最近ちょっとおかしいなーと思うこと


麻生たん、本当にビッグコミック系が好きなんだね。
最近ちょっとおかしいなーと思うこと、たくさんあるんだけど。
■ まず、裁判員制度
【経済コラムマガジン/裁判員制度に一言 】
裁判員制・陪審制のどこが優れているのか色々な屁理屈が繰出されるが全く説得力がない。裁判官に市民感覚や常識に欠けるというばかげた理由を挙げている者がいる。本当に日本の裁判官の資質が問題なら、裁判官の採用方法や教育制度を改善すれば良いのである。
そもそも裁判官を始め法曹関係者の市民感覚だけを問題にするのが奇妙である。むしろ筆者は「市民」と言われている人々の方が怪しいと考える。だいたいマスコミに操作されやすい「市民」が人を裁くなんて最悪である。またこれだけ評判が悪い裁判員に進んでなろうという人はほとんどいない。むしろ裁判員になろうという者が、片寄った思想の持ち主や巨大宗教団体の関係者が多くなる可能性があり、かえって危険である。

裁判員制度なんてやったら司法の現場は混乱するだろうし、私達が行ったところで、弁護士さんに「この被告は大変不幸な生い立ちで」なんて延々とやられた最後に、罪の許しを請う被告の母親からの手紙なんか読まされ茶田tら、うっかり「やっぱ無罪☆」なんていっちゃいそうで、なんのためにこんなことやろうとするのかさっぱりわからない。確かに司法の現場の人たちは世間ずれしてるかもしれないけれど、それでも、その罪がどれくらいのものか、どのような罰を与えるべきかくらいのセンスは持っているはずじゃろう、第一プロなんだし。こんな市民裁判員に裁かれる被告も気の毒じゃが、加害者ももっと気の毒じゃ。なんというのだろう、日曜大工が作ったセンスの悪いテーブルで一生暮らす羽目になる、おしゃれデザイナーさんの気持ちみたいなもんじゃなかろうか。
誰かがトクをしない限り、こんな制度は導入されないはずだが、その「誰か」もちょっとわかんない。納得できる「誰か」が見えてこない。とか思っていた矢先、リンク先のこの記事で「セガの特許訴訟」について言及されており、そのオチでははーんと。
■ 飲み物を持ったままお店の中をうろつく人
ぐっと卑近な例になりますが、先日六本木ヒルズを歩いていたときのこと。スターバックスのカラメルベチョベチョーノ(説明しよう! カラメルベチョベチョーノとは、うっかりこぼしたりすると、その糖分がべっちょりと広がり、大変な災厄を招く、甘くておいしい飲み物のこと)などを持ったまま、洋服屋さんにずかずか入ってきたお嬢さんたちの集団がいて、目をぱちくり。
「えぇー、お嬢さんたちー、それこぼしたらどうなるの? あんたたち責任持って買い取るの? だいたい格好いいとでも思ってるの?」などと冷や冷や思っていたところ、店員さんが遠慮がちに「あのぅ、そちらのお飲み物、お預かりしましょうか?」と声をかけたら、彼女達「あぁはい」と渡す。いや、お嬢さんたち、店員さんの気持ち全然わかってないでしょう。そんできゃぁきゃぁいろいろさわりまくったのち(あぁ、その手の先にベチョベチョーノ成分があったらどうなることでしょう!)、「すみませーん、私の飲み物」と声をかけ、さっさと出ていった。
 ポカーン。店員さんもポカーン。
たまに「その飲み物お預かりしましょうか」とか、本屋で「傘袋に入れましょうか?」って店員さんに言われたとき、「あ、私、大丈夫なんで」と答える人をみかけますが・・・・「おまえが大丈夫でも店が全然大丈夫じゃないんだよっ! ふんがーっ」と後ろから羽交い絞めにしたくなります。
みんな一度物販の仕事を経験してみるがいい。高校とかでも、そういうカリキュラムを組んでもいいんじゃないかしら。そうすれば、もっとお店に対して思いやりが持てるようになるのではないかと思う。「立って食べる子●●の子」と子どもの頃に教わったもんですが、ま、それとはちょっと違うか。
なんかもー、思いやりというか配慮(と常識)に欠けた行動に振り回されることが多くてやんなるよー。
今日の日経ビジネスオンラインから。
人々に景気回復の期待を持たせるよう働きかけもした。景気が良くなるとみんなが思えばサイフの紐が緩んで本当に景気が良くなるのである。
毎日1冊!日刊新書レビュー /世界恐慌からいち早く立ち直ったのはナチスだった!~『ヒトラーの経済政策』武田 知弘著(評者:栗原 裕一郎)祥伝社新書、780円(税別)

遙 洋子の「男の勘違い、女のすれ違い」 /アラフォーの光と影 子供を持てるのは、どんな女性か
 現在のこの国では、キャリアアップしながら、子供を産むための“状況が整う”ことなどほとんど、ない。
 無謀とも思える決行の向こうにしか、キャリアと出産は存在し得ないのだ。
 ぜひ産みましょう、とは思わない。
 産んでよし。産まなくてよし、だと私は思っている。
 ただ、「またいつか」は来ないことだけを、後輩女性たちに伝えたい。

今日のところはこの辺で。

ノートパソコンは初志貫徹でDynabook のバッテリー込み重量865gのを買うことにしたよ! 昨日、東芝ユーザーと話してて「SSDもう大丈夫っすよ」と太鼓判を押してもらったので。「なんか新しいアプリ作ってみない?」って話をしてたら、お互いが今興味のある行為がもっと簡便になることくらいしか思いつかなくて、しかもその分野が全然違ってて笑った。どうなることやら!
あと「会社のホームページちゃんとつくれ」と怒られた。そうね、今はそういう時代よね。

3 COMMENTS

カヲル

人の人生を左右する決断を
にわかな一般市民にまかせていいのか?
私が思うに、この制度は途中で何回も
変更されていくと思うよ。
この裁判によって精神的なダメージを受ける人も出てくるだろうし
そういった人をどうするかといった問題も起こるだろうからね。

返信する
ナガ

●お店
ありがとう、ありがとう。
でも、相手の立場になって考えられるような
想像力がある人は、昨今では絶滅種ともいえるね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください