野球と俳句と着物と旅と仕事と猫と酒

プロ野球2017 キモノの国のエクソダス

とるにたらない日常

夏の肌トリンプ・ラペルラ・ランジェリーク/海外現地仕様下着をつけて具合が悪くなった話

投稿日:

先日、お中元買ったついでに閉店間際の婦人肌着売場に「ちょっと待ったーぁぁー(JJ Style!!)」とばかりに滑り込み、いくつか試着したあと同じ型の色違いを2組買う。「このデザインでどうやってチチ支えますねん?」という外国製品売り場をスルーし、国産コーナーへ直行。ゆるふわデザインの下着が多い中で、比較的しっかりホールドしてくれる肩紐の太いものを選んで、色違いで2組買った。シャツを着ることが増えてきたので、肩から胸のラインをしっかり確保してくれるものがあってよかった。

最近の下着はゆるふわした手触りなものが多く、がっちりホールド系が少なくなってきたと思う。しかし、研鑽に研鑽を重ねた立体裁断の技術の粋で生み出され続けた巨乳対応下着で、近年の日本女子の隠れ巨乳を数多育成しているわけですから、下着の進化といったらそりゃぁもう。ゆるふわが増えたのも、そのほうが一日が楽だから、なのよね。

「同じカテゴリに新機種をひとつ導入したら一つ減らす」のルールに従い、その夜は戻ってから肌着の整理。オスバンSを使っても「ぬぬぬぬぬ」な香りのものを1セット、「どうしてこの色を選んだのかしら」と首をひねりたくなる水戸黄門みたいな縁起の良い色のものを1セット廃棄処分に。

そして引き出しの奥から、数年前にバンコクで買った「日本ではこの色使いなかなかないよねー」という鮮やかなターコイズグリーンにレモンイエローの刺繍が施されたものが1セットがでてきた。形はがっちりホールド系なので仕事向き、ちょうど客先に行く用事があったのでこれをつけてみようと。

そして意気揚々とつけて一日過ごしたらえらい目に・・。それは東南アジアの女性向けに作られたトリンプの下着だったんだけど、脇の支えの布の位置が日本のものに比べて数センチ高い。これが原因かどうかわからないのですが、夕方には腕がしびれだし、猛烈な肩こりが。聞けば東南アジアの女性は、日本人に比べてアンダーが細く、ここの支えがより必要になるとかならないとか。うぉぉぉーこんな微細な変化でここまで体調が変わるのかー!! 

「どうにもおかしい」と暗くなりはじめたころ、「へぇ、まぁ、支えろと言われたら支えますけど」というやる気のないレースがきれいなだけのおフランス製の下着に付け替えたらなんとか落ち着いたというお話。参った。
ターコイズグリーンはとてもきれいなんだけどこれはもう廃棄処分にするしかない。さようならローカライズブラ、さようなら。みなさんも、日本で馴染みのあるメーカーだからといってアジアでうっかり買うときはどうぞご注意を。トリンプがスイスの会社だって今、知ったんだけど。ワコールは京都本社で、あ、だから、京都の白鳩さんはワコール製品に強いのかしら。あ、そうなのかー。

 

「これはっ! 殿方を夜のマイヨ・ヴェールにするに違いない」という下着を海外通販で見つけて買ってみたことがある。海外のブラは日本のブラほど小刻みなサイズ設定がされておらず、その商品はLサイズ(日本人女性なら11号)と記載されていた。「こりゃ博打だなー」と半信半疑で購入してみてどんぶらこっこと届いたのはIカップクラスの巨大ブラ。おぉっと・・・このサイズは、田中瞳さんならちょうどよいかもしれませんなぁと苦笑いするしかない大きさ。そのサイトでは何度でも返品オッケーなのですが、下着はさすがに返品お断りで、それは、いまも引き出しの底で静かに眠っています。まぁそれも通販のお楽しみということで。片一方のチチ袋に子猫が入るよなーと思いながら、たまに取り出しては眺めています。

こういう色は日本人の肌にも合うんやでー。
ラ ペラル アンダーウェア ブラジャー Souple Triangle Bra Royal Blue [並行輸入品]

-とるにたらない日常

Copyright© プロ野球2017 キモノの国のエクソダス , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.