野球と俳句と着物と旅と仕事と猫と酒

プロ野球2018 キモノの国のエクソダス

とるにたらない日常

お金出してまで買いたくなるかというお話

投稿日:

空港で、ニットやジャージ素材の紺ブレにチノパンを合わせるような保守本流といった感じの装いの様々な年代の男性を見かけますが、あの鉄板スタイルいいなーっていつも思ってまして、ああいうジャケットほしいなーと一年くらい探してました。

丈が短すぎず長すぎず、ほどよくお尻を隠してくれて、男性のスーツみたいな生地じゃなく、ウール度というかニット度が高いものでむしろジャージでもいいくらい、お客さんところに着ていけて、シルエットが綺麗で、肩が凝らなくて、あがきがよくて、飽きのこないデザインのジャケット。

それがですなぁ、無くて! サイズ的にポロラルフローレンとかブルックスブラザーズとかがちょうどよい丈になるということはわかっているのですが、ロゴのでっかいポロの中国製のジャケットは「これに八万出す気持ちには到底なれない」という粗さで、他の女性向けブランドのものは、丈が短かったりセットアップの一部だったり生地に季節感がありすぎたり、こちらも出会いがない。服を買おうとしているのに、お金払ってでもほしいと思う服がないってすごい。

てんで先日、お客さんところに持っていくかわいいお菓子の詰め合わせ買うために伊勢丹に行った際、同行の友人が「hernoのコートが見たい」などとおっしゃる。herno のショップなんてあったかなと思ったら、コートやジャケットなど羽織ものだけ揃えた一角があって(今回初めて知った)、見渡す限りモンクレールとhernoがぶら下がっているんですの。ブレードランナーで食肉加工場にハリソン・フォードが逃げ込むシーンでこんな光景見たことあるなーっていう壮観さ。お友達のお目当ての品はなかったんだけど、その一角にウール素材のジャケットだけ集めたラックがあって、「あれ、もしかしてここに青い鳥いる?」とちらっと見てみたら、いた。こんなところにいた。

「これかな」と思って羽織ったものは丈が短くイマイチで、妻夫木聡をイケメン細マッチョにしたような男性店員さんが「こちらもおすすめですよ」と持ってきてくれたのが、探し求めていた長さ・生地・デザインだった。

 ぎゃー、ここに青い鳥!

「でも私、お金もちあわせてない(伊勢丹では現金派)」「あちらにATMが・・・」、確かにそこから30歩のところにATMが! なんと準備のいい伊勢丹め! 試着して即座に購入という体験を久しぶりにいたしました。素晴らしい、さすが伊勢丹の品揃えよ。あっぱれ。

特に落ちはなくて、大変気持ちの良いお買い物ができたので、その記録を綴りました。以上でございます。

-とるにたらない日常

Copyright© プロ野球2018 キモノの国のエクソダス , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.