お仕事を始める前の五箇条を

※仕事で発生したモヤモヤしたものをお焚き上げするために書きました。

 

先日、「WordPress のことで悩んでいます、相談に乗ってください」という連絡があり、出向いたんですよねー。知人の知人ということもあって、そんなに警戒せずに先方ご指定の場所まで伺ったんですよー。WordPress の相談ということなら、デザインがイケてないからどうにかしたい、ブラウザの上のほうに「保護されていない通信です」って三角印がでるが一体これはどういう意味だ、もっと簡単に社内で運用できないか、予算がなくてスマホ化できないままきちゃったんですけどどうしましょう、なんかサーバー代が高いんだけどこれってうちの規模に適切なんすかね?、っていうお話かと思うじゃないですかー。そしたら違いましてね、「このWordPress で収益化できずにいて困っている」という内容だったんですよー。

いやいやいやいやいや!
それ別にWordPress が原因で困っているわけじゃないですよね?
上の事例もWordPress 関係ないものたくさんありますけどね。
もっと別の問題ですよね? あなたの商いの問題ですよね?
すごく重い相談内容ですよってなぜ事前に伝えてくれないの!?
手ぶらでいってその場で素晴らしいアイデアが出るとでも!?

面食らいつつも収益に繋がりそうなアイデアを思いつく限り現場でお伝えし、「これらをご検討していただき、その気になったらまた声かけてください」と解散したのです。打ち合わせの喫茶店代が割り勘だったのはまぁいいとしましても(全然よくない、しかもちょっとお高い系だった)、最初の質問と実際の問いかけの内容が違いすぎて、ノコノコでかけた自分の見込みの甘さを呪った。もちろんそれから声はかかってきておりません。

久しぶりにこういうのやっちゃったなーって反省していたところ、別の方から「○○さんからご紹介いただいたんですけど」とご新規のメールが届きました。○○さんに尋ねると「あーーーーーー私の知人の知人なの、連絡きたんだ! よかったよかった」とのこと。ドキドキするよぅ!
先方と「zoomでまずはお話できませんでしょうか」という流れになり、はいはいと返信しそうになったのですが、いやいやいやいや、ちょっとまって、ちょっとまってヌマエ、このまま会議に入っても、前回と同じことになるかもしれないじゃないですか。ちゃんと会議の台本を作ってあげるのも私の仕事よ、ていうかそれがないとふわっとした掴みどころのない内容になるだけですよ、お互い不幸ですよ、などと悩んでいたところ、このツイートが天啓のようにして流れてきました。

そそそそそれだ!!!! 「えへへ、儲け話でっか。まずは話を聞かせてもらいまっせ」みたいな下品な心根が底にあるから、喫茶店代を割り勘しにわざわざ雨の日に出かける羽目になるのだ! 事前情報をお訊ねするのはちっとも恥ずかしいことじゃないし、手ぶらで初回の会議の場に臨むことこそ時間の無駄ではないですか。最初の会議を成功させることも私の重要な役目ですよ、そこから既に仕事が始まっていると思うべし!

というわけで初回の質問五箇条セットを作成しました。今回は「ウェブサイトリニューアル編」です。

・対象のウエブサイトの目的と主な閲覧者
・現在困っていること
・リニューアルの目的
・こちらに依頼したいこと
・予算とスケジュール

「予算とスケジュールはざっくりした内容で大丈夫です。未定のものは未定とお知らせください」と言葉を添えて。

今回の方は、これらの質問に明解に答えていただけたのでムースに初回の会議に入れそうです。これ、よかった。先方様の熱意もわかるし、どのくらい言語化されているかで問題もなんとなく見えてくるし。もっと早くこのルーティンを構築するべきでした。でも大丈夫、いま構築できたもの! 人生で一番若い今日という日に、構築できたんだもの!

そういう気づきを与えてくれてありがとう、割り勘会議さん! あなたのことは「姓は割り勘、名は会議」って一生覚えておくけど、どうぞご了承ください。

 

五箇条の御誓文の真実

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください