青蜜柑夢見る女のプリウスよ/映画「ラ・ラ・ランド」

ラ・ラ・ランド(字幕版)

ようやく見た。うん、はい、ええ、はいー。
劇場でみたらうっとりして帰ってきたのかなー。
ライアン・ゴズリング、なんか照れがないですか!どうですか!?

ライアン・ゴズリングの役どころを、ほんとうはセッションのマイルズ・テラーが演じるはずだったのかー。しかし断られ、脚本を変えて主人公の年齢をちょっとあげてライアン・ゴズリングになったのかー。マイルズ・テラーだとセッションの影響が強すぎて「めんどくさーい」映画になっていたかもしれません。エマ・ストーンの役もエマ・ワトソンに断られた結果とのこと。エマ・ワトソンだと「まじめー」な映画になったのかも。配役よりなにより「セッション」のファーストコンタクトがなんだかあれだったもので、どうもこの監督に対して警戒してしまっているのかもしれません。

「女優になることを夢見ながら、アルバイトの合間にオーディションを受けまくっている、カフェで働く二十代の女の子。あ、住まいは女友達3人とシェアハウスです」がプリウスに乗るのかな。プリウスってそんなにお手頃価格なのかな。2015年の情報ですが、北米では24,200ドルに新車の価格が設定されていたとのこと。アメリカの最低賃金は15ドル、ロスアンゼルスの家賃がそんなに安いはずもない、だけど買えなくもないのかしらどうかしら。アメリカの最低賃金は15ドルだから、プリウスはちょっと無理があるような気がするなー。どうかなー。↓ これなら買えるが!!!

ミズタニ 電動乗用 小型電動プリウス レッド M-PR