モデルナワクチン1回目副反応の話/コロナショックに寄せて その33/愛と幻想のアルコホリズム

先日、万全の態勢でモデルナワクチン第一回目接種をした話をいたしました。
その前夜は禁酒、接種日当日も禁酒、二日目に「てへてへ、接種当日は深酒禁止と書いてあったから、二日目に一合くらい飲む分には問題なかろう」とバロークスの缶のワインを飲んだんざます。これ、一合じゃないですね、250mlなので1.5合ですね。

これを飲んだあと、注射を打った左腕の指先がじわっとしびれだし、あーこれやばいやばいやばいこういうの人生であまり経験のない事案やばいやばいやばいやばいとりあえずポカリスエットで中和だ中和だ中和だ、とあわててポカリに切り替えガブガブと飲み、15分ほどで指先のしびれがなんとか収まりました。

他に変調はなかったのですが、やはり落ち着くまでお酒は控えよう、これからはウィルキンソンのハードなジンジャエールでとりあえずいいんじゃないかしらと、今度はこちらの24本入を買ってまいりました。

食事の際にはいつも必ず、ボトルに入った泡っとしたものを摂取していたわたくし、鼻にバチバチ気泡があたるくらいの激しいウィルキンソンを飲むようになってから、「あれ、私が口にしたかったのは、もしかしてアルコールじゃなくて、バチバチした泡のことだったのか?」と気が付きました。マジか! 愛と幻想のシャンパンだったのか!

そこから毎日の飲酒が、2日に一回になり、3日に一回になり、この一週間はノンアルコール婦人に。もしかして、私は飲まなくても平気だったのではないか。この幻想にわたしは25年くらいつきあってきたのではないでしょうか?

25年のわたしとアルコールとの歴史・・・・。マンションの下のコンビニを冷蔵庫代わりにつかっていた時代、仕事終わりにじゃがりこと氷結果汁350mlグレープフルーツ味の黄金セットがあれば私は幸せだったのです。あるとき、アルコール度数をよく読み「ひぃっ」と声をあげて、それ以来飲まなくなった。飲みやすいけどアルコール度数がべらぼうに高い氷結果汁で軽いアル中になるよう仕込まれたんだとおもう。
「酒をコスパで考えたら人間終わり」といわれていますが、大きい瓶でちびちび飲むウィスキーや焼酎を試したりもした。今度は氷で割るため、体を冷やし脂肪が燃焼できずこれもやめた(ちょうど10kg減量したときのことだ)。そうこうしているうちに楽天やAmazonで10本ワイン詰め合わせ送料無料のものを平均5週間に一回買うようになり、それが間に合わないときはカクヤスの店頭のワンコイン棚から当たりのワインを探すのが趣味になる。そう、常に、家の中に未開封のワインが5本以上常備してある状態が常態に。ある時、新幹線に乗る際、大丸でバロークスの缶ワインを見つけ、「これ、飲みきりサイズで具合がいいわい」とたまに箱で買っていました。
つまり、あまり褒められたものではない、グルメというわけでもない、いいワインを積極的に飲もうともしていない、ちびちびしたみみっちぃ酒と泪と男と女とウカと仕事と自転車と、そんな25年だったのです。

そんな生活も、このコロナ禍で終止符が打たれるのかもしれません、もしかしたら。
ワクチン接種前後の二日間禁酒しただけで、毎日飲まなくてもいい体になったのです。
飲酒習慣は幻想だったということです、わたしにとっては。

年齢的にもそろそろ節酒しなくては思っていたのですが、うっかり実現してしまい驚いています。もう、コロナ、恐ろしい! 生活をガンガン変えてきて恐ろしい!! ワクチン打ってよかったー、ということかな?

 

最悪の予感 パンデミックとの戦い

4 COMMENTS

いち

うちの夫が同じこと言ってますよ。
シュワっとした甘くないものが欲しいだけだったと。
そんな夫はノンアルコールビール飲んでます。
お酒は本当に美味しい食事の時に
飲むだけで良いとか言い出して、
それ、私が作る食事に失礼じゃないかと
思っているけど口には出さぬ今日この頃です。

返信する
ukasuga

にゃんと!!同志が!そんなもんだったんですねー。
いやほんと、ただの洗脳か幻だったのかも。そういうものたくさんあるんだろうねー、きっと。

返信する
ukasuga

アルコール飲料業界がそろそろ気がつくんじゃないでしょうか? 「なんか最近売れ行きが・・」「はっ!まさかの副反応が」などと・・・ふふふ!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください