ソン・ガンホ全作品が代表作/映画「弁護人」

弁護人(字幕版)

1980年代に韓国で起きた大規模な学生冤罪事件「釜林事件」を描いた本作品。
貧しい家に育ちながらも独学で弁護士になり、商いの才覚もあり成金弁護士として大成するかと思われていた主人公(ソン・ガンホ)が、この事件の弁護に関わることになり。。

「光州事件のような実話がベースになってるんだよね、これ」と、映画を見終わったあと作品情報を調べ、この弁護士のモデルが故・盧武鉉大統領と知る。
盧武鉉大統領といえば、大統領辞任後に自殺したひとではないか。
こんな立派な志をもった人が、社会派弁護士として活躍したひとが、なぜ最後に自殺するようなことになったのか。

盧武鉉氏は若き弁護士時代に、いまの文在寅大統領とともに合同事務所を持っている。

韓国の歴任の大統領の名前を眺めていくと、2本の糸が絡み合っているような、その糸同士が交代で政権を担ってるようにも見える。日本の「たまたまそこに居合わせた与党の総裁が国を代表する首相になっちゃう」のも変なシステムだし、アメリカの大統領戦もなかなか不可解。韓国の大統領選は国政選挙だが、任期を終えた大統領の余生はなかなか過酷なものに見える。

ソンガンホの素晴らしい演技や、また韓国映画の常で若いアイドルのひとりが大変な目に遭うやくどころで投入される点や、緊張感あるカメラワークに見ているこちらも大変心拍数があがったが、しかし、これが実話で、この主人公の実際の人生を考えると、なんともやりきれない思いもした。Amazon prime videoで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください