冬天に小林親弘さんの声/映画「1917」

1917 命をかけた伝令 (字幕版)

あらすじは映画.comより。
「007 スペクター」「レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで」などで知られる名匠サム・メンデスが、第1次世界大戦を舞台に描く戦争ドラマ。
若きイギリス兵のスコフィールドとブレイクの2人が、兄を含めた最前線にいる仲間1600人の命を救うべく、重要な命令を一刻も早く伝達するため、さまざまな危険が待ち受ける敵陣に身を投じて駆け抜けていく姿を、全編ワンカット撮影で描いた。

このところ寝る前の一・二時間をクリスマス柄の刺繍作りにあてていて、その時間は吹替版の海外映画を作業のお供にしている。昨日は延長試合の結果、寒空の下、胴上げされた高津監督の姿を見終わってから刺繍を開始。お供に2020年1月公開の「1917 命をかけた伝令」を吹替版でみることにした。

主人公のスコフィールドの声を、ゴールデンカムイの杉元の小林親弘さんが担当していて、すごくよかった。この人の若者らしい声や抑揚、新鮮な声色、すべてが作品にあっていた。若いけれど、第一次世界大戦最大の会戦といわれるソンムの激戦を経験している兵士としての慎重な息遣いが感じらた。やるなー、ほんとうにやるな!!
ゴールデンカムイは1904年開戦の日露戦争帰りの男たちを描いた漫画作品だけど、伝令に走る主人公が杉元佐一の姿にも見えてくる、ほろり。ワンカットに見せる映像も素晴らしかった。

主人公のジョージ・マッケイは「はじまりへの旅」でビゴ・モーテンセンの息子役を演じてた俳優。ベネディクトカンバーバッチ先生もコリン・ファース先生も出演して、もてるイギリスの資産をすべてぶち込んでるような作品です。見放題終了間近、見逃されてる方はぜひお早めに!

ゴールデンカムイ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください