みんな仲良く、気持ちよく、車内空間共有しよう!

桔梗ヶ原イヅツワインはおいしかったです。赤がおすすめです。
井筒ワイン スタンダード 赤 720ml × 12本 中口 [ イヅツワイン 桔梗ヶ原 ]

乗ってみる店員さんの口車/だいたい成功するんだけどたまに失敗するよね/シャネル ROUGE COCO STYLO

シャネル ルージュ ココ スティロ 202

「こちらおすすめですよー」と若いお嬢さんに進められたこちらのリップスティック、色はさておき、機能として不満が。カートリッジ式なので、カチッと一回ひねると「さぁこの分量だけお使いなさい」という容量が繰り出される、そして引っ込まない、必要量以上を毎回毎回使う羽目に。紅の面が大きく、ぬらぬら度が高いので唇にすっと載らない、縁が盛り上がり、載らなかった分はぬらぬら成分がてっかりと。

 あぁ失敗した。しかもなかなか終わらない。こういうのに限って全然無くならない。
 なんていうのかしら、気に入らないストッキングに限って伝線しないみたいな法則!

素直にルージュココシャインを買っておけばよかった。ルージュココシャインなら、ぬらぬら度も低く、お化粧直しもさっとできる使いやすい質感、加えてほどよいマットな仕上がり。
スティロは血気盛んな若いお嬢さん向きのぬらぬらリップだねぇ。姪っ子が引き取ってくれないものじゃろうかどうじゃろうか。

[直近で買うものリスト]
・蝶番のバネが外れしまった髪留め
同じメーカーのものが修理に出ているのを発見しました。修理代4000円、新品買うと6000円から。新品買うか・・。とかいってたら「200円で伊勢丹で修理してもらった」とのブログも! 明日はどっちだ。ひとまず伊勢丹だ!

・口紅

・浄水器のカートリッジ

昨夜は肉がうまく焼けて楽しかった。
・付け合せの野菜を先に焼いたりしながら、フライパンをしっかりあたためる
・塩コショウをして中火で4分ずつ、表裏ひっくり返してゆっくり焼く
・「肉なんか焼かないで!私を見て!」とあばれる猫に左腕を噛まれる
・お皿に盛り付ける
これで素敵なステーキの出来上がり☆ 皆様もお試しあーれー。

花蘇芳強ひ女といふつもり/鳥飼茜「先生の白い嘘」続き

先生の白い嘘(4) (モーニングコミックス)

いやー、恐る恐る第四巻をポチり、怪文書騒動の見開きでガクガクブルブルの箇所、本当に怖い。漫画なのに思い返すだけで怖い。「男みたいな価値観で生きてきた」と思っていた女性が、本当は「そんなことなんか、対等にできっこないし、成立してなかったんだ」と思い知らされる場面が本当に怖い。早藤、早く逮捕されてほしい・・・。

万人に進められるものではない、あとを引くトラウマ漫画ですなぁ。以上。

難波津で黄金を抱いて翔べすぐに/水都大阪ビル萌えの旅

週末、所用で人生初伊丹空港経由で大阪に行ってきました。所用自体はほんとさっくりしたもので、帰りの飛行機は日曜の夕方、ちょっと長い滞在時間、残りの時間は大阪でなにしようかしらんとぼんやりしながら阪神高速道路を走るバスの車窓から外を眺めていたら、大きな空を背負った堂々とした立派なビル群に出くわし、一瞬で魅せられ、日曜日は散歩を兼ねて大阪近現代建築ビルめぐりをすることにしました。結論、楽しかったです。

お世話になったサイト。
Нет 大阪建築( http://www.hetgallery.com/ )
大阪のレトロ建築・近代建築・現代建築の魅力的なビルヂングを紹介しています。建物の特長や施工・設計情報なども記載されています。素晴らしい。素敵なガイドブック。

今回、御堂筋線本町駅近くに滞在し、そこから見えたのは大阪ガス本社ビル。建築に不案内な私にもしっかりと伝わってくるアールデコの香り。遠くからみてもわかる美しさ。設計は安井武雄、戦火を免れ、震災の被害もなく、竣工後84年のいまも現役のビルヂング。すてき! 其の近くには竹中工務店本社ビル、東京で言えば新有楽町ビルと同期くらいでしょうか、こちらは今年解体されてしまうようですが、どっしりとした低層の味のあるビル。大阪にはこんな素敵な建物がたくさんあるのよー、そうよそうよーきっとそうよー、と中之島公園から土佐堀あたりまでぐるぐる歩きました。


朝ごはん、ノースショア。野菜たっぷりの女子力高い見た目のモーニングは、珈琲付きで700円。食べ終わって店外に出たら行列ができてた。早起きは三文の得ね☆


ごはん食べてるテラス席から中之島公園が見える。映画「黄金を抱いて翔べ」で西田敏行が花壇の世話する公園よね。


かわいいちいちゃいビル! 北浜レトロビルヂングというんだそうです。


大阪弁護士会館/日建設計。目を引く美麗で機能的な印象のビル。


大阪市中央公会堂(旧中之島公会堂)。1918年竣工。


日本銀行大阪支店。島原藩蔵屋敷跡に1903年竣工。設計は辰野金吾。モデルはベルギー国立銀行。


大阪市庁舎。日建設計。1983年竣工。景気よさそうなビル!


アクア堂島・NBFタワー。竹中工務店。こんなにシュッとしたビル見たことない。


新ダイビル、鋭角すぎる!


東レの看板磨いてる。


渡辺橋の交番、かわいい。


マンホールに表現されている世界が豊か!


解体直前の竹中工務店大阪本店。渋い!


大阪ガスビル/安井武雄。1933年竣工。優雅。


芝川ビル。かつては花嫁学校だったそうで。昭和2年竣工、いまは小さいお店やベトナム料理レストランが入った商業ビルとして復活。


不動産屋さん、素でかわいい。


大阪市立愛珠幼稚園。こんな町中にこんな日本家屋が、とびっくり。大阪豆ゴハンの安村家ってこんな感じだったのかしら。


この幼稚園の隣が適塾、中を見学してきましたよ。


またもやリッチな絵柄のマンホール。


旧大阪教育生命保険ビル、現在は結婚式場。辰野金吾設計。1912年竣工。


綿業会館。昭和6年竣工。

明治や大正、戦前に作られたビルが、現存しているというだけでなく、現役で使われているというのが素晴らしいことですよね。同じような美しいビルは都内にも多数あると思うのですが、なんというのでしょうか、青空をバックにした建物たちは本当に堂々としていて、しっかりとお金がかかっていて、どっしりとしていて。今回は、現地到着時に建物めぐりの旅を思いつきましたが、しっかり堪能できとてもたのしゅうございました。今回、ごはんが全部アタリだったっていうのがまたね。

 

リッチなビルを多数見て、さすがユハさんの住んでる街だわ・・と感心したりもしました。大阪豆ゴハン平成29年版が読みたいものですね、単発でよいので。

大阪豆ゴハン(5) (講談社漫画文庫)

 

戻ってきてから猫に体の各部を踏み抜かれつつ、映画「黄金を抱いて翔べ」を見返しました。犯罪チームの2人を除いてみんな死ぬ映画だったのかとか、「国家がなくなっても金は残る」「初めに金ありき」などと協賛の三菱マテリアルのハートをがっちりくすぐるセリフ満載だったのか、とかいろいろな発見が。青木崇高のクズ&人でなしっぷりが素晴らしい。桐谷健太のかっるいサラリーマンっぷりが麗しい。桐谷健太はこのときが一番老けていたのではなかろうか、と昨今の携帯電話のCMを見て思うのですよ。次回は大阪に行く機会がありましたら、しっかりと「黄金を・・」の聖地巡礼しようと思います、小説をがっつり読み直して。

黄金を抱いて翔べ [レンタル落ち]

釜炊きが正義と思ふ時期もあり/タイガー 炊飯器 土鍋IH JKM-G550-T

タイガー 炊飯器 3合 土鍋 IH ブラウン 炊きたて ミニ 炊飯 ジャー JKM-G550-T Tiger

去年の7月のこと、実家の炊飯器の調子が悪いということでこぶりな炊飯器を買って届けたのでした。amazonが届けてくれて、その後私が追いかけて帰省し、その新しい炊飯器でゴハンを炊いてあげました。炊きあがりが美しく、お米の一粒一粒がピッカピカ、ねっちりした歯ごたえも楽しく、冷めてもおいしいごはんのできあがりです。

 なにこれ!?
 うちの米がうまいっちゅうこと? 
 うちの水がいいっちゅうこと?
 それとも炊いた私の腕がいいっちゅうこと?

いえいえ、違います、これは炊飯器の力でございます。試しにそのあと古々米で炊いてみたら「ふんぬー!よみがえれ新米力!」な炊きあがり。タイガーさんはお米にどんな魔法をかけてくれたのかしら!

この炊飯器は定価8万円なのですが、こんな強気な価格設定をしてきたということは、タイガーさんも調理器メーカーとしての自負メガ盛りなんだということでしょう。そんな価格の品物が、amazonでなぜ25,000円で売っているのか謎なんですけれども。

わたくし、一時期、釜で炊くお米にハマったりしたのですが、この炊飯器を一度使ってしまうと「もう器械炊きでいいです」と素直に文明に降参してしまいます。釜炊きごはんだとガスレンジへの吹きこぼれの掃除に疲弊するし。

 

しかしうっかり家電売場を見渡すと、冷蔵庫30万、洗濯機20万とか、大変な値段になってますね。いつの間に! 洗濯機20万は家事の時間短縮に直結してるからまだわかるとしても、冷蔵庫の30万ってなに? 中にペッパー君でも入ってるの? 何の機能もついてない単純なハイアールのでええんやで・・・。

そんなことより、55インチの液晶テレビがわずか7万で買えることに驚愕・・・。タイムセール中とはいえ・・・